スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナの原点回帰 ~開幕戦から見えてきた今季のバルサとは?~

2013-08-07THAILAND.jpg
<バルセロナの原点回帰 ~開幕戦から見えてきた今季のバルサとは?~

『いかなる視点からしても、私は目新しい事など何もしていない。保存されていた物を再び使ったに過ぎない。
私の使命は、選手達が行うのを止めてしまったいくつかの事を取り戻すことだ。』

開幕戦を終えたバルサの新監督マルティーノのコメントだ。

バルセロナはその言葉通りの戦いでレバンテを7-0と圧倒。
国際的な知名度で言えば正直「あんた・・・誰?」のマルティーノ監督はひとまず説得力のある内容と結果を周囲に示してみせた。

バルセロニスタはもちろん、そうでないサッカーファンも今のバルサについての興味は一つ。
果たしてバルセロナは復活するのか?

そこで今日はこのマルティーノ新監督が指揮を執る今季のバルサについて
開幕戦から見えてきた展望をいくつか検証してみよう。


<前プレの復権>

そう、改めて今季のバルサに託された使命は「復活」である。

本来、昨季のリーガをぶっち切りで優勝したチームに対して「復活」もクソも無いのだが、
CLにおけるバイエルンへの敗れ方となんならコンフェデのバルスペイン代表の決勝惨敗まで背負い込んで
今やすっかり「負」のイメージで語られてしまっているのがバルサの現状だ。

それだけ周囲の期待値も高いこのチームの命運を託されたのがマルティーノ新監督で
正直、僕も彼に対する事前の情報は0と言っていい人物なんですけどね。(^^;

勿論、2010W杯であの岡田JAPANと激闘を繰り広げたパラグアイ代表の監督だったとか
ビエルサと師弟関係にあるだとかそういう諸々の情報は伝え聞いてはいるが重要なのはピッチ上で実際にどんな仕事が出来るか-である。

では注目の開幕戦からマルティーノが送り出した今季最初のオーダーを見てみよう。

【FCバルセロナ ~レバンテ戦のスタメン~】
baru-numa0820.jpg

イニエスタ、Jアルバは代表の遠征に帯同していたとかでメンバーから外れている。

布陣は従来通りの4-3-3で注目のネイマールはベンチスタート。
なるほどまずはバルサイズムが浸透している従来のメンバーで固めてきたという事か。

それだけバルサというチームのサッカーは特殊だし、このチームではいかにネイマールと言えどもポジションは競争を勝ち抜いて掴むものという新監督の意思表示にもなっている。

マルティーノ『ネイマールはチームに合流した翌日に遠征に発つなど慌しく過ごしてきた。
観客を喜ばすためにメッシと一緒に並べるのは、彼に肉体的な負担を与えることになりかねない。
彼が新しい環境にいち早く適合するのが狙いだが、もう少し時間が必要だ』


さて、今季のバルサ新監督にとっては、まず取り掛からなくてはならない重要かつ急務な命題がある。

それが「前プレの復権」だ-

何と言っても昨季、バルセロナの失点が倍増しCLでも苦戦を強いられた一番の原因は
敵陣で失ったボールを前プレで回収出来なくなった事による。

あのペップがライカールトから指揮を引き継いだ当時もロナウジーニョデコがあまりにチーム内でアンタッチャブルな存在となっており、練習態度も散漫で課せられた守備も放棄。
結果、チームとしてのモラルが著しく低下していた現状を見たペップは最初の仕事としてこの2人をチームから追放した件は記憶に新しい。

実は昨季のバルサにもこれに似た兆候が現れていてチーム内でメッシという存在があまりに肥大化していた結果、
ペップ時代にはチームに前プレのスイッチを入れる役割を担っていたはずのメッシが全く守備をしないという状況に陥っていた。

故に今季バルサのイスに座る指揮官が成功するか否かは何を置いてもまずは低下したチーム内のモラル向上、
つまりは「前プレの復権」こそがその鍵を握ると見ていたのだが・・・。

では早速開幕戦からバルサの前プレを検証してみよう。


【バルサの前プレ ~13/14ver~】
mesi0820-1.jpg

局面は左から右へと攻めるバルサがレバンテ陣内奥深くまで攻め込んでからボールを失った場面。

まずはボールを失った張本人であるアレクシスがボールホルダーへファーストプレスを仕掛ける。

ここで重要なのがセカンドプレスを担うメッシの役割で
次のパスの出所をメッシが抑えられるかどうかでこの前プレの成否は決まると言っても良い。

ちなみに昨季はこういったシーンでことごとくメッシが傍観を決め込んでいた為に
せっかくのプレスの網に綻びが見られたり、メッシがサボっている分わざわざ逆サイドからペドロが走って急行したりとチグハグな場面が目立っていた。

さあ、果たして今季はどうなる・・・・?


mesi0820-2.jpg
クララが立った!・・・じゃなくてメッシが動いた!


img_433539_23838376_0.jpg
アレクシス(左)『私・・・信じてた』 メッシ(右)『今までゴメンね…』


いやー、バルサの歴史に刻まれるべき感動のシーンである(笑)

これならイケる!前プレの復権だ!


mesi0820-3.jpg

メッシのセカンドプレスを受けてボールを前に持ち出すのは不可能と判断したボールホルダーは攻撃方向に背を向けてGKへバックパスを下げるしかなくなっている。

注目して欲しいのは相手のボールホルダーが背を向けた事でアレクシスも加勢出来る事と
次の受け手にはもうブスケスとペドロが動き始めてパスコースを殺している点である。


mesi0820-4.jpg

・・・で、ここからGKにやけっぱちのロングボールを蹴らせている分にはバルサの守備は安泰という訳である。

マルティーノ『我々は当初から特にプレッシングに重点を置いてきた。
目新しさと言えば、より長い時間に渡りそれが実践できたことだ。チームが披露した前半のプレッシングには満足している。』


マルティーノ!出来る子だったのね…!

どうやらバルサの新監督としてやるべき事は分かっているようであり、これにはバルセロニスタも一安心。
もしこれが1シーズン通して続くようであれば、バルサは再び隙の無いチームとして帰ってくる事だろう。


<セスクの復活>

続いて攻撃面も見ていこうと思うのだが、ここで残念だったのが相手のレバンテのグダグダっぷり。
何とバルサ相手に4-4-2のゾーン守備で真っ向勝負を挑む自殺行為で華々しく散ってくれた。

今更ゾーン守備を破壊するスペシャリストのバルサ相手に中盤を4枚にした正攻法の4-4-2はプレミア勢でも侵さない愚行である。

ちょっとレバンテがあまりに無策だったので、そこは割り引いて攻撃面は見ていく必要があるのだが
それでもおおまかな傾向とやりたいサッカーの輪郭らしきものは見えてきた。

まずはセスクの組み込みである。

昨季、チームへの組み込みに苦戦した挙句、終盤は完全にベンチメンバーへと落とされた感もあるセスクという資源をいかに再活用するかは補強策よりも重要な問題だった。

そこでマルティーノは一度セスクの役割を整理し、昨季はメッシの代役として使われたりしていたセスクを
もう一度メッシとの縦関係から裏へ抜ける受け手として活用し始めた。

【メッシとセスクの縦関係】
bar0820-1.jpg

局面はバルサのビルドアップからタテパスが入る場面。

メッシとセスクの基本的な位置関係はトップのメッシが前で中盤のセスクがそのすぐ後ろという
「つかず離れず」の立ち位置を常にお互いが意識しているフシが強かった。(恐らく監督の指示)


bar0820-2.jpg

…で、ボールが別のところでプレーされている間にセスクがメッシを追い越して裏へ抜けるという関係である。

これで相手のDFラインは裏へ抜けるセスクに対応してラインを下げればバイタルでメッシがフリーになり
メッシを捕まえようとすればセスクに裏を取られるという按配である。


では更にこの動きをチーム全体のメカニズムにまで視点を広げて、バルサの攻撃の全容を探ってみよう。


【バルサの攻撃メカニズムの全容】
bar2-0820-1.jpg

局面は先程と同じようにバルサのビルドアップから。

やはりここでもボールと関係のないところで既にセスクが裏へスタートを切っており、
この動きで相手のDFと中盤のラインを引っ張ってメッシとシャビをフリーにする狙いである。

(それにしてもレバンテはシャビに対してスペース空け過ぎだろwww)

加えて両ウイングのペドロとアレクシスは両翼に張り出した位置取りをキープ。


bar2-0820-2.jpg

シャビがボールを受けて前を向く頃にはセスクがDFラインを引っ張っているので結果的にメッシがバイタルでフリーになれそう。

守る側としてはこの2人の縦関係を強く意識せざるを得ないので中を絞れば、今度は両翼が空く…というメカニズムである。


そう、これは何と言う事は無い。
バルサの試合を見てきた方ならご存知の通り、これはペップ時代に築かれたメカニズムそのものである。

ここからペップは「外は捨てて中を絞る」というバルサ対策に苦しんだ訳だが、今のバルサはそれで抑えられる程甘くはない。

それは恐らくシーズン中にこの場面で左に張るのがあのネイマールになるからだ。

そもそもネイマールというタレント自体、「バルサシフト」を崩壊させる為にやって来たと言っても過言ではないだろう。
コンフェデではクラシコでも対戦するであろうSラモス、カシージャス相手に左45度のエリアから切れ込んでゴールニアの天井をぶち抜いた破壊力は記憶に新しい。

バルサシフトの時代に終止符を打つ存在として他チームは今から眠れない夜を過ごすがいい(笑)


裏に抜けるセスクとバイタルに降りてくるメッシ、そして中を絞れば外からネイマールと
まさに今季の青写真を描いてみると空恐ろしい決戦兵器が出来上がりかねないのだが・・・。(^^;


最後に意外と事件だと思ったのがマルティーノが71分にメッシをベンチに下げた事

まあ既に試合の結果は決まっており、普通のチームであれば当たり前の話なのだが
フル出場にこだわるメッシの性格が考慮されてこれまで何点差がつこうとフル出場は半ば当たり前になっていたからだ。
勿論、昨季はそれが完全に裏目に出てフル出場を続けたメッシはシーズン終盤の大事な時期にコンディションがボロボロ。バイエルン戦での惨敗に繋がった。

いわゆる監督と選手の力関係が逆転しかけていた象徴的な事例だが、こういうチームは例外なく一つの時代を終えていく。

その意味でマルティーノ新監督がチームにノーマルな一線を引き直した事は特筆していいと思う。

マルティーノ『拮抗した展開でメッシを交代させる監督などどこにもいない。
しかし、早い段階で勝負を付けることができた試合では、彼がシーズンを通じて良い調子を維持できるよう体力を温存できるというものだ』



まあ、それでも開幕戦はレバンテがちょっとアレ過ぎたので、(^^;
次のスーパーCUPでアトレティコ相手にどこまでやれるかを今季の一つの指標として見てみようと思います。



P・S 最後に言い忘れましたがブログのデザインを一新してみました(笑)
従来のは「ダサい」「読みづらい」という意見があったもので(^^;・・・いかがでしょう?
他にも何か要望などありましたら遠慮なくコメント欄等に書いて下さいネ!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マティーノ表記と何故プリメーラにいた期間も少ないヌマンシアと間違えてるのかがすごい気になる。

Re: 名無しさん

> マティーノ表記と何故プリメーラにいた期間も少ないヌマンシアと間違えてるのかがすごい気になる。


本当だ!完全にボケてましたスイマセン・・・(^^;

至急、修正しましたので!

店長…疲れてるんですね(T-T) それかヌマンシアに個人的な恨みでもあるんですか?(笑)

私は現在スマホから閲覧してるので、ブログデザイン変更は関係ないですね~ やっぱり内容重視で!

メッシのコンディションも大事ですが、ここのブログファンにとっては店長のコンディションも大切です! 暑いですし体調には気をつけてくださいね!

No title

前プレが継続できれば以前のような強さが戻ると思いますが、継続することは何事も大変なことだと思います(笑)

メッシの場合、監督云々ではなく昨年の悔しさがモチベになっているような気もします……

気になったのが前回のコメントで少し書かせてもらいましたがレバンテの無力さ(?)についてです。
ただの無策ならいいと思うんですが(いや、プロとして良くないのですが)、戦う前から諦めていた(試合として形は作るけれど……みたいな)としたらリーガの環境はかなりまずいなと思いました。

リーガにはモウリーニョみたいな人物がいたほうがいいのかもしれません。(目潰しはいらないけれど、相手のモチベも引き上げる監督はそうはいないと思います)

No title

思っていたことをすべて言ってくれてありがとうございます!

去年と比べて良い意味でメッシが目立たなくなり
組織の一員としてしっかりと機能し始めたのでホッとしています。

しばらくしたらまたバルサレビューよろしくお願いします!!

これはバルセロニスタとして安心出来ますね!!

これでメッシが昨シーズン並の得点を出したらもう手をつけられないですよね(笑)

ネイマールが左………
セスクが中央……
イニエスタはどこで起用されますかね?
イニエスタの起用方法が気になります

今はスマホから観てるのでなんの問題は無いのですが、ガラケー時代は文章は良くても画像が見にくかったですね

No title

前プレの復活は、過去のずっとバルサのターンというトラウマが甦ってきます(ガクブル
最近はホームでならそこそこのチームはバルサと互角以上に戦えていたので、アンチバルサの僕は店長の記事を読んでただただ震えるばかりです(苦笑)差し当たっては、明日早朝のアトレティコ戦ですね!

No title

メッシの怠慢が今後も改善されていくとすれば、それだけでひとまず監督人事は成功といっていいでしょうね!メッシがここまで守備をしたのは昨シーズンのCLミラン戦2ndレグが最後ですね(というか昨シーズンはそれが最初で最後では!?www)
メッシの途中交代もビラノバは1度もやらなかったと思います。これも良いところでしたね。
昨シーズンは、同レベル以上のビッグクラブ相手では、メッシが勝利の要因にもなり、敗北の要因にもなるという究極のジレンマに陥っていた気がするのですが、店長はメッシがこの調子でいけばビッグイヤーもありえると思いますか?

No title

今まではネイマールが加入したと聞いてもへーすげーなぐらいにしか
思ってませんでしたがこうやって店長が文章と図で解説してくださるだけで
恐怖心が沸いてきました(笑)

マンUファンの僕から見ても去年のバルサならワンチャンあるかな?
って感じでしたが前プレをちゃんとやるバルサには勝てる気がしません(^^;

今年のCLでもバルサは再び猛威を振るいそうですね!

ちなみに店長は今年のCLで上位に進出してくるであろうチームは
どこだと思いますか?

No title

バルセロナとアトレティコの試合の解説お願いできないでしょうか。

クララが立ちましたか!店長の分析を見るかぎり、マルティーノは大丈夫そうですね。
バルサとマドリーは、退屈な虐殺ショーを積み重ねていくんでしょうね。リーガ、大丈夫かな…。
僕もスマホから閲覧させていただいていますので、分かんないです。ごめんなさい(^^;;

Re:メヒーシャさん

> 店長…疲れてるんですね(T-T) それかヌマンシアに個人的な恨みでもあるんですか?(笑)
>
> 私は現在スマホから閲覧してるので、ブログデザイン変更は関係ないですね~ やっぱり内容重視で!
>
> メッシのコンディションも大事ですが、ここのブログファンにとっては店長のコンディションも大切です! 暑いですし体調には気をつけてくださいね!



新手の夏バテでしょうか・・・(^^;

いや多分これ書いたのが東京ドーム参戦(AKB)の前日だったので興奮し過ぎていたのでしょう・・・。
そうだ、きっとそうに違いない・・・。

Re: わさび唐辛子さん

> 前プレが継続できれば以前のような強さが戻ると思いますが、継続することは何事も大変なことだと思います(笑)
>
> メッシの場合、監督云々ではなく昨年の悔しさがモチベになっているような気もします……
>
> 気になったのが前回のコメントで少し書かせてもらいましたがレバンテの無力さ(?)についてです。
> ただの無策ならいいと思うんですが(いや、プロとして良くないのですが)、戦う前から諦めていた(試合として形は作るけれど……みたいな)としたらリーガの環境はかなりまずいなと思いました。
>
> リーガにはモウリーニョみたいな人物がいたほうがいいのかもしれません。(目潰しはいらないけれど、相手のモチベも引き上げる監督はそうはいないと思います)



モウみたいな分かりやすいキャラがいると一種プロレスのような場外乱闘(ピッチ外でのマスコミを使った)も楽しめますからねー(^^;

レバンテはあれでしたが、早速アトレティコがスーペルコパでいい試合をしてくれましたので、こちらもマッチレビューしようかな…と。

Re: ハラエスタさん

> 思っていたことをすべて言ってくれてありがとうございます!
>
> 去年と比べて良い意味でメッシが目立たなくなり
> 組織の一員としてしっかりと機能し始めたのでホッとしています。
>
> しばらくしたらまたバルサレビューよろしくお願いします!!



「戦術メッシ」からの脱却ですよねー今季は。

先日のアトレチコ戦もレビューしようかな…と思っております。

Re: みかしんさん

> これはバルセロニスタとして安心出来ますね!!
>
> これでメッシが昨シーズン並の得点を出したらもう手をつけられないですよね(笑)
>
> ネイマールが左………
> セスクが中央……
> イニエスタはどこで起用されますかね?
> イニエスタの起用方法が気になります
>
> 今はスマホから観てるのでなんの問題は無いのですが、ガラケー時代は文章は良くても画像が見にくかったですね



イニエスタは恐らくセスクとポジション争いって感じになるでしょうね。
というより中盤の2列目をイニ、シャビ、セスクで回す感じでしょうか。

Re: HBKさん

> 前プレの復活は、過去のずっとバルサのターンというトラウマが甦ってきます(ガクブル
> 最近はホームでならそこそこのチームはバルサと互角以上に戦えていたので、アンチバルサの僕は店長の記事を読んでただただ震えるばかりです(苦笑)差し当たっては、明日早朝のアトレティコ戦ですね!


まーでもアンチの人も実はバルサが歯ごたえないとつまらない…ってところ無いですかね?ww

叩きがいのあるバルサが戻ってきましたよ(笑)

Re: ササミカレーさん

> メッシの怠慢が今後も改善されていくとすれば、それだけでひとまず監督人事は成功といっていいでしょうね!メッシがここまで守備をしたのは昨シーズンのCLミラン戦2ndレグが最後ですね(というか昨シーズンはそれが最初で最後では!?www)
> メッシの途中交代もビラノバは1度もやらなかったと思います。これも良いところでしたね。
> 昨シーズンは、同レベル以上のビッグクラブ相手では、メッシが勝利の要因にもなり、敗北の要因にもなるという究極のジレンマに陥っていた気がするのですが、店長はメッシがこの調子でいけばビッグイヤーもありえると思いますか?


昨季のメッシは完全に個人のモチベーションで守備をするかどうか決めてたところがありましたよねww

個人的には間違いなく今季のビッグイヤー候補の一つに入ってくると思っていますよ!

Re: dynaさん

> 今まではネイマールが加入したと聞いてもへーすげーなぐらいにしか
> 思ってませんでしたがこうやって店長が文章と図で解説してくださるだけで
> 恐怖心が沸いてきました(笑)
>
> マンUファンの僕から見ても去年のバルサならワンチャンあるかな?
> って感じでしたが前プレをちゃんとやるバルサには勝てる気がしません(^^;
>
> 今年のCLでもバルサは再び猛威を振るいそうですね!
>
> ちなみに店長は今年のCLで上位に進出してくるであろうチームは
> どこだと思いますか?



CLの上位は今年も固定された常連組で間違いないでしょう。

スペイン2強+プレミア勢+ブンデス2強+ユーベ このあたりは確定と見ます。

あとそこに1~2チームのサプライズ枠があるかないかですが・・・まあ、ここも順当にいけばポルトガル勢とロシアorウクライナの富豪達でしょうかね?(^^;

Re: 名無しさん

> バルセロナとアトレティコの試合の解説お願いできないでしょうか。


了解しました!多分やります!(笑)

Re: onelove2pacさん

> クララが立ちましたか!店長の分析を見るかぎり、マルティーノは大丈夫そうですね。
> バルサとマドリーは、退屈な虐殺ショーを積み重ねていくんでしょうね。リーガ、大丈夫かな…。
> 僕もスマホから閲覧させていただいていますので、分かんないです。ごめんなさい(^^;;


スマホ勢多いな・・・(^^;

リーガはアトレチコが昨夜さっそくやってくれましたので光が見えてきましたよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。