異次元のバイエルンとプレミアが勝てない理由 ~アーセナル×バイエルン~

afpbb_3009309_0-enlarge.jpg
<異次元のバイエルンとプレミアが勝てない理由

早いもので今季も既に終盤戦を迎えていますが13/14シーズンのこれまでの流れを追って見た時に一つの確信があります。
それは戦術的には「過渡期に入ったな」というものです。

サッカーの長い歴史を振り返ってみても何か新しいエポックメイキングなチームが現れた後は
必ずその模倣が広まり、それが一般化して定着した後に再びこれを打破する新たなブレイクスルーが現れる…という流れの繰り返しなんですね。

そう考えると近年の現代サッカーをその先端で引っ張ってきたエポックメイキングと言えばペップのバルサで間違いないんですが、今や彼らのメソッドである「ポゼッション」「0トップ」「間受け」等は現代サッカーのセオリーとして一部定着しつつあります。

このような観点で今季を見た時に、この流れに乗れたチームと乗り遅れたチームとの二極化は明らかであり、これが戦術的な過渡期に入ったと思う所以です。


そこで今日はこの戦術的な二極化をフォーカスする為に
次のブレイクスルーを担うであろう筆頭候補のバイエルンと今まさに二極化に揺れるプレミアの雄アーセナルとの試合を振り返りながら話を進めていきたいと思います。
(2ndレグも間近に迫っている事ですしねww)


<アーセナル×バイエルン 1stレグ振り返り>
baygana.jpg

ではスタメンをさらっと見ていきましょう。

バイエルンはリベリー、ミュラー、シュバインシュタイガーがいない…という事実を一瞬忘れてしまいそうになる豪華メンバーですね。
ラームが右SBに戻っているのはペップにとって唯一この右SBのポジションだけが満足のいく戦術理解度に達していないという事の現れと見ます。
つまり出来ればラームは中盤で使いたいのが本音だけれどもSBにラフィーニャを使ってしまうと全体の機能性が落ちる…という見立てなのでしょう。

対するアーセナルはシティに6点、リバプールに5点をぶち込まれるなどここにきて持病の再発が懸念されていたところにフラミニが復帰。
これで中盤の守備に安定感を取り戻せるかどうか。
それと前線にはいつの間にか飛べない電柱ベン○ナーの他に飛べる電柱サノゴを補強していた模様。


続いて試合を振り返る前に、前日の記者会見におけるペップの預言者ぶりをご覧いただきたい。

ペップ『アーセナルを相手に90分間試合を支配することはできない。それは不可能なことだ。
いいプレーができれば75分程度は支配できるかもしれないが、ゲーム全体を通しては無理だ。
向こうにはクオリティの高い選手がいて、我々にとって常に問題となり得る』


ハッキリ言ってこのコメントでほぼ試合の内容を全て語ってくれていると言ってもいいぐらいの感じなんすが、
実際本当に序盤の15分間だけペースを握ったアーセナルがこの好機を活かせないでいると残りの75分は
バイエルンがいいように試合を支配し続けた…って内容だったんですよね。

改めて試合を振り返ってみるとスタートでアーセナルがペースを握れたのは
守備では前から激しくプレッシャーをかける前プレが
攻撃ではサノゴの空中戦が利いてここからの落としをほとんどマイボールに繋げていた事が大きかったと見ます。

このいい流れの時間態に得たPKを目下絶不調のエジルが痛恨の温いキックでノイアーに難なく止められてしまいました。
(ドイツ代表のチームメイトであるノイアー相手にエジルに蹴らしたのは失敗だったか?完全に読まれていたフシも有り)

結果的にはこれが試合の決定的な分岐点となります。


<ポゼッションする為の現代型ロジック>

とは言え仮にエジルのPKが決まっていて90分間アーセナルが11人で戦えていたとしてもそのまま勝ち切るのは難しかったでしょう。
何故なら試合内容を客観的に分析すればアーセナルがバイエルンと戦って勝てるのはせいぜい10回やって1~2回ぐらいだろうと思える実力差がそこにあったからです。

まずペップの試合前の予言通りに残りの75分間を支配されてしまったのは
PK失敗という心理面での打撃以上にバイエルンにはアーセナルの前プレを外せるロジックが存在した事の方が大きかったと見ます。

このロジックについてですが一つは今ではどこのチームでも当たり前に取り入れられている
ボランチがDFラインまで降りる擬似3バックですね。

まあこれに関しては既に一般化されているので対応策も浸透してきているのですが
バイエルンやバルサ相手に前プレが難しい本当の理由は後ろの数的優位を作る動きに連動して中盤~前線の動きにもしっかりとしたロジックが根付いている事でしょう。


【ゲッツェのトライアングルの中心で受けるポジショニング】
gete0310-3-1.jpg

コレ、このゲッツェの相手ディフェンス3枚のちょうど中間で受けるポジショニングってのはバイエルンの他にもバルサ等、
現代サッカーでポゼッションを武器としたいチームなら一つのセオリーとなりつつあるものですね。

ペップ時代のバルサでもよく見られたこのポジショニングにどのような意味があるのかと言えば
↑の場面のようにゲッツェ自身がパスを受けてもいいんだけれども仮にパスを受けられなかった場合でもチームを大いに助ける事が出来るんです。


【パスを受けられなかった場合】
gete0310-4-1.jpg

ここでも同じようにゲッツェはアーセナルのSB、SH、ボランチで出来たトライアングルのちょうど中心、
いわゆる相手ディフェンスの「三辺の中心」に位置していますが、
アーセナルもここでは中へのパスを警戒してトライアングルを縮める事でゲッツェへのパスコースを消しています。

しかしこれは見方を変えればゲッツェ1人でディフェンス3枚を引き付けている事になり
となればその周囲の選手がどうしたってフリーになるのが11対11で戦っているサッカーの必然と言えるでしょう。

この場面ではクロースはラームへのパスを選択


gete0310-4-2.jpg

ラームから再びクロースへボールが下げられますが
これを見ても分かる通りゲッツェのポジショニングによって彼の周囲の選手(ラームとクロース)がスペースを傍受している図になっています。

これをやられるとどうしてもパスの受け手の方にディフェンスの人員が割かれてしまい、
前からボールにプレッシャーをかけられなくなってしまうんですね。
(しかも中途半端にボールを追えば今度はトライアングルが広がって中のゲッツェを使われ出す始末)

これが現代サッカーにおける【前プレ殺し】の一つであります。
実際に試合ではこれでアーセナルが全く前からプレッシャーをかけられなくなってしまいました。


<前プレ殺しからのバイタル蹂躙>

さて、前プレがかけられなくなったアーセナルは仕方なく自陣でセットアップした形からの守備に切り替えざるを得なくなってしまった訳ですが、ここで更に苦しかったのが彼らの守備体系がいわゆる典型的なプレミアの教典4-4-2による3ラインブロックだった事です。

ハッキリ言ってこの守備メソッドは現代サッカー、特にペップのチーム相手にはもはやでしかありません。

ペップはまず相手の前プレを無効化し、自陣でのポゼッションを確保すると
次はいよいよ崩しのフェーズに移っていく…という手順を恐ろしいほど冷静に進めていきます。
(どこまでもロジックにフットボールを突き詰める男やで・・・)

ではペップにとっての崩しとは何かと言えばそれはバイタルエリアの制圧ですね。
バルサ時代のメッシ0トップに始まり、このエリアを制する事がペップにとって勝利への王手となります。


【バイタル侵入 ~間受けオーソドックス型~】
tiago0310-1.jpg

局面は右から左へ攻めるバイエルンのビルドアップから。

守備時、エジルとサノゴを横並びの2トップにした4-4-2で守るアーセナルの守備形態は
ペップからすると4バックと4枚の中盤の間に出来るバイタルエリアが格好の狙いどころになってきます。


tiago0310-2.jpg

この場面では最初ラームへのパスコースを意識させておいてから
時間差でチアゴがボランチの門の間に顔を出し、巧みにボールを引き出しているのが分かります。

中盤がフラットな4-4-2は2枚のボランチの背中を取ると剥き出しのDFラインがほぼ無抵抗になるのが泣き所。

ではもう一つ、次はバルサ時代のメッシで御馴染みの形の発展系から。


【バイタル侵入 ~0トップ型~】
gete0310-1-1.jpg

先程と同じようなビルドアップから今度はアーセナルがバイタルで間受けを狙うチアゴをケアしてきたパターン。


gete0310-1-2.jpg

すると今度はゲッツェが前線からスルスルっと降りてきて門に顔を覗かせます。

当然、アーセナルとしては中のコースの方を切らざるを得ないので・・・


gete0310-1-3.jpg

ボールホルダーのボアテングはアーセナルが中を切ったのを見てからの後出しジャンケンでフリーのチアゴへ。

ここには一瞬SBのモンレアルが詰める素振りを見せますが
4-4-2の3ラインで守っている限りチアゴのようなタイプの選手はSHの裏を取りつつ
SBが飛び出すには微妙に距離が離れているという絶妙の位置取りでこれを無効化させてしまいます。


gete0310-1-4.jpg

やはりこの場面でもSBのモンレアルは行き切れず、結果としてチアゴがフリーで前を向けました。

じゃあ、次に守る方が考えるのはトップから降りてくる0トップ役(ゲッツェ)に最初からDFがマンマーク気味に付いちゃえばいいだろうって事なんですが・・・


【バイタル侵入⇒裏抜けへの切り替え】
gete0310-2-1.jpg

もう一つ、同じようにボアテングからのビルドアップの場面。

ここでもゲッツェが既にスルスルと中盤まで降りてきての間受けを狙っています。


gete0310-2-2.jpg

「そうそう何度もやられてたまるか!」って事で今度はSB(モンレアル)が初めから降りていくゲッツェを捕まえようとパスが出る前にDFラインから飛び出していきましたが、すると今度はボアテングがその頭上を越すロングボールを裏に蹴って・・・


gete0310-2-3.jpg

飛び出したSB(モンレアル)の裏をCFのマンジュキッチがサイドに流れて使う攻撃に切り替えています。


もうこうなるとアーセナルからしてみれば何をやってもその裏をバイエルンに突かれるっていう八方塞で
全てが後追いの苦しいディフェンスになってしまい、その結果として前半37分のPK献上&一発退場ですよね。

まあ、このPKはアラバが外してくれるっていうラッキーもあったんですが
11対11でもバイエルンのパス練習みたいになっていた試合が退場者まで出てしまうと
もはやシュート練習と化してしまった残りの50分。

10人になったベンゲルも4-4-1にして何とか耐えようとしたのは分かるんですが
何故この日空気だったエジルをサイドに回してまで90分引っ張ったのかはよく理解出来ません。

2-0の結果は試合内容から言ってもバイエルンの順当勝ちと見ます。


<プレミアの限界?と二極化>
720p-Liverpool v Cardiff City

このように同じくCLベスト16でバルサ相手に4-4-2で挑んだシティも含め
(結果は同じく退場者を出しての0-2。但しこちらは戦力充の個人能力(特に2ボランチとコンパニ兵長)である程度何とかしてはいたが…)
バルサやバイエルンといった現代サッカーのトップセオリーを身につけたチーム相手に
従来のプレミア型守備の限界といったものが近年顕著になってきました。

ペップのバルサ登場と時を同じくしてプレミア勢がCLで勝てなくなったのは何とも象徴的です。

ただ実はこれ、他ならぬプレミア内部でもそれに気付いた一部のクラブがそのアドバンテージを活かし始めた事もまた確かなんですよね。

例えばブレンダンロジャース率いるスウォンセロナの躍進は
従来のプレミアには無かったポゼッション型トップセオリーのアドバンテージを活かした好例で
このメソッドを獲得したリバプールが今季猛威を奮っているのも納得です。


【リバプールのポゼッションから崩し】
torai0309-1.jpg

では実際に今季のマージーサイドダービーからリバプールの崩しの形を見ていきたいと思います。

局面は右から左へ攻めるリバプールのビルドアップからCB(シュクルテル)⇒SB(フラナガン)への展開。


torai0309-2.jpg

今季のリバプールはサイドでボールを持って起点となったSBを中心にトライアングルを形成してパスコースを多く作る事でポゼッションの安定化が上手く機能しています。


torai0309-3.jpg

SB(フラナガン)からトライアングルを活かして中を使うと
やはりプレミア型の4-4-2で守るエバートンは青丸で囲った中央の2ボランチがこの位置関係。

4-3-3気味の布陣が基本のリバプールはこの2ボランチに対して中央で3対2の数的優位を作るのがその狙いの一つでもあるんですがここではヘンダーソンがエバートンのボランチの背中を取りつつ、後ろからはジェラードの上がりが次の展開への布石となります。


torai0309-4.jpg

リバプールは一度サイドのトライアングルでエバートンの守備陣を寄せてから中を使っているので
ボランチの背後を上手く取れているんですが、こうなるとそのカバーには後ろからSBを上げて使うしかありません。


torai0309-5.jpg

ここで利いてくるのがジェラードのサポートでヘンダーソンに食い付かせてからジェラードに落とし⇒SB裏のスペースへ浮き球という見事な繋ぎが素晴らしいですね。


torai0309-6.jpg

このパスで相手のDFラインが薄くなったところに更にCBまでをもつり出す事に成功しています。
(中がDFが薄いので非常に得点率が高い状況が生まれている。しかも中で待つのはあのSASコンビという凶悪さww)

つまり、リバプールの好調はスウォンジーでさえプレミアキラーとなっていたロジャースのサッカーに
スアレス、スターリッジ、コウチーニョらの一線級を与えたらこうなった…という好例ですね。

まあ、プレミアにとってのエポックメイキングであるが故、機能させるまでに時間はかかりますが
ハマり出したらアーセナル相手に5点ぶち込むぐらいの破壊力はあるぞって事で
個人的には僕のリバプール優勝予想もようやく実を結ぶのか・・・?と見守っているところであります(笑)

(とは言えDFラインが今の顔ぶれじゃ厳しいんだけど・・・(^^;)


もう一つ、『プレミア殺し』の旗手とも言えるチームの筆頭がマンチェスターシティですね。

このクラブは数年前からシルバの輸入に始まりスペイン産のポゼッションメソッドを持つ駒を集め、
今季は更にそのスペインでビジャレアル、マラガのパスサッカーを築き上げた頭脳、ペジェグリーニを招聘。

明らかに現代サッカーのトップセオリーを意識した「プレミアで勝つ」⇒「欧州で勝つ」のクラブビジョンまで見えてくるクラブです。

このチームなんかはもう露骨にシルバを中心としたポゼッションから4-4-2で守る相手のボランチを食い付かせてその背後を取る形を徹底してやり続けてますよね。


【シティのバイタル攻略】
citi0309-1.jpg

これも今季の試合(対スパーズ戦)から4-4-2の3ラインで守る相手のボランチをいかに食い付かせてその背後を取るかっていう攻撃の形を見ていきたいと思います。

局面は左から右へ攻めるシティのビルドアップから。
この背中を向けて受ける餌のパス1本で相手のボランチを食い付かせて・・・


citi0309-2.jpg

落としのパスからダイレクトで相手ボランチの裏へ一つ飛ばしたパス


citi0309-3.jpg

するとバイタルで待ってるのはもちろんシルバ。
シティは相手ボランチの背後でシルバがパスを受けた瞬間が明確な崩しへのスイッチになっています。


citi0309-4.jpg

ここで前を向かれたらディフェンス側が苦しいのはボールとDFライン裏のスペースを同時に見る事が不可能になるからですね。

↑の場面でもCBがシルバにプレッシャーをかけようと前に出た瞬間にその裏をアグエロに走られてゴールに繋がっています。

続いて似たような形をもう一つ


【シティのバイタル攻略②】
baitaru0309-1.jpg

この局面もスパーズの綺麗な4-4の2ラインが見てとれますが今度は横パスでシルバが相手ボランチの食いつかせ役となり・・・


baitaru0309-12jpg.jpg

フェルナンジーニョが相手ボランチの背後で受ける形に。


baitaru0309-3jpg.jpg

そのままドリブルでバイタルを侵攻するとやはりCBがこのケアに向かわざるを得なくなってジェコへのラストパスのコースが空いてしまう…という訳ですね。


このように今季プレミアの優勝争いはプレミア殺しとも言える現代サッカーのトップセオリーに乗った者と乗り遅れた者との二極化が明確になってきたように思えます。

個人的にアーセナルのサッカーは大好きなんですが、それでも優勝候補に推せないのは
このチームは前プレとパスワークが機能している時は最高に美しい反面、
一旦自陣でセットアップした形の守備になった時にトップセオリーの鴨になってしまう一面があるからなんですね。
(この長期政権でベンゲルがそこに一度も手を付けなかったという事はこの先も未来永劫同じだと思います…(^^;)

モウリーニョのチェルシーに関しては逆に「相手にバイタルを使わせない守備」が緻密に構築されているので
シティみたいなサツカーを封じてしぶとく勝ち点をもぎ取れる強さがありますけど
反面、攻撃でのバイタル攻略はイマイチなんで格下に引かれると打つ手がなくなる一面もあります。

(きっとモウリーニョはそれを自覚しているからこそ、
ウェストハムの「アラダイス流ゴール前バス留め戦術」を過敏に非難したんでしょうね)


一方で乗り遅れ組についてはモイモイのチームについては言うに及ばず、
ビラスボアスを解任したスパーズに関しても同じ事が言えるかと思います。

確かにビラスボアスのトップセオリーを意識したサッカーは構築に時間がかかるので
短期的に見ればアデバヨールを2トップに据えた4-4-2に戻す事である程度の数字は見込めるでしょう。

しかし長期的に見ればチームの目指すサッカーが一つ下のランクになっているので
このままだとCL圏内入りも難しいように思えるのですが・・・。
(エリクセンたんがワイドに置かれた4-4-2なんて見たくないんじゃ!ww)


以上がプレミアが欧州で「勝てない理由」になる訳ですが
既に見てきたようにそのプレミア内部でもエポックメイクングが行われており
今後のブレイクスルー組と乗り遅れ組の二極化については引き続き注視していく必要があるでしょう。


<異次元のバイエルンが見据える未来>
458774813_bay.jpg

ペップがバルサで撒いたトップセオリーが一般化し定着しつつある今季、
既に次のブレイクスルーへの芽吹きも同時に進行中であります。

その筆頭候補が他ならぬペップ自身が率いているバイエルンで間違いないでしょう。

では再び話をアーセナル×バイエルンの試合に戻して、
これまで見てきた彼らのバイタル攻略の形【オーソドックス型】【0トップ】【裏抜け】に続く【カオス型】を検証してみたいと思います。


【バイエルンのカオス型アタック】
roben0310-1.jpg

局面は右から左へ攻めるバイエルンのビルドアップから。

ゲッツェとマンジュキッチが裏を狙う動き出しと同時に・・・


roben0310-2.jpg

ロッベンがここに入り込んでバイタルでの間受けを狙う形。

これまでのロッベンのプレースタイルからはあまり見られなかった動きであり、明らかにペップイズムの現れである事が分かる。


roben0310-3jpg.jpg

アーセナルからすれば、あれだけのバリエーションを持った攻撃に加えて
ここまで前線にカオスな出入りをされたらちょっとゾーンディフェンスではマークの受け渡しが不可能と言えるだろう。

今、バイエルンで進んでいるのがこの中盤~前線の不規則な規則性を持った流動的でカオスなサッカーです。

これを考える上で今一度ペップ政権下のバルサを思い起こしてみましょう。
就任3年目となる2010/11シーズンにCL決勝(対マンU戦)で見せた一つの完成品とも言えるサッカーから
翌シーズン、セスク加入を切望し更にこれを一度ぶっ壊してからのブレイクスルーを狙った彼の最後となるシーズンです。

そのままの継続路線でも充分タイトルが狙えたはずの当時頭三つ抜けていたバルサのサッカーを
敢えて一度壊すようなセスク加入を望んだペップの目線は更にその先に向けられていました。

彼が見据えていたブレイクスルーがよく現れていたのが同年12月に開催された
クラブW杯決勝(対サントスFC)におけるサッカーです。

【ペップバルサ11/12 クラブW杯決勝のスタメン】

cwc343.jpg

この3-4-3がペップが最後のシーズンに作り上げたかった本当の形です。

で、実際の試合でこの布陣がどう動くかというと・・・


baru343.jpg

このカオス性こそペップが望んだ次のブレイクスルー。
もはや中盤より前にポジションなどあって無きに等しい代物でした。

この未来型サッカーを身をもって体験したサントスFCの監督は試合後、
「あれは4-6-0だ」というようなコメントを残していたのも印象的でした。

ただ、実際にはこのシーズン、セスクをフィットさせるのに予想以上の時間がかかった事やメッシのコンディション、
そして既にタイトルを取りつくした選手達のモチベーション管理や何よりペップ自身の精神的疲労の蓄積もあって志半ばにして次のブレイクスルーは遂に完成を見ずに終わっています。


あれから2年―

ペップがバイエルンで目指すのは間違いなく、あのブレイクスルーの続きに違いありません。
実際、今バイエルンの試合から窺えるペップの未来像はこのようなイメージのはず↓

【ペップバイエルンが目指す未来型カオスサッカー】
baye280.jpg

中盤~前線の流動性に加えてSBにもカオス性を加えた進化系がバイエルンの真骨頂。
アラバ、ラームの両SBには時にボランチ、時にサイドアタッカーとしての振る舞いが求められます。

こうなるとCBの2枚以外にほとんどポジションらしいポジションは無く
「2-8-0」とも言える未来型カオスサッカーがイメージされるのではないでしょうか。


<個の能力、選手の進化が及ぼす戦術進化>
256769-23.jpg

最後に、とは言えサッカー自体も常に不確定要素に満ち溢れたカオスな球技であるという視点の検証をもって締めにしたいと思います。

確かに現在バイエルンが見せているサッカーというのは目を見張るものではありますが
それでも完璧かと言われればサッカーではそんな事は絶対にあり得ません。

このアーセナル戦でも絶好の先制チャンスとなったPKは1人の選手の個の能力が生んでいます。


【アーセナルのPK獲得シーンを検証】
uxirusya1.jpg

局面は左から右へと攻めるアーセナルの最終ラインのビルドアップから。

バイエルンは最前線からのチェイシングでアーセナルのCBにプレッシャーをかけた後、
二度追いでパスの受け手であるフラミニを挟み込みます。

(この時、後方の様子を首を振って確認するウィルシャーが後々効いてくるのでご注目)


uxirusya2.jpg

フラミニからボールはギブスへ。
予めアーセナルのパスコースをこの1本に絞っていたバイエルンは既にボールへ寄せています。


uxirusya3.jpg

ギブスからダイレクトパスで中のウィルシャーへ。

しかしここでも近いパスコースから消していくバイエルンの守備が挟み込みを狙っていました。


uxirusya4jpg.jpg

ところがウィルシャーは事前に背後から迫ってくるディフェンスを確認しているので
これを逆手にとって一発で逆を取ってバイエルンのプレッシングを個の能力で剥がしてしまいます。


uxirusya5.jpg

こうなると前から人数を投下してボールを奪いに行っているバイエルンは一転して空いたバイタルを使われる大ピンチに。

バイエルンでもここで前を向かれてしまうとボールと裏のスペースとを同時にケアするのは難しく、
ウィルシャーのスルーパスからエジルに裏をつかれて後追いのディフェンスになったところから
ボアテングの遅れたタックルがPKを取られてしまいました。


ちなみに・・・ペップバルサがピークだった10/11シーズンのCL決勝T1回戦で
バルサ相手にホームの1stレグを鮮やかな逆転勝利で飾ったアーセナルの試合を覚えているでしょうか?

この試合で一躍ヒーローになったのがまだ若きスター候補生だった当時のウィルシャーでした。
彼の個でバルサのプレスを剥がす力がペップを悩ませ、逆転弾を生んでいます。

そしてやはり二年後の再戦でもペップを悩ませたのは彼の個の力でした。

サッカーではどれだけ完璧なロジックを積み上げた戦術でも
それを一瞬で無にするプレイヤーの個の力というカウンターパンチが必ずあり
これらが両輪として時に相互作用し合いながら進化していくものです。

今夜のバイエルン×アーセナルの一戦もスコア的に考えれば8割がたバイエルンの勝ち抜けは堅いとも思われますが、
常にこの競技の本質がカオスである限り、それでも眠い目をこすりながら試合にかじりつく我々の姿がそこにある事でしょう―




*「本田△をここまでスルーし続けるサッカーブログが他にあっただろうか・・・」と思った貴方はクリック↓

海外サッカー ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

試合巧者だったバルサも絶対の強さは感じず ~マンチェスターC×FCバルセロナ~

0219messi.jpg
<試合巧者だったバルサも絶対の強さは感じず>
~マンチェスターC×FCバルセロナ~


待ちに待ったCLが再開されましたね~。

せっかくのビッグカードが退場者によって壊されてしまったのは残念でしたが、
欧州の最前線にいる彼らの現状というものが見えてきたベスト16の1stレグだったと思います。
(オリンピアコス「メシうまぁぁぁあああ!!!www」)

という訳で今日は中でも最大の注目を集めた「シティ×バルサ」の一戦をマッチレビューしていきましょう。


baruciti.jpg

シティはホームのエティハドとは言え、最大限バルサ相手という事を意識した布陣を組んできました。

通常、このチームは左SHに入るシルバの自由なポジション取りが相手からすると非常に捕まえづらく
攻撃のキーマンになっていたのですが、反面守備ではこのスペースが度々空いてしまうという諸刃の剣でもありました。

とは言え戦力充のシティからすればほとんどの相手は圧倒的な攻撃力で押し切れてしまうので
これまでそんなに穴として目立ってきた訳でも無かったのですが直前のプレミアでモウリーニョのチェルシーにピンポイントでこの弱点を突かれて試合を落としたという経緯もあります。
(決勝点はシルバがマークするはずだったイバノビッチに決められている)

そこでペジェグリーニは中に入りたがるシルバをこの試合では始めからトップ下に置き
懸案だった左サイドにはコラロフ、クリシーのSBを縦に2枚並べる形で守備のバランスをとってきました。

これでサイドから自由に出入りする「捕まえられないシルバ」という攻撃面のメリットは削られてしまいましたが、左サイドの穴は完全に埋まったと言えるでしょう。

普段プレミアではなかなかお目にかかる事のない「守備に重きを置いた」エティハドの王者がそこにいました。


一方のバルセロナもエティハドでのシティを充分に警戒した布陣を選択しています。

それはこれまでネイマール、アレクシス、ペドロと基本的にアタッカーを配する事が多かったWGのポジションに
ペップ時代の遺産とも言える「左WGイニエスタ」を起用してきた事からも明らかです。

純粋なアタッカーを起用する時と比べて縦への推進力と破壊力という点では落ちますが
これでボールポゼッションに関しては確実な担保が見込めます。

つまりバルサはポゼッション率を上げる事で試合の安定を図り、守備のバランスを取るという考え方ですね。


左のワイドから攻撃のキーマンを中へと移動させる事で守備の安定を図ったペジェグリーニと
左のワイドに攻撃のキーマンを増やす事でポゼッションの安定を図ったマルティーノ。

中々面白い構図ですね。


<ティキタカ・カルテット>

試合は予想通りシャビ、セスク、ブスケス、イニエスタと
世界最高のティキタカ・カルテットを揃えたバルサがまずポゼッションで主導権を握る立ち上がりとなりました。

(やはりこの面子相手にポゼッションを奪い返せるチームがあるとしたら、これを作ったあの人自身のチームしか…)


守備時、4-4の2ラインブロックの前にシルバとネグレドを置いた4-4-1-1の形をとるシティでしたが
バルサはすぐさまボールを安定させるスペースを見抜いてきました。

【4-4-1-1で守るシティの泣き所】
hiba442.jpg

↑要するに守備でハードワークが出来ないシルバの周囲一帯がバルサからすれば格好の休憩所。


shiruba-442.jpg

↑実際の試合から。このエリアにポゼッションの盟主を集結させてボールを渡さないバルサ。


shiruba442-2.jpg

↑これもノーリスクの休憩所からバイタルでの間受けを狙う場面。
明らかにバルサはここを起点にボールと試合を支配していました。

その上でバルサは左からイニエスタ&Jアルバが、右からはアレクシス&Dアウベスがシティのブロックをワイドに引っ張ってから中のスペースを突く得意な形に持ち込んでいきます。

これをやられるとシティがキツイのは「プレミア最強のボランチペア」に距離が生まれてしまう事なんですね。


【ワイドに引っ張って中を突くバルサ】
iniedori.jpg

局面はバルサが左からの攻めでシティに揺さぶりをかけるシーン。

シティの右サイドがバルサの攻めに対して引っ張られているので
カバーにつり出されたフェルナンジーニョとヤヤとの距離感が開いてしまいます。


iniedo2jpg.jpg

ボランチの「門」が開いていると判断したイニエスタは巧みなファーストタッチで2人の間を突きます


iniedori3jpg.jpg

そのままドリブルでバイタル進入。これではシティは守りきれません。


要するに4-4の2ブロックではバルサ相手に横幅68Mのピッチ全域をカバーしきるのは不可能なんですよ。

なもんでミランのアッレグリとかアトレチコのシメオネ、モウリーニョなんかもバルサ相手には4-5の2ブロックにして
横に5枚(3センター+両ワイド)並べる事でサイドもケアしつつバイタル封鎖という策をとってきた訳なんですけども。

故に試合ではペジェグリーニもさすがにこれじゃ守れないと察して
途中からある程度外は捨ててブロック全体を中に絞らせる対バルサ用テンプレに修正するのでした。

【守備ブロック全体を中に絞らせるシティ】
citishibori.jpg

これで序じょにバルサの攻撃に対抗する目処がついてきたシティ。
外からクロスを上げさせる分には中でコンパニ兵長やフィジカルモンスターのヤヤがいるので全く問題ありません。

加えて重要なのはこれでボランチの距離感もぐっと近くなってバイタルも閉鎖出来た事ですね。


【距離感が近いと門が開かないシティのボランチ】
shibori1.jpg

局面はバルサの中盤での展開から。

迎え撃つシティはナバスがある程度外は捨てて中に絞る事でボランチの距離感もグッと縮まっています。


citishibori2.jpg

この状況ならバルサが強引に中を突こうとしても・・・


citishibor32.jpg

ファッションモ~ンスタ~♪ならぬフィジカルモンスターのヤヤとフェルナンジーニョの門は強固なのでそう簡単にこじ開ける事は出来ません。

普通のチームであれば前線に2枚を残した8枚ブロックだとバルサ相手にはなかなか守れる自信が無いものですが
そこはさすが戦力充のシティだけあって個々の質が高いので対バルサ用のテンプレをしっかり実行出来れば8枚でも充分に守れてしまうんですね。


<戦力充の脅威>

守備にある程度目処が立ったシティですが、じゃあ攻撃の方はどうだったのでしょうか?

バルサからすると担保されたボールポゼッションで相手をある程度押し込んでおく事は同時に守備でのリスクヘッジにもなっているはずなんですが、シティは前に残した2枚(シルバ+ネグレド)だけでも充分怖さがあります。

【シルバ+ネグレドでもカウンターは脅威】
konpa.jpg

局面はシティのビルドアップから。

ここにコンパニ兵長クラスがいるのがシティの強みでここから鬼のようなグラウンダーのタテパスをビシッ!とバイタルまで通してしまいます。


konpa2.jpg

このタテパスを間受けしたシルバが完璧なファーストタッチ&ターン


konpa3.jpg

前のネグレドはバルサの両CBに挟まれていましたがシルバは針の穴を通すがごとく
この隙間にピンポイントでスルーパスを通してシュートまで持って行ってしまいました。

これがシティの怖さで8枚ブロックからの2枚カウンターでもそこそこの形になるんですよね。


<それでもメッシを置いておく事の意味>
img_5e6204a082819f161fcae2153198884.jpg

前半を総括すると序盤は完全にバルサが主導権を握って得点は時間の問題かという雰囲気を醸し出していましたが、
中盤過ぎから序じょにシティが盛り返して最終的には五分に近い形で終わったといったところでしょうか。

おそらく両指揮官共に「想定内の前半」だったと思います。

バルサはバルサでイニエスタを起用した狙い通りポゼッションは今季のゲームでも上出来の内容でしたし、
シティはシティで8枚ブロックで守ってからのトップ下に移したシルバを起点にカウンターという形が作れていましたから。

となると何がこの均衡を崩すのか?という点でやはり「メッシの取り扱い」が勝敗を分けるターニングポイントになってしまいました。


基本的にはこの試合、精彩を欠くメッシに対してシティは上手く守れていたと思います。

中絞りのブロックディフェンスで間受けを狙うメッシへのパスコースを遮断しつつ、
背後からはCBのデミチェリスがDFラインから飛び出して中途半端な位置で待つメッシをしっかりと捕まえていました。

【メッシを捕まえるデミチェリス】
demiti0228.jpg

↑こういう場面でデミチェリスは迷わずDFラインから飛び出しメッシをケア。
残りのDFラインもしっかり中に絞ってカバーのポジショニングをとっています。

メッシ自身のキレが今ひとつ・・・(否、二つ?)だった事もあって
前半はほぼ何も仕事らしい仕事をさせていなかったデミチェリス。

確かにボランチとしてはク○だけど
コンパニとCBを組ませる分にはまだごまかしが利くかなーと思っていた矢先の後半8分―

バルサの攻撃を一度は跳ね返した後にシティはDFラインの押し上げで齟齬が生まれしまい
ギャップが出来ていたところに再びボールが入ってくると
それまで半分死んでいたメッシがトップギアで裏に抜け出す大ピンチの場面。

ここで元々スピードの無いデミチェリスは入れ替わられた瞬間にノーチャンスという恐怖感があったのでしょう、
後ろから足を引っ掛けて一発退場&PK献上。

これで試合は事実上ジ・エンドでした。

(バルサ相手にビハインドを負いながら残りの35分間を10人で戦えとか・・・OTL)


バルサからするとこれが死にたいでもメッシを前線に残して守備免除で置いておく事の意味なんでしょうね。
シティは分かっちゃいるけどそれまでメッシをほぼ抑えきっていたところに一瞬の油断が取り返しのつかない結果を招いてしまいました。


<試合巧者のバルサだが絶対的な強さは影を潜める>

最後に試合の総括としては、やはりそれでもバルサがイニエスタの起用から読み取れる狙い通りに全体的に上手くコントロールしていたと思います。

試合運びという点でシティとは「欧州舞台での経験値の差」を感じさせた事は間違いありません。


とは言えシティが11人の時は勿論、10人になっても尚、ズルズルいかなかった・・・というかちゃんと試合になっていたのは勝ったバルサ側にもかつての突き抜けた強さが影を潜めたからだと見ます。

そして、その主要因とも言えるのが、敵陣で速やかにボールを回収出来なくなったプレッシングでしょう。


【リトリートするもスペースが・・・】

barumanobi0228.jpg

↑今季のバルサは守備で自陣に引いたリトリートもよく見せていますが、
個々の運動量に物足りなさがあるのと一旦引く守備じゃあシャビもセスクもイニも中盤のスペースをカバーし切れないし身体でも止められません。

故にそもそもの大前提としてプレッシングがかかりにくくなっている事を踏まえて次のシーンを見ていただきましょう。↓


【ボールを回収出来ないバルサ】
barukari1.jpg

局面は右サイドでボールを持ったナバスをバルサが挟みに行ってボールを奪おうという場面。

以前であればここで完全にハメて、ボールを奪うのが十八番だったバルサ。


barukari2.jpg

ところがここではナバスに中に入り込むようなキープのドリブルを入れられると次に囲い込む網が用意されておらず、中盤は完全なスペースに。


barukari3.jpg

ナバスは一旦ボールをCBのデミチェリスまで下げると・・・


barukari4.jpg

バルサは一度ナバスの動きに守備が引っ張られているので再び右サイドに展開されるとここがポッカリとスペースになっていました。


barukari5.jpg

ほぼフリーの状態のまま前を向けたヤヤトゥーレは充分余裕を持った状態でバイタルへクサビを打ち込みます。

これだとボールを回収出来ないどころか、ぶっちゃけ相手に回されてるじゃねえかって話なんですよ。
最近のバルサが以前ほどぶっ飛んだポゼッション率を記録しなくなったのも
「失ったボールを相手に回されているから」なんですよね。

まあ、だからこそ【ボールを回収出来ないならボールを失わない事でリスクをコントロールする】という
イニエスタのWG起用は確かに理に適ってはいるんですが・・・。


過去のデータから言っても0-2のリードをカンプノウに持ち帰るバルサの勝ち抜けはほぼ9割方決まったと見ますが
ベスト8以降もどこまでごまかしながら戦っていけるかは未知数です。

それこそ、ペップのチームなんかと当たってしまった時には「どっちが本家なんだ?」という試合にならなければいいですが・・・。




*「まーたバルサdisって炎上狙いですか?(笑)」と思った貴方はクリック↓

海外サッカー ブログランキングへ


【プチ告知】
明日の日本代表×ニュージーランド戦(19:30~)で久々に実況ツイッター解説を開催する・・・かも?

ツイッターID⇒@soccertenthou

関連記事
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク