スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football10大ニュース 【2010年版】

*2010-12-22更新 (アーカイブ記事)



今年も残すところあと数回の更新となりました。


そこで今日は毎年年末の恒例企画、『Football10大ニュース 2010年版』をやっちゃいます。




ちなみに昨年のベスト5はこんな感じ。↓



1位 バルサ6冠

2位 新銀河系誕生

3位 2010W杯組み分け決定

4位 マルディーニ引退

5位 2014W杯ブラジル開催決定


『2009年 サッカートピックBEST5』





な~んか随分昔の事のように感じられるものもありますねー(笑)


こういうのを振り返ってみると、改めて1年という時の流れの早さを感じるものです。



では2010年版をどうぞ!




 ↓   ↓    ↓




第10位 『セスク アーセナル残留』



今季の夏のオフ、最も注目を集めた移籍(?)劇。


「あのバルサの中盤にセスクが加わったら・・・」とバルセロニスタのみならず

世界の何人のサッカーファンが妄想した事か。


終わってみれば憶測が先走り、騒ぎが大きくなりすぎた感も否めないが

アーセナル残留という結果にガナーズファンは「ほっ」と胸を撫で下ろす。






第9位 『2018、2022年のW杯開催地が決定』

2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0300021110932471213.jpg


後に振り返った時に、W杯というイベントがいよいよ「一大商業イベント」として舵を切った

転換期にあたるかもしれない今回の開催地決定。


現地観戦を視野に入れるファンとしては非常に厳しい時代になりました…。










第8位 『ザックJAPAN 誕生』

2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0170025610723478212.jpg



ペケルマン? ビエルサ? ファンバステン?



紆余曲折を経て決定した新指揮官は

誰もが予想だにしていなかったザッケローニ。



JFAが初めて世界の監督市場から自力で連れてきたという事実は評価したいところ。


アルゼンチンを撃破したデビュー戦の内容は衝撃的ですらあり、

久しぶりに日本サッカー界に射した一筋の明るい兆し。


この感じでアジアCUP優勝も頼んますー!






第7位 『U-19日本代表 2大会続けてアジア予選敗退』




【日本サッカー 失われた4年 ~日韓戦~】



このニュースの扱いが今年、日本サッカー界でかなり小さい事に不満と不安を覚えずにはいられません。


日本サッカー界では今年最大の事件と言っても過言ではないぐらい

これは重要なニュースのはずなんですが・・・。


2大会連続の敗退は、すわなち「この世代」からゴッソリと世界経験を奪った事になり、

必ずや彼らの世代を中心としたチームで望むW杯が5年後、10年後に訪れる。


ユース年代の建て直しは急務であり、

3大会連続予選敗退なんて事になればそれこぞ責任問題に発展しかねない種火である。










第6位 『モウリーニョ Rマドリー監督に就任』



選手の大型移籍がなかった今季、

最大の話題を集めたのがこのモウリーニョのRマドリー就任であろう。


わずか数ケ月であのRマドリーをすっかり「モウリーニョのチーム」に変えた手腕はさすがと言うしかない。


今年のリーガエスパニョーラを盛り上げる最重要人物。











第5位 『クラシコ 5-0の衝撃』


2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0385024110890845564.jpg


試合前、過去に例を見ないほど、とにかく注目を集めた今回のクラシコ。


「世界最高レベルの接戦」が見られるという事前の予想を裏切り、

誰もが予想だにしなかった5-0という結末は

サッカーの怖さと奥深さを我々に改めて教えてくれました。


サンチャゴベルナベウで行われる第2幕でのモウリーニョのリベンジにも注目したい。












第4位 『香川がドルトムントで大ブレイク!』

2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0300016810932524892.jpg


これはもはや日本サッカー史上に残る快挙かもしれない。



今年のブンデスリーガ開幕前、

誰が1人の日本人選手の活躍でドルトムントが首位を独走するなんて予想出来ただろうか。


ブンデスリーガ前半戦MVP受賞も納得の圧巻のパフォーマンスであった。


そして毎週のように流れてくる「香川ゴール!」のニュースに

もはや我々も驚かなくなっている事が一番の驚きですらある。









第3位 『モウリーニョのインテルがCLを制覇』

2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0452034310932531671.jpg


昨年バルサが巻き起こした「攻撃型ポゼッションサッカー旋風」に

鮮やかなアンチテーゼを世界に示してみせたモウリーニョインテル。



とりわけ準決勝でそのバルサを完璧なまでに攻略して見せたサッカーは

その後の2010W杯にも多大な影響を及ぼし、

「このW杯はモウリーニョシンドロームに侵されている」とまで言わしめた。



現在のインテルを観ているだけに、

今改めてあのサッカーの鮮やかさが際立つのは何とも皮肉ではあるが・・・(^^;









第2位 『日本代表 2010W杯でベスト16入り!』
2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0500036510932540258.jpg


いやー、今でこそ言えますが、

このW杯での日本代表の躍進が無ければ、日本サッカー界は本当に終わってしまうのではないか?、

なんて まことしやかに業界内で囁かれていた程、この活躍は重要でした。



あの日本中が熱狂したフィーバーと

久しぶりに日本代表の試合で熱くなれたあの感覚は我々の身体に深く刻まれたはず。







第1位 『スペイン黄金時代の到来 ~EUROに続きW杯制覇~』

2010-12-22_13-04-55_entry-10744287947_o0500036110932551225.jpg


初戦のスイス戦でやらかしてくれた時には

どうなる事かと思いつつ、そんなところが病み付きにさせてくれると大いに笑わせてもらいましたが(笑)



EURO前から引き続き、延べ2年以上に渡って


「スペイン!スペイン! イニエスタ!イニエスタたん!」


と言い続けてきた店長もこれで安心して昇天できるというもの。




過去、W杯やEUROでこれほどまでに「内容と結果の両立」を果たしたチームもなかなか見当たらないほど

とにかくスペインが披露するフットボールは際立っていました。



という訳で、なんだかんだ言っても

今年は『スペインの年』だった2010年という事で結ばさせていただきます。



関連記事
スポンサーサイト

ファーガソンの家計節約術

*2010-12-16更新 (アーカイブ記事)


先刻、おもむろにプレミアリーグの順位表を眺めていたんですが、

いや~、改めて見ても近年稀に見る混戦ですね。



・・・・で、

この群雄割拠のリーグでしっかりと言うかちゃっかりと言うか、

それでも磐石の首位にいるのがマンチェスターU。



何だかんだで今季まだ無敗なんですよね。



<やりくり上手のファーガソン>


2010-12-16_16-20-01_entry-10738610172_o0340048010921164250.jpg


このマンチェスターUのここまでのMVPは何と言ってもファーガソン監督でしょう。





今季に限って言えばモウリーニョより際立つ辣腕ぶりです。



だって、ちょっと時計の針をまき戻して考えてみてくださいよ。



昨季のマンUはまぎれもなく「ルーニーのチーム」と呼ばれており、

今季開幕前の優勝予想でも満場一致で「ルーニー次第」って言われていたチームですよ?



ところがそのルーニーは開幕早々の怪我でこれまでシーズンの半分も出場していないし、

何より本人もW杯からのスランプをまだ引きずっていて、

昨季のあのルーニーは実質不在の状態でここまで戦ってきてるわけですから。




しかし、こういう時にこそ光るのがファーガソンの手腕。



冷蔵庫(ベンチ)に入っている手持ちの素材を使ってその日のオーダーを作らせたら、

そこらへんの主婦顔負けのやりくり上手ですから。彼は。


(心なしか、こういう顔のオバちゃん、スーパーで見かけますよね?ww)



何しろこれまでVニステルローイ⇒ベッカム⇒Cロナウド,テベスと

毎年のように主軸をブチ抜かれても決して成績を大きく落とす事なく結果を出してきています。



(同じリーグにはシャビアロンソ1人が抜けただけで家が傾き、

マスケラーノ離脱で倒壊寸前にまで追い込まれているチームもあるというのに・・・!!(爆))




そんなファーガソンからすれば、

イグアイン1人いなくなったぐらいで即「補強!補強!」とおねだりするような小娘は

まだまだ青二才といったところでしょうか?(笑)





<素材を使い切る>



例えば貴方が明日の夕食にチンジャオロースーを作ろうと思い、

今日のうちに材料をスーパーで買っておいたとしましょう。



ところが翌日になってみると、買っておいた牛肉が思いの外痛んでいて使い物にならない。



こんな時、並の監督なら仕方なく「肉なしチンジャオロースー」をその日のオーダーとして渋々出すところ

ファーガソンはピーマンやタマネギなどの材料を使って「チャーハン」として夕食に出す。


しかも「チンジャオロースー」よりおいしく仕上げて。



そういう機転が利く監督なのだ。




過去FWに怪我人が続出した02/03シーズン、遂にはベンチに誰もFWがいなくなってしまった。


そこでファーガソンはスコールズのゴール前に飛び込んでくる得点センスを見込んでFWに抜擢。


するとスコールズは自身キャリアハイのスコアを叩き出し、

プレミアの得点王レースにまで飛び出す活躍ぶり。



他にもバリバリのドリブラーだったギグスの確かな技術とドリブル中の視野の広さを見込んで

センターハーフにコンバートし、司令塔として見事開花させたかと思うと、

ルーニーの運動量をサイドでの守備に活かす為、SHに回してみたり。




ファーガソンのやりくり術の一つはこの「素材の良さを出し切る」という点だろう。




そしてファーガソンは買い物上手でもある。



今年の補強だって実質、若手1人だけ(エルナンデス)だし、

そもそもここ数年に範囲を広げたところで、

お手軽惣菜のバレンシアと夕方のタイムSALEで半額シールが貼られていたオーウェンぐらいのもの。



今でこそチームの主軸、いやプレミア屈指のMFに成長したフレッチャーだが

加入当初のパフォーマンスを考えれば、普通のビッグクラブなら1年目か2年目で放出されていてもおかしくない。



ナニは3年かけて「ロナウドの後継者」として時期エースにまで成長させ、

片やギグス、スコールズらのベテランはパートタイマーとして上手く使い回す事で

賞味期限をギリギリまで延ばしている。



やりくり術のもう一点はこの「素材は限界まで使い切る」という姿勢。




今季も若手のエルナンデス(チチャリート)をベルバトフと組ませる事で彼の成長を促し、

片やベルバトフには得点への責任感を植えつける事に成功している。






今の内に敢えて言っておこう。







今季、この戦力とチーム状態でもしマンチェスターUが優勝する事があれば、それは・・・快挙だと。





関連記事

モウリーニョの作戦ミス?

*2010-12-02更新 (アーカイブ記事)



さて、衝撃の5-0クラシコを受けて、

ネットの掲示板やブログでは敗因に【モウリーニョの作戦ミス】が多く挙げられている。



要約すれば


「インテルの時のように ドン引きカウンターすればよかったのに
マドリーに来て色気が出たのか打ち合ってしまったのが敗因」


という具合だ。




なるほど。これはブログのネタ的にも大変おいしい素材だ。w


となれば、早速今日はこれについて検証してみたい。



ネットというメディアの性格なのか、この手の仮説の提唱に対しては、

仮説に仮説をぶつけ合う論調をよく見かける。



個人的にはインターネットにおいても 

やはり仮説⇒検証という段階を踏んで議論を進めるのが有効に思えるのだがいかがだろうか。




<インテルとRマドリー>



ここで検証すべきは、まずインテルが「ドン引き」でRマドリーは「打って出た」のか否か―



より具体的に言えば、昨年のCL準決勝「インテル×バルセロナ」戦と先日のクラシコにおける

インテルとRマドリーのDFラインの高さの比較にある。




まずはモウリーニョが率いたインテルのDFラインを見てみましょう。




2010-12-02_14-32-40_entry-10724626330_o0469026410893889807.jpg


一見、白いユニフォームがRマドリーに見えなくもないですが、

これは昨年のインテル アウェイモデルです(笑)



局面はカンプノウでの試合で、ボールをポゼッションしているバルセロナが

中盤からアタッキングサードに入っていく瞬間。



インテルの綺麗な2ラインが確認出来ると思いますが、注目は最終ラインの人数です。



流れの中で完全に5バックになっていますね。



先日のクラシコのレビューで

「Dアウベスに引っ張られたディマリアがDFラインに吸収されて5バックに」という趣旨の原稿を書きましたが、

これを見ると そもそもモウリーニョが持っていた【対 バルサ用システム】の一環だったという線も捨て切れません。



というよりも、両翼がタッチラン一杯に開くバルセロナの特殊な布陣に対して、

最終ラインが4枚ではケアしきれないというのは、至極妥当な判断ではないでしょうか。


(画面奥のポツーンと立っている左翼から画面手前に見切れている右翼まで、およそ70M)




では続いて、先日のクラシコでの似た局面を改めて並べて表示し、比較検証していきましょう。




【インテル】
2010-12-02_14-32-40_entry-10724626330_o0469026410893889807.jpg


【Rマドリー】
2010-12-02_14-32-40_entry-10724626330_o0500028210893954986.jpg


画面サイズなどの問題で直接はピンと来ないかもしれませんが、

バルセロナのボールホルダーの位置をカンプノウの芝目のラインで確認していただければ

この2つの局面がほぼ同位置である事はお分かりいただけるはず。



まず、どちらも【5-4】の2ラインになっている配置が確認出来ますね。


やはりこの並びはモウリーニョが考えるデフォルト形の1つとして間違いないかと思われます。



そして、両ワイドに開いたバルセロナの布陣が全く同じ配置を描いているのに注目。


この2つの画からもバルサのブレない戦術が伺えるというもの。



その結果、逆サイドで1人ポツンと余っているウイングまで全く同じ。


5枚のDFラインでさえケアし切れないのだから、

もし4枚でいったとしたら・・・・。



やはりモウリーニョの選択は賢明であった。





尚、中盤のラインに違いがあるのは、

両チームが抱えるMFのキャラの違いから派生していると考えるべきでしょう。




【インテル】のMFライン左(画面手前)にいるのは、本来WGのエトー。


つまり彼の献身的なヘルプによってMFラインが維持出来ている訳ですね。


(もちろんモウリーニョの指示。エトー本人は最初不満があったそうですが、こう見ると理に適ってますね )




対する【Rマドリー】はと言うとMFライン右(画面奥)に1人ポツンと立っているのはCロナウド。


この画を見ても分かる通り、もはや中盤のラインには参加してないと言った方が、より正確でしょう(笑)



モウリーニョはロナウドに【エトーの献身】を求めるのは無理だという事が分かってるし、

そもそもその役割を課してしまえばロナウドが死に体となり、

結果としてチームが機能しなくなるのも事実。



そして、エトーがロナウドに無いものを持っているように、

ロナウドもエトーには無い武器を持っているのもまた確かなので

これは手持ちの駒に合わせたモウリーニョのアレンジと捉えるべきであり、戦術的に理に適っています。




<何故 DFラインを上げたのか>



さて、本題である両チームの「DFラインの高さ」ですが。



見てお分かりの通り、Rマドリーのラインはインテルのそれと比べて明らかに高い位置に引いてあります。



(カンプノウのマス目1つ分なのでおおよそ5M前後かな?)





DFラインの高さによるジュリオセーザルとカシージャス、両GKの位置取りも面白い。



カシージャスはラインを上げた事で出来た裏のスペースをケアする為に前目の位置取り。





やはりモウリーニョはDFラインを上げていたのだ。





結果として下段の【Rマドリー】では、DFラインの裏へビジャ(画面中央)の走り込みを許している。



この動きをケアする為にCBが1枚カバーに向かった為、

レアルの最終ラインはギャップが生まれ、綺麗なラインが崩されてしまった。





これはインテルが対戦した当時のバルセロナにはなかった攻撃の奥行きがもたらした副産物である。



より具体的に言えば、ビジャとイブラの違いという事になるだろう。







「高い移籍金を払って取ってきた割に全く機能していない」





今季開幕からビジャに対してはそんな論調が目立った。

(今でこそ誰も言わないだろうが・・・・。ww)





しかし、その実 ビジャの武器である"裏抜け"はバルセロナの攻撃に確実に新たな武器を加えていたのである。



ゴールという結果に現れないせいでプレッシャーもきつかったが、

このクラシコでは見事そのゴールという形に結実させている。



あとは時間をかけて更に連携を深めていくだけだろう。










さて、では何故モウリーニョはDFラインを上げたのか?




これには色々な原因が考えられるでしょう。




その一つに「モウリーニョの自信」があった事は間違いないはず。


今季、これまでのRマドリーの順調な戦いぶりは

あのミランですら全く寄せ付けない程に好調な歩みだったので、これは無理もない話。



「我々のやり方でいけば勝てる (少なくとも互角の攻防には持っていける)」



あの時、誰がマドリーのベンチに座っていても そう考えたのではないでしょうか。




もう一つはロナウドを活かす為という要素も考慮すべきでしょう。



前述した通り、ロナウドは中盤のラインには参加しません。(させません)


その上でDFラインだけ下げてしまうと

ボールを奪ったとしてもロナウドまでの距離が遠く、

格下相手ならば後ろの選手がそこまで自力で運べたとしても

バルサ相手には非常に困難な要求となってくると考えられます。



「ロナウドあってのカウンター」⇒「カウンターの為の守備」と考えると

その目的から言ってもDFラインは上げざるを得ません。





結果として今回は失策と捉える事も出来ますが、その多くが結果論的要素が多く、

今回のクラシコにおけるモウリーニョの判断に大きなミスはなかったと店長は見ます。




何よりも【5-0】の最大の原因はマドリー側ではなくバルサ側にあると思うからです。





インテル戦におけるバルサのメンバー表を眺めてみるとイブラとビジャの違い以上に




あの天才・・・・・






もとい、変態(あの上手さはもはや変態的と言うべき)イニエスタがいなかったのですから・・・!!




何より、



モウリーニョがどうとか言う以前に、そもそもあのバルサを前に立てる対策があるのか・・?


という根本的な疑問も・・・。(^^;





でもだからこそ、ベルナベウでの第2ラウンドが楽しみなのでありました。



関連記事
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。