走らざる者勝つべからず ~ドルトムント×Rマドリー~

274955hp2.jpg
<走らざる者勝つべからず ~ドルトムント×Rマドリー~

ロイスが止まらない~♪ 踊るレバンド止まらない~♪

動き出すよ♪ 前プレが♪ 走れ!走れ!走れ~♪


試合を見ながら思わずももクロの名曲『走れ!』が頭に流れてきたドルトムント×Rマドリーの一戦。

勝敗を分けたのは文字通り「走る」事の大切さでした。


そこで今日は今夜の2ndレグを前にこの試合を検証していきたいと思います。



<カウンターパンチャー同士の戦い>

sutamen0430.jpg

ドルトムントは今季も怪我人の無い順調なシーズンを送っており、この試合も不動のベストメンバーが顔を揃えた。


対するRマドリーはディマリアとアルベロアの右サイドコンビがコンディション不良と累積で使えない。

よってディマリアの代わりにエジルを右に回し、SBはSラモスを回す事で応急処置。


いつもは「静のロナウド、動のディマリア」で左の守備がウィークポイントのマドリーなのだが、
この試合は左右どちらのサイドにも守備で一抹の不安が残る布陣となってしまった。



さて、この両者の戦いだが、お互いに一撃必殺のカウンターパンチを備えており、カウンターの破壊力は欧州でも屈指。

従来であれば「引いた状態から相手を誘き出しておいてのロウングカウンター」=マドリーと
「積極的な前プレから高い位置で奪い返してのショートカウンター」=ドルトムントという構図が描かれるはずなのだが、
クロップは昨季のCLでの反省を活かし今季は前プレであまり深い追いをしないスタイルを導入。


となるとお互いがカウンターを狙い合い、無駄なパンチが出せない緊迫感に包まれた展開が想定される。
いわばボクシングで言うところのカウンターパンチャー同士がリング中央で睨み合っている構図だ。

よって試合前の展開予想では長い膠着状態が続くロースコアの試合を予想していたのだが・・・?



<ドルトムントの保険>

改めて両軍の駒を比べてみると選手個々の質では明らかにマドリーに軍配が上がる。

ドルトムントはテクニック面でマドリーほど洗練されていないので、どうしてもミスが多く出てしまうのだ。


しかしドルトムントは質では劣っても走る「量」でマドリーを凌駕する。

そしてこの運動量こそがマドリーのカウンターに対する絶対的な保険になるのだ。

では実際の試合からマドリーのカウンター発動とドルトムントの迅速な攻守の切り替えによるせめぎ合いを検証してみよう。


purs1.jpg

局面は中盤でドルトムントのパスをカットしたこぼれ球がモドリッチの前にこぼれる瞬間。

モドリッチがボールを拾う前のこの段階で既にドルトムントは3選手がボールに向かってプレッシングを開始。



pres2.jpg

モドリッチはダイレクトでケディラへ展開するが、ここにもすぐさま第二の矢としてロイスが側面から迫っている。

すかさずケディラは前のエジルへボールを預ける。


pures3.jpg

これだけボールを動かされてもドルトムントは一向に諦める気配が無い

すぐさま第三の矢がエジルを囲い込み・・・


pures4.jpg

めげないプレスで遂にボールを奪取。


ドルトムントはボールを取られた瞬間にすぐさま強烈なプレッシングを立て続けに行い、
ボールが一度後ろに下げられた場合のみ、深追いはせずに自陣へ引く守備を使い分けていた。

つまりマドリーが前へカウンターを仕掛ける素振りを見せれば一気にボールを囲い込み、
後ろに下げれば最大の脅威であるカウンターを諦めさせる事が出来るというクロップのプランだろう。


これによりドルトムントは必要以上にマドリーのカウンターに脅威を感じる必要が無くなり
両者の関係には明白な白黒がついてしまった。


片や中盤に守備をしないロナウドがいて国内リーグでは常に相手を見下ろすサッカーが基本のマドリーは
量で質をカバーする必要性がそもそも無いのでドルトムントの真似が出来ない。

いつものようにロナウドのサイドで「打ち合い上等」の展開に持っていこうにも
そもそも打ち合う為のカウンターが出所で潰されてしまう為、前残りのロナウドまでボールが渡らず、
打ち合うつもりが一方的に殴られるだけの展開になってしまう。

(ドルトムントだけが相手のカウンターに対する保険があるという絶対的優位は揺るがない)


そしてこの素早いプレスの餌食になってしまった感があるのが司令塔のアロンソだ。

アロンソ自身の調子も芳しくないようで、前半から信じられないようなパスミスを連発。

前半10分に生まれたドルトムントの先制点はアロンソのイージーなミスパスを自陣でギュンドアンに拾われたところから始まっている。


この展開は先の「バイエルン×ユベントス」におけるピルロそのものなのだが、
ユーベのピルロやマドリーのアロンソのようにパスの出所が極端に集中しているショットガンサッカー
クウォーターバック役に前を向かせてパスを出す時間を作らせる事が大前提です。

ところがバイエルンやドルトムントのように攻守が入れ替わった瞬間にフィールド全体で激しいプレスを行うサッカーはその時間を作る事を許さないので
個人の展開力に依存しているスタイルは今後淘汰されていく可能性が強いように思われます。


これからはパスの出所を複数持つか、出所を決めずにチームとしてビルドアップを行う形が主流になっていくのではないでしょうか。


<総力戦×個人戦>


先制されたマドリーは不調のアロンソに加え、
マイボール時に全くビルドアップに関与出来ないケディラの存在が更に試合を苦しいものにしていた。

選手個々の質は高いのだが守備でロナウドが、攻撃でケディラの貢献が全く見込めないマドリーは
総力戦のドルトムントに比べると常にどこか稼働していない駒を抱える個人戦に見える。

(カウンターになればロナウドは個で違いを作り出せるし、ケディラは守備でロナウドの穴を補えるタレントだが
結局は個の力から逆算したイビツなサッカーと言えよう)


自陣からのビルドアップが一向に機能しないマドリーは
これに業を煮やしたモドリッチがボランチのエリアまで降りてきて加勢。

【ボランチまで降りてくるモドリッチ】
modo.jpg

すかさず中盤のバランスを整える為、ベンチのモウリーニョから布陣を4-3-2-1へ変更せよとの指示が飛びます。

【布陣を4-3-2-1へ】
4321.jpg

これでボールの出所が2つになり多少ビルドアップもマシになったのですが、今度は新たな問題が。

実際の試合から検証してみましょう。


wantu1.jpg

局面はマドリーが左サイドでコエントランとロナウドによるワンツーの仕掛けで打開を図るシーン。

(ポルトガル代表でもコンビを組む左サイドのコンビネーションは健在)


wantu2.jpg

このワンツーは成功するもコエントランに次のパスコースがありません。

トップ下のモドリッチを中盤に下げてしまった為、
せっかくドルトムントの両CBの間に絶好のスペースが生まれているのに受け手がいない状態になってしまいました。

↑の図をもう一度よく見ていただくと、マドリーの問題点がここに全て凝縮されています。

まずバイタルエリアで間受けを狙う選手がおらず、イグアインも気を利かせて中へ入ってくればよかったのですが、
あいにくこの選手は裏を狙う本能しか持ち合わせておりません(笑)

その上、中盤の3センターがアロンソを底に左モドリッチ、右ケディラとなった為
自然と展開が左(モドリッチ側)へと集中し、右のエジルが全く意味を成していないのです。


マドリーは攻守に機能しないまま時間だけが過ぎていき「これは苦しくなったな~」と思って見ていたところ、
まだ運(ツキ)が残っていたようです。

前半終了間際にフンメルス師匠がとんでもないバックパスをやらかすと
これをかっさらったイグアインから最後はロナウドが無人のゴールへボールを流し込んで1-1のタイスコアで前半を折り返す事に。

あの内容でタイスコアの折り返しとかこれはもう完全に
「1ー1のまま最低の内容でもアウェイゴールを持ち帰り、ホームのベルナベウで自分達の試合に」というモウリーニョプラン発動フラグがビンビンに臭ってきます(笑)


<機能しないモウリーニョの配置替え>

ハーフタイム―

モウリーニョは右のエジルが機能していないと見て、エジルをトップ下に戻し、代わりにモドリッチを右に入れた4-2-3-1へと再び布陣変更。

【マドリーは4-2-3-1へ戻す】
4231.jpg

前半45分経過の段階で既に2度の布陣変更とはモウリーニョにしてはかなりめずらしいのだが、
ここにマドリーの劣勢と試合前のプランが上手くいっていない苦しさが表れている。


しかもこの二度目の変更もさしたる効果は得られなかったとなれば尚更だ。

この布陣が機能していない事は例えば↓こんなシーンから読み取れる。


【機能しないマドリーの布陣】
kaburi.jpg

局面はSラモスが右サイドから仕掛けているシーンだが、
この時モドリッチもエジルもSラモスから戻しのパスを受けようというポジショニングでお互いの絵が完全にかぶってしまっている。

恐らくエジルとモドリッチは横に並べるのではなく、縦関係に置いた方がベターなのだろうが、
守備を考えるとアロンソとモドリッチを並べておけない事情があるのだろう。


となれば「はよディマリアを・・・!」(全マドリディスタの心の声)と思うのだが、
1-1のタイスコアなら御の字と考えているモウリーニョに動く気配は無かった。


<レバンド祭り開催!>

一方、ドルトムントのクロップはどのようなハーフタイムを過ごしていただろうか―

マドリー相手にアウェイゴールを奪われてのタイスコアでこの試合を終えれば自分達の負けは濃厚。

クロップとすれば最低でも1点のリードを持ってこの試合を終える事は至上命題だったろう。

よって後半のプランは明快。「攻めろ、そして追加点を奪え」だ。


では、どうやって?

その答えも明快。何故ならマドリーには攻めるべき明確な穴が存在するからだ。


そう・・・もちろん「ロナウドの裏」である。


【ドルトムントの追加点を検証】
2ten1.jpg

では後半5分に生まれたドルトムントの追加点を検証していきたい。

局面はドルトムントがコエントランとロナウドの間に出来るエアポケット(ファーガソンも狙った穴)を突く教科書通りの攻め。


2ten2.jpg

しかしマドリーの方もロナウドの裏を突かれた際の守りはある程度慣れている部分もあるのでこの局面でも上手くカバーが利いている。

ブラシチコフスキは無理をせず一旦後ろへ下げてやり直しを図る。


2ten3.jpg

下げられたボールがギュンドアンに渡ると、またしてもここでロナウドの裏にエアポケットが。

という訳で再びボールは右サイドへと展開される


2ten4.jpg

ここからドルトムントは一度右サイドを深くえぐるも、またもやコエントラン、アロンソ、ペペらの巧みなカバーリングで蓋をされるとボールを下げてまたまたやり直し。



2ten5.jpg

で、このボールが同じようにギュンドアンまで下げられると驚くべき事にみたびロナウドの裏にスペースが出現

もう「どうせ空くだろう」と端から狙っていたピシチェクとブラシチコフスキがスタンばっているが
今度はゲッツェをケアするコエントランとロイスへのパスコースをケアするアロンソの手が塞がっており
3度目の正直で右からのクロスに成功するとこぼれ球をシュート⇒レバンドが抜け出して押し込みに成功。


さすがにこのレベルの試合で3度立て続けにスペースを空けたらやられるわwww

(ちょっとマドリーは今一度左サイドの守備を根本から見つめ直した方がいいww)


では続いて間髪入れずに生まれた3点目も検証してみたい。


3ten1.jpg
 
局面はドルトムントの最終ラインからのビルドアップだがマドリーは「ドルトムントのアロンソ」とも言うべき攻撃の起点ギュンドアンをそのアロンソがマークしてまず出所を潰している。

・・・が、ドルトムントとマドリーの違いはここから中盤を一つ飛ばしたタテパスを前線に入れられる事。

無論、フンメルス師匠の出番である。



3ten2.jpg

ボランチを経由せずに最終ラインからゲッツェへ質の高いクサビが打ち込まれると
受けたゲッツェはこれをダイレクトで右のブラシチコフスキへ。



3ten3.jpg

更にブラシチから中へ絞ってきたロイスへ。

地味ながらも手前でゲッツェがボールを出した後の抜ける動きでDFを1枚引っ張っているのが利いている。

先程の検証でロナウドとコエントランの2枚でサイド攻撃をしていたマドリーに比べると
ドルトムントは「3人目の動き」まで織り交ぜた重厚なサイドアタックになっている。

(特にロイスとゲッツェの入れ替わり立ち変わりのコンビネーションは巧みだ)


3ten4.jpg

ロイスはドリブルでボールを運んだ後、ブラシチコフスキへ。

右サイドでトライアングルを作る教科書通りのえぐりからクロスが上がるシーンだが、
ここで逆サイドからSBのシュメルツァーが流れたボールを拾うべく上がってきているのも見逃せない。



3ten5.jpg

クロスは一度クリアされるもこの流れたボールを上がってきたシュメルツァーがシュート性のクロスを上げると
レバンドフスキが神トラップ⇒足の裏でボールを引いてDFを外し⇒ゴール右隅へズドン!


レバンドフスキはこの後4点目のPKも決めて完全に「レバンド祭り」と化したのだが、
こいつこんないい選手だったっけ・・・?(爆)


正直、普段ブンデスリーガを見ていないせいもあり
これまで「香川にパス出さないヤツ」ぐらいの認識しかなかったのですがwww



モウリーニョ『来季は是非ウチで!オニギリの本気はもう待ってられん!』

ペップ『ロッベン+ゴメスのセットとトレードで!』

アブラモビッチ『え・・・?去年だったら王子1人であいつ3人買えてたの!?(涙目)』



<マドリーに欠けていたもの>

確かに結果だけ見れば「レバンド祭り」なのだが、
その裏にはドルトムントが走る「量」とチームの完成度という「質」で攻守に上回ったという背景がある。

(まあ、単純にイグアインとレバンドを入れ替えれば逆のスコアになっていたような気も若干するが?ww)



そもそもマドリー(スペイン)は少々ブンデス勢を甘く見ていたフシはないだろうか?

スペイン国内では準決勝を前に既に決勝クラシコへ話題が集中していたようだが
ドルトムントは単なる「挑戦者」で片付けていいレベルの相手では無かった。


むしろマドリーは普段、クラシコでバルサとやるような「挑戦者」として臨む構えこそが必要だったはずなのだが・・・。

(仮にマドリーがロナウドも守備をしてロイスやゲッツェをメッシ、イニエスタを止める覚悟で守備をしていたら少なくとも同じスコアにはなっていなかったはず)



ともかく今夜の2ndレグがモウリーニョが「ビッグイヤー請負人」としてマドリーへ成果を残せるかどうかの最後のチャンスとなる―









【関連動画】


関連記事
スポンサーサイト

【ドイツの時代到来?】バイエルンとドルトムントに見る理想の関係とは

43895582-656x240.jpg
<ドイツの時代到来か>


「ドイツの時代到来」を世界中に向けて発信したCL準決勝の1stラウンド。


そりゃー2日続けてあんな衝撃的なスコアを見せられたら、
リーガファンはお通夜状態だし、どうしたってそういう論調にはなるでしょうが、だがちょっと待てよ?と。


まだ2ndレグも終わってないのに何もかも気が早すぎやしないだろうか?


確かに確率論で言えば8割がた決勝はドイツ対決で決まりだが
準決勝1stレグの2試合は試合内容を忠実に反映したスコアとは言えるものの
決して両クラブ間の総合的な実力差が表れたものではない。


無論そういった細かい要素の積み重ねによる差が勝敗を分けるのが
CLのベスト4というレベルだと言ってしまえばそれまでなのだが
仮に試合が3日ズレて開催されていれば全く違った内容と結果になった事だろう。

(言わば、少し「大げさなスコアになった」)


要するに何が言いたいのかというとドイツは別に今年に入って急激に力をつけた訳でもないし
リーガやプレミアが急激に力を落としたという事でもないという話。

(そもそもリーガに至ってはCLベスト4に2クラブも送り込んでおきながら「リーガの時代が終わった」って、
そりゃセリエAファンに対して失礼だろうとwwww (爆))


ドイツが力をつけている事は間違いないとしても
それはここ10年におけるドイツサッカーの努力によるものであって決して突発的な事象ではないし、(バイエルンはそもそも昨年のファイナリスト)
リーガは第三勢力のマラガがそのドルトムントをあと一歩のところまで追い詰めた末のベスト8という立派な成績を残し、
プレミアだってユナイテッドにクジ運とシティに経験があと少しだけあれば結果は全く違ったものになっていたはず。

(今季の実力だけで見てもマンUはベスト4の顔ぶれにいても全く遜色は無い)


つまり、今すぐにでもベスト16からやり直せば今度は全く違ったベスト4が出揃うぐらい
競り合ったところで切磋琢磨しているのが現在の欧州クラブシーンと言えるのではないでしょうか。

(だから毎年結果論で「プレミア最強」だの「リーガは終わった」だの「セリエAはダサイ」だのと言ってるのは不毛だと思うんですよねww)


その上で、今回のバイエルンとドルトムントの躍進とその要因を考えていくと非常に興味深い例なんじゃないかというのが今日のお話。



<CLから見る欧州クラブシーンの現在(いま)>


今季のバイエルンが見せている常軌を逸した強さはどこから来ているのか?


それは無論、クロップのドルトムント登場と切っても切り離せない訳で
ロッベンを筆頭にどこか上から目線の傲慢なサッカーがトレードマークだったあのバイエルンが
今じゃどこのクラブよりも走り回って泥臭い守備をしているのも
「打倒ドルトムント」に向けた王者のプライドが発端ですよ。


ドルトムントの挑戦者たるサッカーに触れて、そして実際に覇権を奪われてバイエルンは思い出したんです。


『王者こそ最高の挑戦者たれ』

(「頂上にいるお前が いちばん勝ちに対してハングリーだ」高頭監督(海南大付属バスケ部))



自分が取られたボールを必死の形相で追い掛け回すロッベンを見れば彼らのここ2~3シーズンでの進化が確実に見て取れます。



一方、ドルトムントの側は昨季、欧州の舞台で散々な目にあった事で気が付いたと思うんです。

『あ・・・このレベルでは常に全力全開の挑戦者サッカーだけでは勝ち抜けない駆け引きの領域がある』と。



…で、グループリーグで敗退していく自分達を尻目にファイナリストまで登り詰めた宿敵バイエルンが
どうして毎年欧州でも安定した成績を残せるのか、彼らにあって自分達に無いものは何かを
実際のリーグでの対戦(国内CUPも合わせると必然的にこの顔合わせは多い)などから取り入れていったのでしょう。



その結果、今季の両者のサッカーには面白い現象が起きていますよね?



バイエルンはより挑戦者のサッカーに

ドルトムントはより王者の風格を備えたサッカーに



つまり、それぞれがそれぞれの方向にちょっとずつ寄せてきているんですよ。

(この次は多分、その中間にあるベストバランスのポイントにより近づけた方が覇権を獲るはず)


"お互いが影響し合って切磋琢磨する"


この構図が2強を中心に混戦模様のブンデスリーガを強くしていった末の今季だと思っています。




故に同じような構図が例えばプレミアの赤と水色のマンチェスターでこれから起こっていく可能性は充分にあるんじゃないかと。


まあ、水色の方はマン○ーニにそこまでのキャパがあるかどうかで一抹の不安もありますが(笑)、
ユナイテッドの方は既に今季の香川獲得にしてもシティのシルバという前例があった影響なのは間違い無いですし。


ただリーガの方はここ数年、正直クラシコでしかリーグとしての上積みが出来ていないジレンマ構造を抱えていますよね。

つまり戦力と財源を一局集中(実際は二局か(^^;)する事でオールスターの2クラブは突出した力を持つ反面、
競争相手としてはちょっと(だいぶ?)物足りないのかな・・・と。



かと思えばセリエAにのように独自路線で新たな対抗策を見出す国もあります。


今季にしたって「3バックの復権」など
いつも"新しい戦術はカルチョから"のDNAとプライドを受け継いでいますからね 彼らは。


バルサ対策も先にミランが示したレベルまで
毎年バルサと戦ってるその他大勢のリーガ各クラブは突き詰められない訳ですよ。

(毎年無抵抗のまま0-4、0-5を献上しているクラブの何と多い事か。ビエルサみたいなのは例外中の例外)



ただし資金は無いから、個の力の差ばっかりはどうしようもねえぞっていうところは苦しいですがね(^^;


それはカンプノウの0-4ミランだったり、
ユーベ対策にピルロをどう抑えるかをチマチマ考えていたら
『ピルロ? そんなロートル知らねえよ』ぐらいの勢いでタレント集団がとんでもねえハイスピードサッカーで駆逐していく…みたいな事はどうしても仕方ないんです!


それでも「戦術面」で今だに欧州全体へ向けて発信力があるのがイタリアの関わり方なんだなと。




・・・とまあ今回はですね、準決勝2ndを前に各国リーグの格付けとかはもう止めて
各国リーグというミクロな視点から欧州(CL)というマクロな視点に発展して見ていく事で
CLをより深く楽しむ見方もありますよ?という一つの提案でした。



各試合のマッチレビューはまた次回!

関連記事

パリはビッグイヤーの夢を見るか? ~PSG×バルセロナ~

1936572_w2.jpg
<パリはビッグイヤーの夢を見るか?>


いや~、ドイツ勢強いですね~(^^;

CLは既に準決勝の折り返しまで進んでいますが、
今季ダークホースとして注目されていたチームとしてPSGに触れない訳にはいきません。


イブラ、Tシウバにベッカムまで…。

多額の資金が投入されたPSGは今季どのような戦いを見せ、
そして来季以降 本格的にビッグイヤーを巡る争いに参戦してくるポテンシャルはあったのかどうか?


今日はPSGの今季を振り返りつつ、その集大成となったバルサ戦を検証していきたいと思います。



0428.jpg
<寄せ集め集団にカルチョを叩き込め!>

フランスリーグアンにおけるPSGの立ち位置とは
首都のクラブでありながら長年優勝争いとは無縁なシーズンを送ってきたこともあり
長らく他クラブのサポーターから嘲笑の的になるような、いわゆる"ネタクラブ"であった。

なにせフランスにはこんなジョークもあるぐらいだ。↓


【とあるレンタルビデオ屋にて】


客:「すいません、PSGが優勝したシーズンのビデオって何処にありますか?」


店員:「SFコーナーにございます」



そんなネタクラブが一夜にして変身を遂げたのが2010年の話。

カタールの資本が投下され、約1億ユーロの予算が補強費に注ぎ込まれた。


以降の2年間で加入した主な選手はパストーレ、メネズ、ガメイロ、シリグ、イブラヒモビッチ、
ラベッシ、モッタ、ヴェラッティ、Tシウバ…etc

そしてこの寄せ集め集団をまとめ上げ、ビッグイヤーを獲るチームへ育て上げるプロジェクトを託されたのが
イタリアの名将アンチェロッティ、その人でした。


では、アンチェロッティが実際にどよのうなアプローチでチーム作りを行っていったかを振り返ってみましょう。



【PSG 12/13シーズン(前期)】
psg1.jpg

↑が今季開幕当初の基本布陣になります。
(4-3-1-2)


この布陣を見てピンときた方は鋭いですが、
アンチェロッティはまず自身の成功体験を元に一つのテンプレートをチームに当てはめたのだった。


この布陣はそう、02~05シーズンまでアンチェロッティが率いた最強ミランの基本布陣である。


【アンチェロッティ時代の最強ミラン 基本布陣】
miran.jpg

ミラニスタが今見たら改めて泣けてくるメンバーだが(笑)、
とにかくこのメンバーでビッグイヤーとスクデットを獲得している。


ポジションと役割もそのままに、不動のDFラインをベースに
中盤の底(レジスタ)には文字通り「ピルロの後継者」として期待されているイタリアの若手ヴェラッティを置き、
その両脇に汗のかける労働者としてテュイーディ&シャントーメを配置。

トップ下のカカ役にはドリブルとパスで局面を打開出来るパストーレorメネズが抜擢され、
最前線はこのチームの絶対的なエース、イブラヒモビッチが君臨する。


厳しいカルチョの世界で戦ってきたアンチェロッティからすれば
ただでさえリーグアンの戦術レベルは低く、その上任されたチームは完全なる寄せ集めチーム。

まずは型にはめてチームの基本形を作ってしまおうというのは理にかなったアプローチだと思われる。


なによりイタリア人らしさが現れているのが中盤と前線の顔ぶれだ。


普通、大金を投じて補強した花形スター選手イブラ、メネズ、ラベッシ、パストーレ、ネネをいかに共存させるか?からチーム構成を考えていきそうなものだが、
このテンプレートだとピッチに立てるのは3人まで(イブラは固定なので実質2人)で
常時2名はベンチ行きとなる。

にも関わらず中盤でスタメンの座を確保しているのが元からチームに在籍していた
どちらかと言うと地味なタイプのマテュイーディとシャントーメという按配。


だが、これこそがアンチェロッティ流で
まずこのチームにカルチョ流のディフェンスを叩き込むのが第一のアプローチとなったのだった。


攻撃に関してはイブラを筆頭にリーグアンであれば個人技と即興で点は取れる。

つまり、あとはつまらない失点を減らすよう守備さえ整えていけばこのチームは勝てるという算段だろう。


それでなくとも完全にリーグアンを舐めているイブラは全く守備をしないし、
それは王様気取りのメネズ、ネネ、パストーレらも同じ事。


こういう選手に守備を教えていくのは非常に時間がかかる上、非効率的である。

(あのモウリーニョとロナウドの関係を見てもそれは明白だろう)


それならば、最初から守備の計算が立つ選手で後ろを固める方が遥かに効率的なのだ。


この布陣における基本的な守備メソッドは4バックと3センターで作る【4-3】の2ライン。

今やCLや3大リーグでは8~9枚で守備のブロックを作るのが常識である事を考えると
やや時代遅れな感じもするが、実際リーグアンであればこれである程度守れてしまったりする。


そして後ろと前線の王様トリオを繋ぐのはレジスタのヴェラッティによる展開力に一任されている。


ピルロに比べるとまだまだ中盤での余計なボールキープからボールを奪われる場面も目立つヴェラッティだが
確かにその展開力は非凡なものがある。将来が楽しみなタレントだ。

無論、この若きレジスタを両脇でガードするマテュイーディ&シャントーメの両名が
3人分走る運動量で守備のリスクはペイ出来ているのでこの辺も抜かりが無い。


アンチェロッティによるアプローチの成功で
リーグアンでは開幕から4-3ブロックの安定感と前線トリオの破壊力でスタートダッシュが切れたPSG。


このテンプレートがある程度軌道に乗ってきた年明け(シーズンの折り返し)の頃になると
アンチェロッティのアプローチは次の段階に入る。


そもそもリーグアンでは通用していた【4-3】の7枚ブロックだが、
これが欧州の舞台で通用しない代物である事は指揮官も充分に理解していた。

その上、冬の移籍市場を経てチームには新たなる攻撃の切り札としてブラジルからルーカスが加わる事になっている。


そこで新たに採用されたのが↓の布陣である。


【12/13 PSG基本布陣 (後期)】
psg2.jpg

布陣はフラットな4-4-2へ。

これでまず守備のブロックを【4-4】の8枚にする事が出来る上、
従来の4-3-1-2ではウイングが本職のルーカスに無かった居場所を確保出来る一挙両得の布陣である。

但し、その分中盤のガード役だったシャントーメがベンチに下がったので各自守備の負担は増している。

必然的に開幕当初は王様気取りだった前線の選手にも強い守備意識が求められる布陣でもある。


能力的にも頭一つ飛び抜けていて守備の貢献は0でも動かせないイブラは例外として、
ここにきてパストーレは随分とアンチェロッティ直伝のカルチョイズムを身に付けつつある。

元々、セリエAからの移籍組であるラベッシと合わせてこの2人は守備でもある程度計算が立つようになってきた故の布陣変更である事は間違い無い。

(代わって、実力の割にいつまで経っても王様気分が拭えなかったネネは放出、メネズはベンチ落ちとなっている)


更にチームは冬の移籍でベッカムまで加えて、リーグアンは首位を独走。


「3年計画でビッグイヤーレース参戦を目指す」と語っていたアンチェロッティだが
ひとまず現段階でどこまで出来るのか?


自チームの実力を測る絶好の相手としてバルセロナに挑む事になった―




1931112_w2.jpg
<バルサ×カルチョ 第2ラウンド>


見方によってはミラン戦に続き、バルサは対カルチョの第2ラウンドを迎えたという捉え方も出来るだろうか。

何故ならアッレグリがそうしたように、アンチェロッティが何の「バルサ対策」も無しにこの試合に臨むという事はまず考えられないからだ。


【PSG×FCバルセロナ (1stレグ)】
spsgbar.jpg


PSGはいきなりのベッカムスタメン大抜擢だったが、なるほどこのメンバーと布陣の狙いは上手くハマっていた。


つまりPSGは中盤でバルサのボール狩りに遭うのを避け、
奪ったボールはベッカムからのミドルパスを直接イブラに当てるプランだった。


地上戦でないとバルサのプレスは機能しないという盲点と
イブラの胸から上に出されたボールは彼だけが処理出来るアドバンテージ、
そしてそこへ目掛けてピンポイントのボールが送れるベッカムのキック精度を活かした起用はドンピシャだ。

これにイブラからの落としを豊富な運動量で拾えるラベッシと
ベッカム砲が封じられた時にカウンターで長い距離を独走出来るルーカスという組み合わせである。



一方、バルセロナはミラン戦に続き、4-3-3から3-4-3へ変化する可変式システムを使用。
(この試合に至っては開始からほとんど3-4-3気味にプレーしたので、表記もそれに合わせた)


ただ、裏を返せばこれは既にミラン戦でお披露目済のシステムであり、
アンチェロッティがミラン戦のスカウティングからこの試合のプランニングを練ってきた事は想像に難くない。


その答えとしての4-4-2はしかし、一つ疑問が浮かぶ。


ミランは中盤に5枚のラインを敷いた上、時には1トップまで守備に借り出して
常時9~10枚での守備ブロックで何とか凌いでいたのに(それでも2ndは4失点…)
PSGはたった8枚ブロックで大丈夫なのか…?と。


ここ数シーズン単位で振り返ってみてもなかなかバルサ相手に前線に2枚を残して
8枚で迎え撃つ勇気を持ったチームはいなかった。


実際、カルチョイズムの浸透度でもチームの完成度でもミランと比べれば大きく劣るPSGの8枚ブロックは
【バイタル完全封鎖】とはいかず、時折穴を覗かせるシーンが見て取れた。


特にバルサがサイドでボールを持った時
(この試合ではイニエスタ、アレクシス、メッシを起点に主に左サイドで作る場面が多かった)、
PSGは4枚でボールサイドにスライドすると必然的に逆サイドのDアウベスは完全に放置されたも同然だったのだ。


【PSGの4-4ブロックと逆サイドのオープンスペース】
442.jpg

否、むしろこれは意図的に放置されたと見るべきだろう。


確かにDアウベスはその驚異的な運動量で右サイドを1枚でカバーする事が出来る選手だ。

1対1の守備も強く、ドリブルでボールが運べて1人でクロスまで持ち込めるスーパーなSBである。


しかしバルサの戦術的矛盾点は、サイドからのクロスというアプローチが基本的に存在しない事にある。


つまりDアウベスはいくらフリーでボールを受けてもクロスという目的が消失している。

それでもミラン戦では右CBのピケが後ろからフォローに上がってくる事で
このエリアを2枚のコンビネーションで攻略していく(ピケに預けてのワンツーでDFライン裏までえぐってしまう等)選択肢があったのだがこの試合ではピケのフォローが望めない状態にあった。


何故か?


それはミランと違い、前線に残しているのがニアン(パッツィーニ)ではなく
あのイブラ王だからである。


仮にピケまで上げてしまった後で、もし右サイドでボールロストした場合
裏でイブラがフリーになってしまうリスクを抱える事になる。


【ピケが上がれない理由】
ou.jpg

CBのピケが上がるという事は常にそういったリスクとの天秤になる訳だが
ニアンならマスケラーノ1人に任せられてもイブラを置いてCBが上がるというのは
計算式としてちょっと成り立たない式になってくる。


となると結局Dアウベスはシャビやブスケス、メッシらがこちらサイドに流れてくるのを待っている事になり、
つまりそれはPSGのブロックも一緒に引き連れてくる訳で
パリから見た場合、アウベスは単体で放置してもブロックをスライドさせる時間的余裕が充分にあると踏んだに違いない。


結局、一見4-3-3と3-4-3の一挙両得システムに見えるこの可変式システムの泣き所は
右サイドに本職のウイング(テージョ他)を置けない事である。



パリはこれでサイドが空く場合の問題点は解消されたも同然。

問題はそれでも4枚だとサイドだけでなく中も閉めきれずに時折開いてしまう事だ。

ただ、この場合はバイタルにパスを通された後、神CBのTシウバの個人能力で何とかしてしまえるのがPSGの強みである。
(このシーンは後ほど詳しく)



<されどもメッシ>

このように試合は序盤からPSGが4-4のブロックでよく守っていたのだが、
それでも先制点はメッシの左足からもたらされている。


セットプレー崩れの流れからメッシが一瞬の隙を突いて裏に抜け出し
そこにDアウベスから技ありのパスが出てバルサが先制。

流れの中ではシステマチックに上手く守っていたPSGだが
CKのこぼれ球でゴール前がゴチャゴチャしているところをメッシに上手く突かれてしまった。


これはメッシの抜け目無さを褒めるべきなのだろうが・・・・とは言えである。


得点の場面意外でほとんど仕事をしていないメッシは
守備の場面でチームの足を引っ張っている点は見逃せない。

PSGが自陣深くで奪ったボールをベッカムを経由して好き放題に展開出来ていたのは
バルサの前プレとボール狩りの圧力がPSGレベルの相手を抑えるには不十分だったからである。


【バルサの前プレ失敗例】
maepure1.jpg

局面はTシウバのパスカットに対し、バルサがすぐに前プレで囲ってボール奪還を目指すシーン。

ボールを持ったTシウバにシャビ、ビジャが寄せてマクスウェルへのバックパスを誘っているが
その傍らでメッシは既に棒立ちである。


maepure2.jpg

ボールを受けたマクスウェルをDアウベスが追い込むのだが、
ここで絶対に切らなければいけないのがマクスウェルからベッカムへボールを逃がすパスコースである。

これは最初の段階でメッシが前プレに参加し、僅か数歩動けば消せたパスコースなのだ。


ところがこれをメッシが怠った事で・・・



maepure3.jpg

簡単にベッカムにボールが逃がされ、ここから高精度のミドルパスが前線へと供給されてしまう。

これではせっかくのビジャ、シャビ、Dアウベスの運動量が水の泡である。


個人的には今季、シーズンを追うごとに「とにかく得点さえ決めてくれればいいから…!!」というメッシへの
歪んだ依存戦術が非常に気になるのである。


この試合、パリがベッカムを使った展開で上手くハマっていたのもメッシの省エネプレーがその一因であろう。


それでも攻守で差し引きプラスに出るという計算の元、
メッシは全試合で外せない文字通りの王になっていく・・・。



<セスクは「メッシの代役」なのか?>

ところが前半も終わる間際になってそのメッシ王にアクシデント発生。
足首の負傷によりハーフタイムでの交代を余儀なくされる。


代わりに入ったのはセスクで、これで完全にバルスペイン代表でいけばいいはずなのだが
カタルーニャのユニフォームを着てプレーしている彼らに話はそう上手く運ばない。


実際の試合からセスク投入後のバルサのプレーを検証してみよう。


【セスク投入後のバルサ (後半)】
sesku1.jpg

局面はシャビからバイタルエリアで間受けを狙うセスクへタテパスが通されるシーン。

パリは4枚だとどうしても中央のコースも時折開いてしまうのはこういうところで確認出来る。



sesku2.jpg

ところが攻撃方向に背を向けてパスを受けたセスクはこのボールをダイレクトでシャビへ返してしまう。

仮にこれがメッシであれば、100%⇒方向のターンで前を向いてのメッシ無双発動となっていた事だろう。

この差がメッシ不在での迫力不足につながっているのだが、
セスクはセスクの持ち味があるので、まだこの段階ではそれも良しとして続けて見ていきたい。



sesku3.jpg

ボールが展開される内に一度セスクは中盤まで降りてきて再びイニエスタから横パスを受けようというところ。

この一度はたいて降りてきて⇒再びボールを受けるという動き自体はメッシにもよく見られるもの。



sesku4.jpg

で、パスを受けてからドリブル突破を狙うのだが・・・・




sesku5.jpg

メッシと同じプレーをしても、セスクだとアサッサリ引っかかってボールを奪われてしまう。


これがメッシ依存システムの泣き所で、
代わりに入ってきたセスクにメッシと同じ役割を期待しても当然上手くはいかないだろう。

デスボスケはスペイン代表でそうならない為のシステムを構築しているが
バルサの型でプレーしてるチームではセスクもメッシの代役を意識してしまうし
周囲もそれを期待しているフシがある。

(シルバがいないのも意外とバルスペイン代表のサッカーが出来ない理由だったりする)



↑は攻撃方向に背を向けた局面を見てみたが、
なら攻撃方向を向いた状態で間受けに成功したらさすがに崩せるのではないか?


ところがそういう場合は先程少し触れたTシウバ(神)の登場である。



【バイタルエリアで前を向けた場合】
shiuba1.jpg

局面はイニエスタから今度は半身から前を向ける状態でセスクにボールが渡るところ。

(ミランと比べると特に後半のPSGは結構ルーズになってきてるんだよね(笑))



shiuba2.jpg

前を向いて突破を図るセスクには、まずCBのアレックスが当りに向かうが
これを見たセスクはDFの鼻先でビジャにパス。



shiuba3.jpg

となればCBが1枚飛び出した状態で余ったCBがFWと1対1という普通のチームなら究極にヤバイ状況に。



だが・・・・慌てるな。



ウチにはまだ神がいる。


shiuba4.jpg

ここでTシウバは冷静にシュートコースを消しつつ、ビジャのドリブルコースを
アレックスとジャレが戻ってくる方向へ巧みに誘導。


普通、こういう状況で並のCBだと無謀に飛び込んでかわされたり、
逆にズルズルと後退するだけで無様にシュートを打たれたりといったシーンも目にするが
Tシウバの飛び込むでもなく、かと言ってシュートコースも開けない絶妙の位置取りとドリブルのコース誘導を見ていただきたい。


shiuba5.jpg

Tシウバの誘導によってあっと言う間に1対1が1対3になってしまったビジャは
ここから一旦サイドのアレクシスへボールを逃がす。



shiuba6.jpg

だがビジャをこちらのコースに誘導しながらも空いたアレクシスを視野で確認していたTシウバは事前にこの展開を想定済。

ビジャを誘導している途中からむしろ、アレクシスに出た後の準備へと身体の向きと重心が移っていたので
そのままの流れで1人、ここもボールの出先へ向かっている。

(しかも超絶スピード!)



shiuba7.jpg
ズサーーー!! ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡

完璧なスライディングで綺麗にボールだけ狩ったかと思うと、ここから攻撃に繋いでいきましたとさ。


それにしてもビジャとの完璧な1対1からSBの裏のスペースまで1人でカバーしちゃうとかどんだけ~↑


もう、DFラインはTシウバの1バックで守れるんじゃね?www



確かにPSGにはミランのような完成度と緻密さは無いが、後ろにTシウバ(神)がいる!


結局後半はメッシ不在で機能不全を起こしたバルサがPSGの個の能力にやられ始めると2点を失い2-2のドローで終了。
(バルサはPKで加点)


パリはイブラ、ベッカム、ルーカス、ラベッシ、マテュイーディがそれぞれの持ち味を発揮していたのに比べると
左に入ったパストーレがただの守備要員としてDアウベスと駆けっこをやらされていたのが痛かったかもしれないですね。

確かに守備はするようになったんだけど、これじゃただの便利要員だし
悪い意味で攻撃面での王様っぷりも消えてるんだよなー。

リーグアンだと攻撃時だけトップ下に入ってくるシティのシルバみたいな動きをするんだけど
バルサ相手のカウンター1本槍プランだとこの選手の輝きどころが無いわ・・・。



それでもこの試合を見る限り、PSGはまだまだ発展途上のチームで、
アンチェロッティがこのまま攻守にカルチョを叩き込んでいくとすると末恐ろしいチームが出来上がる可能性もあり、来季以降も目が離せません。



・・・そうか分かったぞ!


PSGの駒ミランの完成度を持つチームを作ればいいんや!

(アンチェロッティの仕事を待つのが早いのか、それともミランのオーナーがアッレグリにまともな補強費を渡すのを待つのが早いのか?wwww)



とか考えてたら既にその2つを併せ持つチームがドイツにいたわ・・・エ。←



関連記事

王道を進む者 ~バイエルン×ユベントス~

hyoushi0422.jpg
<王道を進む者 ~バイエルン×ユベントス~>

全カルチョファンを絶望の淵に叩き落としたこの試合。


個人的に今季CLにおけるダークホースとして注目していたユベントスが
昨季準優勝のバイエルンと好勝負を演じてくれると期待していただけに少なからぬ衝撃を受けたものだ。


セリエAでは昨年の無敗優勝に続き今季も磐石の独走レースを展開している盟主ユベントスは
文字通りイタリアサッカーの旗手としてこの大会に参戦している。


だが、イタリアでは他チームより3歩先を進んだサッカーを展開していたユベントスも
バイエルンは軽々と超えて更にその5歩先を行くようなサッカーを見せつけられた格好だ。


本日のマッチレビューではユーベの敗因とバイエルンの強さに迫りたい。



<Bセットのユベントス>


まずは1stレグのスタメンから。


sutamen.jpg


バイエルンは出場停止のハビマルに代えてグスタボを起用した以外は
アーセナルを粉砕した試合に続く不動のベストメンバーが揃った。


それでもベンチにはロッベン、シャチリ、ゴメスと控えている豪華メンバーで手札も磐石。



一方、ユベントスのオーダーでは気になるポイントが2つ。


一つは左のWBにまだCLでの経験がほとんどないペルーゾを持ってきた事。
もう一つが2トップの組み合わせが「Bセット」だった事だ。


今季、ユーベの2トップは「ヴチニッチ+ジョビンコ」の【Aセット】がファーストチョイスで
試合に応じて「マトリ+クアリラレッラ」の【Bセット】を織り交ぜたローテーションを敷いている感のあるコンテ。


今季の試合を見ていて感じるのは
引いてきてのポストプレーが巧みでボールが収まるヴチニッチが最前線にいないと
同格及び格上との試合ではつらいだろうという気がする。

むしろヴチニッチを絶対的な軸に、その相棒をローテーションする方が無難かと思っていたのだが
まさかバイエルン相手に【Bセット】をチョイスしてくるとは意外だった。


この選択が試合にどう影響したかは後ほど。



<不発のショットガン>

試合の流れを追っていく前に先に結論を言ってしまうと
ご覧になった方ならご存知の通り、180分を通してバイエルンの圧勝劇で終わっている。


トータル4-0というスコアは現在における両者の実力が正当に反映されたものだ。


1stレグの開始20秒で生まれたバイエルンの先制点は
アラバの何気なく放ったミドルシュートがユベントスの選手の足に当たって軌道が変わるという不運なものだったかもしれない。


しかし、この失点のシーンを改めて巻き戻してみるとピルロのイージーなミスパスが起点になっている事が分かる。


これはこの試合を語る上で非常に示唆的だ。


毎週ユベントスの試合を追っているユベンティーノの方が見ても
恐らくこの試合のピルロはユベントス加入以来、最低のパフォーマンスと言ってもいい出来ではなかったか。


ユベントスにおいては絶対的な攻撃の基準点として
そもそも「ピルロはボールを奪われない事」を前提にチームが組み立てられている。


それだけにピルロからの展開がミスパスの連続だったり
彼のところでボールが奪われてしまうとユベントスは試合が成り立たないのだ。



とはいえバイエルンは別に何か特別なピルロ対策を行った訳ではない。


アーセナル戦と同じようにあくまでいつも通りの「自分達のサッカー」を貫いただけだ。

(だからこそこの相手は厄介だとも言えるのだが・・・)



アーセナル同様、ユーベを苦しめたのもバイエルンの素早い攻守の切り替えと
そこから発生するショートカウンターだった。


実際の試合からその典型例とも言えるシーンを抽出してみよう。


【バイエルンの攻⇒守への切り替え】
kaunta1.jpg

局面はユベントスが中盤でバイエルからボールを奪いカウンターが発動した瞬間。

ユーベのカウンターで特徴的なのはワンテンポ遅れたタイミングでピルロが後ろから顔を出すこの動き。


セリエAでは通常、相手チームにカウンターが発動した際は一旦全員が自陣に戻って体勢を立て直す事が優先される。

つまり守備に戻るチームの優先順位がボール<<スペースになっていて、
ユーベは相手チームの帰陣のベクトルが全員自陣になっている隙に
中盤に空いたエアポケットのようなスペースに"スッ"と遅れてピルロが現れる事でボールを回収し、
ここから一気にショットガンパスが放たれるのが定番になっている。


↑のシーンでもビダルからワンテンポ遅れる形で中盤のエアポケットにピルロが顔を出そうとしているのが分かる。


ところがバイエルンの守備で特徴的なのは
「攻⇒守」に切り替わった瞬間、その優先順位がまずスペース<<<ボールに向けられていて
1秒でも速く、そして1Mでも高い位置での迅速なボール強奪が行われる。


1トップのマンジュキッチを筆頭に前線の戻りは常軌を逸した運動量と迅速さで
相手チームに息をつく暇を与えない。



kaunta2.jpg

このシーンでもピルロにボールが渡る頃にはバイエルンの前線からの戻りで
既にピルロの前に壁のような防波堤が築かれており、
ショットガンパスどころか危うくボールを奪われる寸前のところで苦し紛れのバックパス。


ところが通常、カウンターからの展開でピルロがここまで追い込まれる事はまずセリエAでは見られないシーンであり、
そのせいかピルロにしてはめずらしくパスを下げる前に後方のルックアップを怠っていた。



するとこのバックパスに・・・・


kaunta3.jpg
ズサーー! ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡


マンジュキッチが猟犬のようなスライディングを駆使して全力の守備www




kaunta4.jpg

ボールを奪うとパス1本でシュートまで持っていくショートカウンターが発動。


とにかくセリエAの試合とはテンポが段違いだ。


ピルロは前からは中盤の圧力を、後ろからはマンジュキッチのプレスバックの脅威に晒されて
常に360度からプレッシャーを感じていたに違いない。


これがピルロのパス成功率がかつてないほど低下した第一の要因と見る。



だが、これは別にピルロ相手だからバイエルンがそうした訳ではなく
チームの基本的な守備の一環に過ぎず、仮にピルロの位置に誰か別の選手が起用されていたとしても
バイエルンは同じように守備を行っていた事だろう。



思えばセリエAではここ1~2年、ユベントス相手に
【いかにピルロを抑えるか?】が命題となってきた訳だが
ピルロ単体を抑えようと策を練れば練る程ユベントスの術中にハマっていた感もある。


仮にピルロ番としてマンマークを付けたとしても
むしろ常に張り付いているマーカーなどピルロからすれば逆に利用してやるしたたかさを見せていたものだ。


バイエルンのいつどこから襲ってくるか分からない"見えないプレッシャー"に比べれば
マンマークなど"常に見えている"分、随分やりやすかったに違いない。



加えてピルロを孤立させた要因がもう一つ。


それが【ロッベンの投入】【システムの噛み合わせの悪さ】だ。


前半10分過ぎ、バイエルンのクロースが突然の負傷退場というアクシデントに見舞われるのだが
結果的にこのアクシデントすらバイエルンには吉と出るのだから戦力充はズルい(笑)


クロースの代わりにロッベンが投入され、ミュラーがトップ下に入ると
バイエルンは明らかに攻撃のギアが一段上がる。


それもそうだろう。

通常であれば、ロッベンは後半の勝負どころに攻撃ギアをトップに入れる為の切り札としてベンチに置いているのだから。



これでバイエルンは左からはリベリー&アラバが、右からはロッベン&ラームの凶悪コンビが責め立て、
更にトップ下に移ったミュラーもフラフラとサイドに流れてくる動きが巧みだ。


防戦一方になったユーベは3バックなので両サイドにプレイヤーが1枚しかおらず
必然的にこれをケアする為にビダルとマルキージオのCHがそれぞれのサイドに駆り出されていく。



【バイエルンのサイド攻撃とユベントスの守り】
ryousaido.jpg

ユーベはこれで何とか両サイドの数的不利を解消の方向に持っていくのだが、
となるとピルロからのパスコースが中盤に無く、2トップとピルロが切り離されたような位置関係になってしまう。

(トップにヴチニッチがいないので中盤に降りてくる動きも無いのが更に痛い)


ユベントスは門番ブッフォンも動員して最後の防波堤で何とかバイエルンの攻撃を凌ぐも
押し込まれているせいで水色のエリアで跳ね返したセカンドボールを楽々とバイエルンの2ボランチに拾われていた。



【孤立するピルロ】gun1.jpg

局面は自陣深くで何とか跳ね返したボールがピルロに渡ったところ。

ここからショットガンを飛ばそうにもピルロより前にパスコースが無く、
弾になるべきビダルとマルキージオの位置も低いところまで押し込まれているので
ここから上がっていかなければならない。



gun2.jpg

となれば当然バイエルンの素早い囲い込みにあって
ショットガンを飛ばす前に弾詰まりを起こしてしまう。



これがショットガン不発の要因その2と見る。



一つの対応策としてユベントスは布陣を4-1-4-1にする手もあったかもしれない。


どうせ2トップはいないも同然に機能していないのならば、
1枚削って中盤に回し、両サイドに縦に2枚ずつ配置するのである。


【4-1-4-1で対応した場合】
4141.jpg

こうすると両サイドと中盤で一応のバランスは取れる。


とはいえ、いずれにせよバイエルンの圧倒的なハイペースに押し込まれる展開になっていた事に変わりは無いだろうが・・・。



<悪魔のトライアングル>


実際の試合ではそれでも3-5-2のまま、マルキージオ&ビダルを両サイドに駆り出す事で人数を合わせ
何とか耐えていたユベントス。


するとこれを見たバイエルンが攻撃の矛先を変えてくる。



狙われたのはやはり大舞台での経験が浅いペルーゾだった。

ロッベンとラームのコンビにユベントスのペルーゾが手を焼いているのを見たリベリーは一計を考じる。

それは自身も右サイドの攻防に加わり、ユベントスの左サイドを一気に突いてやろうというものだった。


実際の試合から検証してみよう。



hidari1.jpg

局面はバイエルンの右サイドの攻撃から。

今、ボールを持ったロッベンの背後をラームが駆け抜ける定番の形。



hidari2.jpg

ユベントスは自陣左サイドの攻防でどうしても後手に回る事が多く、
このシーンでも自陣深くまで押し込まれている。

ロッベンが運んだボールをラームが受け取るとここからマイナスのパスを後ろに返すバイエルン。



hidari3.jpg

この返しを受けたのが左から右へ意図的に流れてきていたリベリーだった。


ユーベからすると

ロッベンの突破(第一の矢)⇒ラームのオーバーラップ(第二の矢)⇒リベリーのフォロー(第三の矢

という三段構成で攻められている事になり、とてもではないがリベリーまで手が回らない。



ペルーゾ『セリエAにこんな凶悪なサイド攻撃は存在しない・・・!!(涙目)』




リベリーはこれに味をしめると次第に常時右サイドに流れるようになり・・・



hidari4.jpg
悪魔のトライアングル完成www


はっきり言ってこれはエグイ。


ロッベン、ラーム、リベリーは組み合わせ的にもちょっと凶悪過ぎるだろう・・・と。(^^;



<バイエルンの守備原理>


バイエルンの攻撃メカニズムは以上の通り。

では続いて守備のメカニズムを詳しく検証してみよう。


バイエルンの迅速なボール回収術はよくバルサやドルトムントのそれと並べられて
現代サッカーの最先端として扱われる事があるが、よくよく観るとバルサやドルトムントのそれとは
根本的に考え方が違う事が分かる。


ボールを失われた際、スペースではなくまずボールの回収に向かうところまでは同じだが、
相手チームにプレスをかわされたり一度ボールを後ろへ下げられた時の対応に違いがハッキリと表れる。


バルサやドルトムントの場合、ボールを逃がされた時は更にラインを押し上げてプレスをかけていくのだが
バイエルンはこういう時に深追いはしない。

迅速なボール回収が無理だった場合は一旦自陣に帰ってスペースを埋め、体勢を立て直す守備に切り替えるのである。



【DFラインで回されている時は一旦帰陣するバイエルン】

mati.jpg

こういう時は深追いをしない安全策を取るのがバイエルンの特徴。




pures1.jpg

DFラインから中盤にボールが出た時にタテを切ってプレスをかけバックパスを誘い・・・・





pures2.jpg

パスのベクトルが後ろになった瞬間に一気に押し上げてプレスをかけていくのである。



この"行く時""引く時"のスイッチを握っているのは基本的に1トップのマンジュキッチである。


彼がGOサインを出して猟犬モードに入った時は、
後ろが一斉に連動してボール狩りモードに入りチームとして押し上げていくのである。


マンジュキッチは常に首を振って後ろの守備隊形を確認し、行けると確信した瞬間にGOをかけている。

(選手によっては後ろの事などおかまいないしに猫まっしぐら!でボールへ向かってしまうFWも多いですよね?
ほら・・・イグア○ンとかイ○アインとかイグアイ○とかwww)



前線と後衛が常にお互いを確認し、信頼し合っている関係がここに成り立っているのだ。



試合はバイエルンが攻守に隙の無い運びで1stレグを2-0で完勝。

ユベントスは2点差のスコアに加えてビダルとリヒトシュタイナーが警告で次節出場停止という
あまりにも絶望的な現実だけが残った。


アーセナル戦同様、事実上の勝敗は90分で決まってしまったのである。



<2ndレグも大勢は変わらず>


迎えた2ndレグ、ユベントスはトップにブチニッチ、炎上していた左サイドのWBにアサモアをスタートから起用。


この起用で1stレグには見られなかった形が何度か伺えた。


まずヴチニッチがトップに入る事の意味である。


ユベントスの戦術的なキーマンは無論ピルロであるが、
実はピルロと同じくらい重要なのがブチニッチの存在だったりする。


ピルロが抑えられた時にDFラインから直接前線へクサビを打ち込むには
ボールの収まりとポストプレーに長けたヴチニッチの存在が不可欠だ。

(最前線でフラフラしている位置からボールを持った味方が顔を上げる瞬間にスッと中盤に降りてくるヴチニッチの
センスは今、欧州でも5本の指に入ると思うんですけどね)


無論ピルロがボールを持った時には【ピルロ⇒ヴチニッチ】という最強の縦ラインが中盤に1本通るのでこの意味は大きい。


では実際の2ndレグの試合からそんな局面を見ていこう。



【ヴチニッチのポストプレー】
vuti1.jpg

局面は中盤でピルロが顔を上げた瞬間にパスコースを見つけられたお陰で
バイエルンに囲まれる前にクサビが打てたシーン。


ここからクサビをタテに打ち込むと・・・・



vuti2.jpg

引いてパスを受けたヴチニッチはこれまたダイレクトで相棒のクアリラレッラにボールを流し、
自身はパス&ゴーで流れている。

(このセンス!)



vuti3.jpg

ユベントスはクサビが上手く入ると後ろの中盤が押し上げる機動力が活きてきて
やっとユベントスらしい形が生まれていく。


やはりピルロやDFラインからの出しどころに苦しい試合こそヴチニッチの存在の大きさが改めて分かるというものだ。




加えてバイエルンの厳しいプレスには、
実はドリブルで一つ状況を打開出来ると展開は大きく開けてくるものである。

ボール周辺に密集を作り出したバイエルンの裏を取れれば案外広大なスペースがそこにあったりするのだ。


asa1.jpg

局面は1stレグのペルーゾに変わり2ndレグで左サイドに入ったアサモアがボールを運んでいるシーン。

ここにバイエルンが寄せるが・・・・


asa2.jpg

アサモアは巧みなダブルタッチを駆使してプレスを外すと逆サイドへ大きなボールを展開・・・




asa3.jpg

するとボールサイドに大きく寄せていたバイエルンの裏を突けた事で
逆サイドには大きなスペースが。



ユベントスが今後バイエルンクラスのサッカーを打ち破っていくには
こうした小さな隙から大きな傷口へと崩していくしか道はないだろう。


試合展開がお互い「待ち」の状態で相手の隙を伺い合う膠着状況に慣れているカルチョ勢としては
欧州の舞台で勝つ為にハイテンポなプレス合戦にも慣れておく必要があるかもしれない。



<王道を進む者>


最後に改めてバイエルンのサッカーを総括してみようと思う。


この試合でも見られたような
「全員攻撃・全員守備」「迅速な攻守の切り替え」「鋭いサイド攻撃」というのは
どれもここ20年以上、長くサッカー界で唱えられていた理想のサッカー構築の為の基本的理念である。


それがペップのバルサ登場以降、
「中央突破への異常なこだわり」「ポジションレスのカオスサッカー」「リスクを冒した鬼プレス」と
むしろ異端の部類に入るこちらのサッカーが理想のサッカーとして流行してしまっていた。



奇しくもその両者が準決勝で顔を合わせるというではないか。



バルセロナとバイエルン、それぞれのサッカーに次のステップがあるとしたら
それは恐らくメッシがマンジュキッチのごとく守備をこなすバルサか
両サイド攻撃に加えてロッベンやリベリーが中央の間受けも織り交ぜてくるバイエルンだと僕は想像する。



既にバイエルンはこの土台の上に来季からペップのDNAが「間受け」の文化を加える事が決まっている。



【王道を進む者】【理想を追う者】の勝敗が示す
次のサッカーが進む道とは果たして―



関連記事

技術が戦術を凌駕する瞬間 ~バルサ×ミラン 2nd~

どうも、お久しぶりです(笑)


誠に勝手ながら欧州シーズン真っ只中に勝手にオフシーズン入りしておりました当変態ブログですが(^^;、
ありがたい事に各方面からのお声もいただき、紆余曲折を経てコチラに移転しての再スタートを切る事になりました。


とりあえず過去の記事は厳選して「アーカイブ記事」として再UP済(~11/12シーズンまで)ですが
なにぶん、まだ作業途中なもので今季の記事はこれから少しづつ復旧させていく予定です。


とは言え、そうこうしている間にもサッカーシーンは日々動いていますのでのんびりしている暇もありません。


気が付けば各国リーグは既にあらかた優勝チームが確定しつつあり(ブンデスは早くも確定済)、
CLも4強が出揃いました。



マッチレビューがお預けになっているビッグマッチも
「バルサ×ミラン 2nd」「バルサ×PSG」「ユーベ×バイエルン」
「マンチェスターダービー(これ必要?)」…etc


つまり結構溜まっております(^^;



そこで手始めに再スタートの口火を切るのはせっかく1stも一度UPしたんだから
2ndもやらないとキリが悪いだろうという事でミラン×メッシ・・・もといバルサの2ndレグあたりから
第二章のスタートといきましょう―


*だいぶ時間が経ってしまいましたので1stレグのおさらいはコチラから⇒



hyoushi.jpg
<技術が戦術を凌駕する瞬間 ~バルサ×ミラン2nd~


1stレグではものの見事にミランの策が的中し、まさかの0-2で折り返す事になったバルセロナ。

過去、CLでは2点差をひっくり返した例は極めて少なく
ましてや守らせたら世界一のリーグから3点以上をもぎ取っての逆転命題はまさにミッションインポッシブルか。


試合前の状況をザッとおさらいしておくとこんな感じだが、注目のスターティングオーダーは下記の通り。


sutamen1.jpg


ミランはフラミニとニアングをパーツ変更として起用した他は
基本的に全て1stレグからの継続路線。


当然あれだけハマった策を変える必要はどこにも無く、
そもそも他に選択肢もないというチーム事情も涙ぐましい。


残り90分、1stレグと同じサッカーが出来れば金星は目の前だ。



さて、問題はバルセロナの方である。

あれだけ見事に押さえ込まれ「ここ数年で最低のバルサ」と言われた90分から
いかに立て直しを図り、ミランの強固な「バルサ包囲網」を突破すべきか。


まずはバルサが施した修正を戦術的観点から振り返りたい。


変更点はただ一つ。


ビジャの起用である。


今季散々干されてきたビジャにようやく白羽の矢が立った訳だが
ビジャの起用が持つ意味合いは単なるパーツ交換だったミランとは違い
チームのメカニズムに根本的な違いをもたらしうるものだった。


この試合、バルサは守備時は4-3-3を基本としながらも
マイボールになると以下のように各選手が連動して動く事で3-4-3へその形を変えていたのである。


【4-3-3から3-4-3へ】
343.jpg

①メッシがいつものごとくCFから中盤に降りる

②空いたCFのスペースにはビジャが中に入る

③ビジャ不在となった右のスペースにはDアウベスが上がってくる


つまりバルサは攻撃時と守備時で2つの布陣を使い分ける
可変式システムでこの試合を戦った事になる。


これはひとえに「影のストライカー」と言われるビジャのCFとしての資質とDアウベスの運動量、
そして各選手のユーティリティ性の高さがあって初めて成立するシステムである点を補足しておこう。



そして、このシステムの狙いは無論、


"メッシの開放"だ。



1stレグでは文字通りCFとして起用されていたメッシは
ミランのアンカーであるアンブロジーニと両CB(特にメクセス)に狙い撃ちにされた結果、
試合中常にメッシ包囲網が敷かれており、バイタルエリア近辺にはネズミ一匹入り込む余地も無かった。



ところがこの試合では1トップの位置にビジャが入り込み
DFラインとの駆け引きを展開した事からミランのCBはビジャへのケアを優先せざるを得ず、
結果的にバイタルエリア(とメッシ)を開放する事に成功した。



【ビジャの存在がメッシを開放】
sutamen2.jpg

これによりメッシは1stレグと比べて大きなスペースを与えられる恩恵に授かる事が出来た。


特にこの可変式システムのお陰でミランの左サイドは一気に火の車となった感がある。


元々、右寄りの引いた位置でボールをもらうのを好むメッシと
右WGから中へ入り込んでくるビジャ、そして後ろから上がってくるDアウベス+ピケにシャビが絡むバルサの右サイドは
質的にも量的にもミランにとって大きな驚異となっていた。


そしてこの被害をモロに受けた格好になったのがミランのエース、エルシャーラウィである。


実際の試合からエルシャーラウィの負担の大きさを確認してみよう。



【エルシャーラウィの負担増】
el1.jpg

局面はメッシをモントリーボとエルシャーラウィで囲んでボールを奪ったところ。

ミランは1stレグ同様、奪ったボールはエルシャーラウィ(とボアテング)の快速WGが運ぶ事になる。



el2.jpg

エルシャーラウィは奪ったボールをドリブルで前に運んだ後、
ニアングを使った壁パスで一気にバルサDFの裏を突こうと試みる。

(バルサのDFラインは常にハーフライン付近まで押し上げられているのでここさえ突破してしまえば一気にゴール前まで行ける)


el3.jpg

しかしここはマスケラーノの鬼の詰めでニアングが潰されてしまいボールはシャビへ。

(マスケラーノ『若造が10年早いわ!』)


ここでミランは攻⇒守へ切り替わる。



bijya.jpg

再びボールが前残りのメッシに渡るとエルシャーラウィは一転して自陣左サイドを埋める為に守備へ。

ここで問題は大外にDアウベスが張り出してくる事だ。




el5.jpg

やっぱり・・・という具合にフリーのDアウベスへボールが渡ると
このスペースをケアするのもやはりエルシャーラウィになってしまう。


メッシを囲んでボールを奪い⇒自らボールを運んで⇒壁パスを使って突破を試みるも⇒再びメッシを後追いする守備に駆り出され⇒最後は自陣奥深くの最終ラインまで戻ってのカバーリング



これじゃあ攻撃の切り札でもあるエルシャーラウィさんも
過労死しちゃいますってwww



つまり、バルサのシステム変更の狙いを戦術的観点から観ると
まず自軍の最大の武器である「メッシ」を開放し、
同時に相手のエースで快速が厄介だったエルシャーラウィの威力を削ぎ落とすという狙いが見事に奏功していたと言えるのではないでしょうか。



<ブレないクラブのブレないスタイル>


とは言え、これは所詮まだ下地作りというか奇跡の逆転に向けた舞台装置を整えたに過ぎません。

本当に重要なのはこの下地の上で、どう具体的にミランを攻略していくか?という戦略になります。



いくらミランのDFラインやエルシャーラウィに牽制をかけたと言っても
ミランは3センターを中心に結局はバイタルを使わせないよう1stレグ同様徹底的に中を閉めてくる事は間違いありません。


普通のチームであればここで例えばビジャを使った裏抜けに縦1本のロングパスを織り交ぜてみるとか
普段は打たないミドルシュートの雨を浴びせてDFラインにプレッシャーをかけるとか
フリーのDアウベスを使ってサイドからの迂回ルートで揺さぶりをかけるとか

そうやってミランの狙いを根本的に避けたところから穴を探るのが通常の戦略ってものだと思うんですよ。



・・・でもバルサはいずれの道も選びませんでした。


彼らが選んだのは90分抑え込まれた1stレグ同様、
ミランの狙いを分かった上で、それでも中央をこじ開けるというもの。



まあねー、クライフ以降の過去20年以上ブレずに一つの道を貫いてきたクラブですから?


今更CLで1試合、2試合負けようが、己の道を曲げるはず無いんですけどね(笑)


(「じゃあどっから攻めるの!?」⇒「中でしょ!」)



では1stレグと何を変えて攻めていくべきか?


ミランが鼠1匹入り込ませないバイタル閉めで来るなら
その隙間を通す為に"より速く より正確"にボールを繋げばいい。


もっと繋ぎのリズムを上げろ! シュートのようなパススピードでクサビを打ち込め!



バルサの哲学では根本的に

『パスを繋げないコースなど無い パスで崩せないディフェンスなど無い』

という考え方が大前提。


そうさ、こちとらあくまで正攻法。



バルサは戦術大国カルチョが敷いてきた包囲網に対して
戦術ではなく技術で勝負に打って出る事を選んだのでした。



<2つのインサイドキック>


この試合の勝負所はミランがまずは開始15分を0点で抑えて一旦試合を落ち着かせる事。

ここでバタついてしまうと一気にバルサペースに巻き込まれてしまう危険性を
アッレグリは充分に承知していたはずです。


事実、立ち上がりのミランは守備でほとんどミスを冒していません。

バルサの狙いは分かっている。

1stレグ同様に絶対にバイタルは開けないという構えでバルサを迎え撃ちました。



試合を振り返った時、誰もが勝敗のターニングポイントとして挙げるであろう前半5分の先制点。

DF5枚に囲まれたメッシのスーパープレイが印象的ですが、
このシーンを生んだ一つ前の繋ぎにバルサの覚悟が象徴されています。


ではゴールシーンを3秒巻き戻してブスケスがメッシへパスを出す瞬間を検証してみましょう。



【メッシの先制点を生んだブスケスの決断】
busu.jpg

局面はまさに今、ブスケスがパスを送ろうと振りかぶった瞬間なんですけど、
メッシの手前でエルシャーラウィとモントリーボが中に絞って門を閉めようとしているのがハッキリと分かると思います。

ミランは大外のエルシャーラウィがここまで中に絞ってきているので
当然右の大外は完全なるオープンスペースですから浮き球でDアウベスに迂回するのはワケないんですよ。


でもこの瞬間に、メッシへのボール1個分(果たして瞬間視野では1個分もあるかどうか(^^;)のコースを
パスコースとして認識出来るかどうかが勝敗の別れ目になったと言えるでしょう。


録画が残っている方は是非今一度、ブスケスが出したパスのスピードを再確認してもらいたいんですが
もう「ビシーーッ!!」って音が出るぐらいの速いパスなんですけど
全く余計なバウンドも回転もボールにかかってなくてメッシの足元にピタリと届いてるんですよね。


これって出す方のブスケスも受け手であるメッシのトラップ技術を信頼していなければ出せませんし、
メッシもメッシでブスケスならこのコースを鬼パスで通してくるだろう…という相互の信頼関係が成り立ってるんですよ。


で、その下地になってるのは間違い無くカンテラで積み重ねた日々で
両者には同じ感覚がDNAとして身体に流れているんだと確信出来る瞬間でもあると。


勿論この後のメッシの運びも凄いんですが、
実はシュート自体は丁寧なインサイドキックに近い振りで生まれていますよね。


サッカーの本質をボールを蹴る事と捉えるなら
最も正確にボールを蹴る事が出来るのがインサイドキックであり、
とどのつまりバルサのサッカーとはインサイドキックに集約される訳です。


このスーパーゴールも突き詰めていくと
ブスケスとメッシの両者による2本のインサイドキックが生んだゴールと言えはしないだろうか。


この後すぐに生まれた追加点の場面も含めて
実は守る側のミランにおいては戦術的に見てミスらしいミスはほとんどありません。


中盤はキチンと中を閉めているし、
メッシに通された後もDFがすぐに寄せてシュートコースを壁で塞いでいます。



しかし、理論上どれだけ緻密な戦術で相手を制約しようとも
それを上回る技術を発揮されたら、その時点で戦術とはもう無力なのです。




<バルサの特別な技術>


先制点のブスケスのパスと比較すると
やはりカンテラのDNAを持たない選手の技術ではミランの包囲網を崩すのは少し難しいように感じるシーンもありました。


比較対象としてマスケラーノのパスを検証してみましょう。


【マスケラーノのパス】
masuke.jpg


局面は最終ラインのマスケラーノから中盤に降りてくるメッシへ縦パスが入るシーン。



masuke2.jpg

先程のブスケスのパスに比べると明らかにパススピードが不足しており、
途中で失速した事からメッシは受ける前にやや苛立つ様子を見せていたが
やはり後方からメクセスに寄せる猶予を与えてしまっている。



masuke3.jpg

実際にボールがメッシの足元に届く頃にはアンブロジーニの寄せまで間に合ってしまい、
やはり通常のパススピードだとミランの戦術は充分に機能する事がよく分かる。




このようにバルサが技術での正面突破を図った事でこの試合では
各選手の技術レベルがより鮮明に浮き彫りになっていく。


具体的に言えばメッシ、シャビ、イニエスタ、ブスケスの4名が規格外、
そこに続くのがペドロ、ピケの純カンテラーノ組で
その下に残りの選手+ミランの選手全員というのが凄く大雑把な言い方の図式。


つまりミランが戦術的には機能しながらも0-4の大敗を喫した原因は
バルサが同じように戦術的にも機能したこの試合で
それをこじ開ける技術を持たなかったからだと言えるだろう。


今季「前プレの圧力が落ちている」と言われているバルサの守備だが、
やはりバルサのサッカーは攻守一体と言われている通り
パスが繋がりだすと各選手の足も動き出し、ひいては前プレの圧力も高まっていくから面白い。



「ニワトリが先か 卵が先か?」のような話だが

実際のところバルサのサッカーは

"パスが回るから足も動き、足が動くからパスも回る" という構図になっている。



こうなるとミランは奪ったボールを繋げずジリ貧に陥っていき、
自陣に閉じ込められたニワトリはロープに追い詰められた状態でメッタ打ちに遭うボクサーのようだった。



最後に端的な比較としてフラミニとシャビの技術面の差を実際の試合から検証して締めくくりたい。


【フラミニのトラップ技術】
furamini1.jpg

局面はミランが自陣で奪ったボールをサパタ⇒フラミニと繋ごうとしているシーン。

だが、ここでまず問題なのがパスを受けるフラミニが棒立ち状態で
1回も背後を確認する首振り(ルックアップ)を挟まなかった技術面でのミス。

カンテラを経由しているシャビ、ブスケス、イニらであれば
もはやボールを受ける前のルックアップは習慣付けられており
最低でも1回は後方を確認する首振りを挟んでいたであろう。
(シャビクラスになると3回は振る)


結果的にフラミニは後方から迫り来るシャビの存在を全く認識出来ていない。



furamini2.jpg
はいココ!


事前にルックアップ出来ていない故、
フラミニはここで無防備にボールを晒しながら足元にトラップしてしまっている。




fura3.jpg

・・・で、晒したボールをシャビに突つかれて、こぼれ球をイニエスタに拾われると
この高い位置でボール回収に成功したバルサはショートカウンターで決定機に繋げる・・・と。


じゃあ、フラミニは本来どうするべきだったのか?

無論、受ける前のルックアップは前提として、事前に確認出来ていればこのトラップは足元ではなく・・・



furamini4.jpg

①のようにシャビの逆をとってターンをするか、
②のようにスペースへボールを逃がしてシャビのタックルを避けなければいけなかった。



翻ってバルサの選手達のトラップを見ていくと、
足元にピタリと止めるトラップ(指導用語では悪い意味でこういうコントロールをトラッピングではなくストッピングと言う)を使うシーンがほとんど無い事に気づく。


イニエスタやシャビのファーストタッチから流れるようなプレーを見ていると
もはやトラップでボールを"止める"のではなくボールを"流している"という表現の方が近い。

つまり次のプレーに最も移行しやすい位置にボールを導くのである。


トラップとはその語源の通り、本来は迫り来るDFの逆を突いて罠にかけるという意味だが
ミランは中盤の密集地帯でも安易にボールを止めるストッピングを多用していた。


加えてバルサはこの高い技術を活かす頭脳が素晴らしい。

シャビの地味ながらも技術と判断が高いレベルで合致した象徴的なプレーを一つ検証してみたい。


【シャビの連続キャンセル】
syabi1.jpg

局面は中盤でシャビがボールを受けた瞬間。

この時、シャビの顔の向きからまずはサイドでどフリーのDアウベスを確認しているのが分かる。

(まずは一番安全で確実なパスコースを一つ確保)


だが、バルサのサッカーではここから安易にサイドへは迂回しない。
ギリギリまで中への選択肢を探るのだ。


加えてこのシーンでは最前線のビジャがシャビが顔を上げる前段階で既に裏抜けを開始しているのも肝。



syabi2.jpg

顔を上げたシャビは真っ先にゴールに一番近い(つまり自分からは一番遠い)位置にいるビジャの裏抜けから確認している。

ルックアップ(見る技術)は重要だが、中でも「どこから見るか?」という優先順位も非常に重要だ。


その上で、このシーンではビジャの裏抜けに既にミランDFが反応してラインを下げているのが確認出来る。

故にシャビはビジャへの裏1本は成功しないとここで判断。

(二つ目の選択肢をキャンセル)



syabi3.jpg

次にシャビはサイドのスペースへ抜けようとするイニエスタを確認する。

イニエスタがフリーだと瞬時に判断するとパスを送るキックモーションに入った。



syabi4.jpg

ところがモーションの途中でボアテングが戻ってパスコースを消しにきた。

パスを蹴る直前まで目視を続けるシャビはここで3つ目の選択をキャンセル。


仮にボアテングの頭上を越して浮き球をイニエスタに通す事は可能だが
浮き球にする事でイニエスタに届くまでのパス到達時間にロスが出る上、受け手のコントロールにも時間がかかり、
故にバルサのパスサッカーでは基本的に浮き球の優先順位は低く設定されている。


使うなら一気に決定機となるリターンが見込めるDFライン裏への縦1本か
受ける味方に時間的余裕がある長めのサイドチェンジに限られる(つまりここなら最初に確認したDアウベス)



syabi5.jpg

立て続けに3つの選択肢をキャンセルしながらも状況を見続けてベストな「判断」を模索し続けたシャビは
イニエスタに引っ張られた事で空いたスペースへ短い刻みのパスをメッシへ。



syabi6.jpg

受けたメッシがダイレクトで後ろへ返すとフリーのブスケスが良い視野を確保しつつボールを受けた。


確かに決定機に繋がる訳でもない、一見何でもないシーンだが、
プレーの直前までキャンセルが利くシャビの驚異的な技術と
ルックアップすら怠りがちな選手とではそこに大きな差があると言わざるを得ない。


この判断し続けるシャビらのキャンセルと選択こそがバルサの絶対的なポゼッション率を支えている。



試合は自分達の技術に賭けたバルサが文句無しの「今季ベストパフォーマンス」を披露して奇跡の逆転劇を成し遂げたのであった。



とは言え、バルサのこのパフォーマンスを引き出したのは紛れもなく一度はロープ際まで追い詰めたミランの緻密な守備戦術であり、
そもそのあの持ち駒でバルサと互角以上の勝負を演じた事に賞賛を贈るべきだろう。

なにしろ試合前は「虐殺ショー」「バルサが何点取るか」とまで言われていたのだから(爆)

(ミラニスタの皆様・・・遅くなりましたがここで焼き土下座をww ○| ̄|_)



むしろ問題は今季ここまで追い詰められないとこのパフォーマンスが引き出せないバルサの方ではなかろうか?


宿敵マドリーはもちろん、ドイツの二強も今季の「緩いバルサ」では勝ち上がりを許してくれない相手なのだから―





<あとがき>

久しぶりのマッチレビューはいかがだったでしょうか?

時間がかなり経過しているという試合という事もありますが、まだ若干ブランクがあるのは否めないところ(^^;


まあ、まだまだUPしないといけない試合も溜まっているので徐々にギアを上げていければな・・・と。




(過去記事については一応全データが手元にあるので「あれが抜けている!」という要望があれば、追加で再UPする事も検討します(笑))






関連記事
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク