スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年サッカー10大ニュース

今回が2013年最後の更新になります。
今年1年お付き合いいただきありがとうございました。

年末最後の更新は毎年恒例「サッカー10大ニュース」ですね。
今年でもう4回目なので前身のブログから読んでいただいている常連にはお馴染みのやつです。

では今年一年をしみじみと振り返りつつ参りましょう。


<店長が選ぶ2013年 サッカー10大ニュース>


241739_heroa.jpg
【第10位 落日のカシージャス】

昨年のEUROで前人未到の連覇を達成し、優勝CUPを誇らしげに掲げるスペイン代表のキャプテンを見た時、誰が今日の姿を予想出来たでしょうか?

当初は前指揮官モウリーニョとの個人的な確執によってベンチ送りにされたと思われていましたが、
その後同じように確執が報じられたSラモスがスタメンに復帰し、監督が代わった今もマドリーのベンチに座り続けるカシージャスの姿を見る限り
どうやら「私は純粋にGKとしての実力を比較してDロペスをスタメンに起用している」というモウリーニョの言葉は本心だったと見るべきでしょう。

確かに今季も安定感のあるパフォーマンスを維持しているDロペスとカシージャスを比較した場合、
一昔前の 川口能活と楢崎正剛との関係性に似たものがあるのかもしれません。

両者共に実力的には甲乙つけがたくその時の調子の良さや、
あくまで指揮官が求めるGK像の違いによって立場が入れ替わっているに過ぎないのではないでしょうか。

カシージャスとDロペス。

この2人を比較した時、前者はBIGゲームでの強さと当たった時の神がかり的なパフォーマンス、
そして抜群の反射神経によるシュートストップと1対1の強さに長けていて、
後者はシーズンを通した安定感とハイボールの処理、
そして足でのボール扱いを苦にしないキック技術の高さとそれに伴う守備範囲の広さに秀でていると言えるでしょう。

モウリーニョ就任当初のマドリーはロナウド、ディマリアらのスピードを 活かしたカウンター戦術を武器としていたので
DFラインの設定も深く、カシージャスが求められるGK像とピタリ一致していたのかもしれませんが
「引いて守るだけではいつまで経ってもバルサには勝てない」と悟った3年目のシーズンはチームの重心を高い位置に押し上げる方向で進められていたので
DFラインも高い位置取りとなり、その裏の広大なスペースをカバーする為には必然的に守備範囲の広いGKが求められるようになった変化は無視出来ません。

一方、困ったのはスペイン代表を率いるデルボスケです。

デルボスケのチームは攻撃のメカニズム自体「メッシ抜きのバルサ」なのでバルスペイン代表とも言えるんですが、
実は守備に関してはかなり安定志向でバルサやレ アルのように極端にDFラインを高い位置で留まらせる事はしません。

ポゼッション率が高いので自然とチーム全体が押し上げられる傾向はあるものの、
一度相手にボールが渡ってパスを回され始めたら高い位置での無理な奪還はスッパリ諦めて
自陣でのリトリートディフェンスに切り替える割り切りがあります。

このサッカーだと多分デルボスケは今もカシージャスこそが理想のGKだと考えていて
それはチームのキャプテンであるという事以上に毎週試合があるクラブと違
短期決戦のW杯では「大舞台での経験値」こそが重要視されるからでもあるのでしょう。

そういう意味では現マドリー監督のアンチェロッティがCL限定でカシージャスを使う起用法は苦肉の折衷案として実に彼らしいな…と思えなくもないですね(^^;




biezeman.jpg
【第9位 ビエルサ&ゼーマン解任】

このブログでも散々推してきた僕が崇拝する両監督が揃って解任。

その変態的なまでに攻撃サッカーを追求する姿勢は一部マニアを歓喜させたものの
一部の頭の堅いサポーターとフロントは「失点ガー」「成績ガー」とか眠たい事を言い出す始末。
(だったら最初から呼ぶな!www)

まあ、皮肉にも(?)両名を解任した後、今季のビルバオとローマは目下絶好調。

う~む・・・もしかしてこの2人は「世界最高の踏み台監督」なのか?www







KAKITANIvsURUGUAY.jpg
【第8位 ジーニアス柿谷の大ブレイク】

今年の日本サッカー界の「顔」と言えばこの人で間違い無し。
なんせ篠田麻里子から年賀状が来る男ですからね。
(うらやまけしからん)

まあ、単に柿谷が日本マスコミのスターシステムに乗せられただけとも言えますが、意外と重要なのが彼の取り上げられ方です。

これまで日本サッカー界でクローズアップされてきた選手達のセールスポイントと言えば
「抜群の得点力」「スター性」「キラーパス」「華麗なドリブル」はたまた「イケメンのルックス」といったところでしたが、
柿谷は初めて「トラップ」が注目された選手と言ってもいいでしょう。

・・・いえいえ、勿論分かっていますとも。
普段からサッカーに詳しい皆さんなら以前からこの競技における「トラップ」の重要性は百も承知だった事でしょう。

しかし、一般大衆に向けた番組で柿谷が紹介される時、
そのVTRが単なるゴール集でもドリブル集でもなく「トラップ集」なのは非常に意味がある事だと僕は思うのです。

Jリーグ発足から20年かけて注目されるプレーが「ゴール」⇒「ラストパス」⇒「トラップ」まで来たのだと思うと感慨深いものがありませんか?
(この調子だと「インターセプト」や「カバーリング」が注目されるにはあと20年必要かな?(^^;)


又、低迷が叫ばれるJリーグにあって柿谷の集客力はニュースにもなる程で
「セレ女」なる新規ファンを開拓しているんだとか。

聞いたところによるとこの「セレ女」は美女揃いという噂もあり・・・


コールリーダーも女性となっ!?



ce268868.jpg
・・・ちょっくらセレッソのゴール裏行ってくるわ。





【第7位 Jリーガー合コン騒動】
dac841fc-s.jpg



報道当日―


benge0901.jpg
店長『JリーガーとAKBメンバーが深夜の合コン?どうせ研究生とかTVにも出ない下位メンバーに決まってるお。
全く・・・あいつら意識が低いんだよな・・・まあ、一応ネットでチェックしてみるか』





bengaru1.jpg
店長『とは言え・・・ドキドキしてきたお。どうか名前も知らないメンバーであって下さい・・・!!』





bengaru2.jpg






【柏木由紀 Jリーガーと深夜の合コン】
bengaru3.jpg



う・・・ウソダロ・・・。






もし扇原が日本代表に選ばれた際はセル○オ先生もビックリの8割増辛口でマッチレビュー書いてやるからな。







【第6位 ザックJAPAN 守備崩壊】
wor13081509500002-p3.jpg

本ブログ読者の皆さんであれば、これまで繰り返し言ってきたように僕はあくまで
「急にザックJAPANの守備が崩壊したのではなく、単に対戦相手のレベルが上がっただけ」というスタンスですが
世間一般のザックJAPANを取り巻く空気は今年1年ジェットコースターのように上下動していたのでした。

それにしてもW杯予選突破⇒コフェデ惨敗⇒ベルギーに快勝の間に日本国民が見せた見事な手のひら返しは
昨今サッカー界のトレンドにもなっているインテンシティの高さをまざまざと実感させるもので、
出来れば来年はピッチ内の方でもそれを見せてもらいたいですね(笑)

とは言え今年最後のベルギー遠征で「終わりよければ」何とやらでもないですが、
(実は2試合合計で3失点してるんだけどねww)
いい空気でザックも年を越せそうです。








img_1187568_38702203_0.jpg
【第5位 本田△ようやくミラン移籍】

「安心するのはまだ早い」「契約会見を見てからだ」「いや、練習合流を待ってだな・・・」
「なんならミラノダービーで長友と握手するまでは安心出来ない」

狼少年ばりに疑心暗鬼になっているファンの心情はさて置き、今度こそ本当に移籍が決まりそうですね。

既にミランのメガストアではHONDAのユニフォームも発売されているらしいですが、心配なのはミランのチーム状態です。

すっかりプレミア&メッシロナウドが海外サッカー報道の中心となっている我が国では
果たして今季のミランについてどれだけ正確な情報が行き渡っているのか、かなり疑問もあるんですが
恐らく今季ミランの試合を1試合でもフルで見た事のある日本人が果たして何人いるのか・・・(爆)

華の無い中盤、三試合に一回退場するエース、サパタの芸術的なやらかし・・・etc

下手をすると香川以上に厳しい環境が待っているやもしれませんぞwww










BXoLVRECcAE4dLz.jpg
【第4位 サッカーマガジン月刊化】

一つの時代が終わったような気がしますね。

初めてサッカーを見た中学生の頃から少ないお小遣いで今週はダイジェストとマガジンのどっちを買おうか悩んでいた時代が懐かしく思い出されます。

時は流れ、現在の日本サッカー界が置かれた厳しい状況を象徴するような出来事だったのではないでしょうか。

実は今年は縁あって前編集長の北条さんとご飯をご一緒する機会があったのですが、
まーとにかくサッカーに対する熱い思いが尽きない方でサッカー談義が始まったらマシンガントークの半端無い事(笑)
(また何か新しい媒体でのご活躍を期待せずにはいられません)


…で、新しくなった月刊サッカーマガジン「ZONE」でしたっけ?

評判も悪くないし、スタイリッシュな感じもするんだけど、
個人的にはどうしても「コレじゃない感」がまだ拭えないんですよね・・・(^^;









21f14351b2f27e9a8e29588de96f4b1c.jpg
【第3位 ドイツの時代到来】

CL決勝のドイツ対決に始まり、いよいよ時代はドイツに風が吹いています。

もはやクロップとペップのサッカーを見ずに現代サッカーは語れない時代になってきました。

観客動員、最新のスタジアム、放映権料の分配、安定したクラブ経営、ユース育成の強化、
全ての面においてお手本となるべきリーグ運営は経済の流れから考えても
今後ますますイタリアとスペインが苦しくなっていく事が予想されるので
次はいよいよワールドクラスの選手達がドイツに集う日もそう遠くはないのでは。

余談ですけどスカパーは早よ欧州サッカーセットにブンデス組み込んでくれ(涙目)









EFBC92E382B9E38386E383BCE382B8E58F8DE5AFBEE6B5A6E5928C.jpg
【第2位 Jリーグ2ステージ制問題】

この問題についてはこれまで散々言われ尽くしてきたので敢えて今ここで蒸し返すつもりはありませんが、
とにかく今年外せない事件だった事に異論は無いかと。

一言で言えば・・・「Jリーグって思ってた以上にヤバくね?」って感じですね(^^;

個人的には小手先の2ステージ制度が観客動員の起爆剤になるとは到底思えないので
もっと根本的に「どうしたらJリーグを見に来てもらえるのか?」を考える時に来ているのかもしれません。

実はここに魔法の一手なんてなくて、「試合の質」「サッカーの質」を高める以外に方法は無いと思うんですけどねぇ・・・(^^;









saf13051431.jpg
【第1位 ファーガソン引退】

まー今年はやっぱりコレに尽きるでしょう。

その報道が世界中を駆け巡った時の衝撃ときたら―

ファーガソンの偉大さは今季のユナイテッドを見れば一目瞭然で、
いなくなってその存在の大きさを改めて痛感しているファンも多いのではないでしょうか。

…本当、あの戦力でよく優勝まで持っていけたもんだな!(爆)


ファギーの勇退は思わぬ余波を日本のファンにもたらしていて
何と言っても我らが香川真司が完全に今季詰んでしまっているんですよね・・・OTL

(スコールズみたく来年いきなりカムバックしてくれんかなー(^^;)






<ではまた来年!>

今年1年はこのブログも2ちゃんに晒されたり、日本代表関連で炎上したりと色々ありましたが無事年越しを迎えられそうです(爆)

来年は重大ニュース(?)の発表や、何と言ってもW杯がありますからねー。
大会期間中はもう寝ずにマッチレビューをUPしまくるしかないか?www

あとはやる夫@ベンゲルに続く新しいキャラもデビューさせたいな…とか(笑)

とにもかくにも来年も現代サッカーの最先端を変態的に追い続けていくつもりですのでヨロシク。


それでは皆さん・・・・よいお年を!




*「あ…そういや今年一度も下のボタン押してないや」と思った貴方はクリック!↓

海外サッカー ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント一番乗り~
今年も一年、お疲れ様でした。
ブログ本当に楽しかったです。
このブログで今季一番印象に残ったのは2年めのジルーですかね。
「静かにしろい この音が・・・ オレを甦らせる 何度でもよ」
が頭からこびりついて離れません。
連戦疲れで調子落ち気味のジルーですが、ゴール決めて蘇ってくれと願っておきます!

では、来年も良い年でありますように!

No title

ボールを受けに行く度、持つ度に放置されるミケルを見ていると悲しい気持ちになるこの頃ですが店長の記事を読んでいなければそういうこともわからずに漠然とした一年を過ごしていたと思います。

この一年を通して解ったことはサッカーに限らずある分野のことを知りたければ好きな人の話を聞くのが遠回りのようで一番近道なのかな、ということでした。

来年は

ペップ・モウはどんなチームを作るのか

日本代表はどうなるのか

モ○ーズは店長に弄られ続けるのか? それとも新たなネタキャラが出てくるのか(笑)

このあたりに注目していきたいと思っています。


一年お疲れさまでした。よいお年を

No title

店長、こんばんは。

毎年のことですが、フットボール界はニュースに事欠かないですよね。
普通の会社員よりもはるかに短い勤務年数なので、時間の流れるスピードも違うからなのでしょうか。

それはさておき、ビエルサ・ゼーマンが残した遺産というものは偉大なのでしょうね。アスレティック・ビルバオとローマが躍進しているのは、彼らが残したベースがあってこそだと確信しています。後任監督があくまでバランス重視にしているため、攻撃力はやや落ちるものの守備力があがった、といったところなのでしょうか。

とはいえ「娯楽性」という点から観るとやはり見劣りするのは否めないですね。ローマのキックオフ時のハーフウェー8人横並びはゼーマンをあまり知らなかった私には壮観でした。

逆にレアル・マドリー、バルセロナの両巨頭はモウリーニョ・ペップの残した遺産に苦労しているようです。マドリーのほうはシャビ・アロンソの戦列復帰もあって徐々に遺産の処理も進んでいるように見えますが・・・。

来年は、リベリがメッシのバロンドール連続受賞を止めるか、バイエルンが史上初のチャンピオンズリーグ連覇なるか、W杯でメッシが伝説になるか、といったところに注目したいです。個人的にはアーセナルがバイエルンの夢を打ち破ってほしいですね!

最後に今年も1年間ブログ更新お疲れ様でした。私自身、まだまだフットボールを観る力が不足していますので、店長のマッチレビューだったりを引き続き参考にしながら養っていきたいです。来年も楽しい記事に期待してます!

それでは、よいお年を・・・。

店長、2013年もブログ更新お疲れ様でした。自身、なかなか忙しい生活のなかで、「このブログだけは…!」と全て楽しく読ませていただきました。

僕たち古参読者からしたら、サッカー10大ニュース1位は「店長、ネット界から姿を消す!?」ですよ(^^;;
あの期間は何だったのか…結婚でもしてしまわれたのかと思いました笑

結果的に更に密度の濃い記事が見れたのでよかったですけどね^_^

あ、そうそう。一つ忘れてましたが、「香川真司、プレミア初ハット」
は一体何位くらいですかね?

更新お疲れさまです

店長さんのブログは最初から最後までおもしろくてとてもためになる素晴らしいブログでした

僕は死ぬまでこのブログを読む予定なので店長さんも死ぬまで更新してくださいね?w

1年間ありがとうございましたm(__)m
そしてまた来年もお願いします(^^)

更新ありがとうございます!

私はサンフレの試合を観戦したりします。2連覇してるチームですが、ホームスタジアムは老朽化して何よりも中心地から遠い遠い(ーー;)
Jリーグの問題はホントに様々だなと
思いました。

ミラノダービーで日本人がマッチアップするってことで、クラシコ観るような気持ちで観たら…笑
代表での本田しか知らないので、ミランで本田がどう苦しむのか(爆)
否、どういうプレイをするのか観てみたいです!

店長のブログを知ったのが休止直前、復帰後は毎回楽しく拝見させていただいております!
無理し過ぎないペースで良いですので、このブログは更新し続けて欲しいです。
来年も楽しみに更新をお待ちしております!!
ではでは、良いお年を!

一年間お疲れ様でした!

僕がこのブログを見始めたのは今年なのですが、大変興味深い記事ばかりで
久しぶりに、いいブログを見つけたな、と感じました

超個人的(世間の認知度全く関係なしでww)の10大ニュースは
10.期待の新星、南野
9.日本代表、W杯出場決定
8.本田、遂にミラン
7.ハッピーワンの帰還
6.絶望のスリーライオズ
5.ノースロンドンの"赤い方"にエジル加入
4.ブンデス・レボリューション〜第二次戦術戦争〜
3.ベイル・ショック
2.ファギーの勇退と脳筋モイモイ
1.ビラスボアス解任

ですwww
一位は何と言われても譲れません(爆)

来年もよろしくお願いします^_^

No title

お疲れ様でした!店長のブログ本当に楽しかったです!

私は攻撃サッカーを熱く信望しているのですが、ビエルサとゼーマンがいなくなったのは非常に悲しかったですね・・・なんでこのサッカーを理解してくれないんだ!?と当初は憤りを覚えていました

ですが彼らの残した遺産が今のローマ、ビルバオの好調につながっていて非常にうれしい気持ちです!ガルシアとバルベルデは感謝しろよ~

それと、香川どうなりますかね?ノーリッジ戦で的外れな意見で叩かれ、本人も自身が見られなくなっている・・・こんな状態ならマクレスター珍Uではもうだめだと思っていますが店長だどう思いますか?やはり移籍でしょうか?

・・・あっそうだ!モイモイを解任してゼーマン&ビエルサの二頭体制による究極のスペクタル攻撃サッカーを行えばおそらく!?(ないとは思いますがw)

No title

今季のミラン見ている数少ない男ですw(その代わり、他はアーセナルくらいしか見てませんww

『とりあえずCLで戦った縁もあるし、アヤックスとかセルティックからDF貸してもらったらイイんじゃね?』とか思ってたりしてww(少なくともヤツらのが足元は上手かったぞ(^_^;)



あ、そうそう、天皇杯のレビュー予定はありますか? 実は楽しみにしているんですが(笑)

今年一年間お疲れ様でした!

店長としてはブログ移行やら炎上やらAKB卒業者続出やらで色々大変だったと思います。

私も1~2年前に貴ブログを発見しまして、こんな面白いサッカーの見方があるのか!と目からウロコがぼろぼろ落ちてしまいました。ブログが一時閉鎖したときには目の前が真っ暗になったような気持ちでしたが、またこの面白おかしいブログを見ながら今年を過ごせて幸せでした(*≧∀≦*)

来年は重大?ニュースもあるということなので(○レッソ選手に対抗して合コン参加決定とか!?ww)、更新楽しみにしてます!あ、でも無理はしないで下さいね!

今年のサッカー界は中東やアジア資本がますます参入してきたな…という印象ですね。カーディフや躍進するモナコ、名門のインテル、さらにバレンシアにも噂があって経済格差の影響は大きいなと感じてしまいます。願わくはむやみに混乱する方向にいかないでほしいなーという心境です・・・

やっぱり、ファーガソン勇退→モイーズ就任→香川出場機会激減ですかね。
たくさんのサッカーファンが、やきもきしたと思います。
僕個人では、名古屋のストイコビッチ退任です。
Jリーグは、また一つ華を失いました。
店長、一年間どうもありがとうございまし!
おつかれさまでした( ´ ▽ ` )ノ

No title

「ゴール」⇒「ラストパス」⇒「トラップ」まで来たのだと思うと感慨深いものがありませんか?

物事始原に近い事の方がより重要でしょうね。(ゴールを生む端緒であるトラップ等)
逆に視覚的、感情的に陥れる物事の方よりも。(ゴール等)

読み、必然を生む知性こそ最高の技術でしょうね

No title

ゆきりんの合コンよりも、店長がベンゲルさんそっくりなことに衝撃をうけてますw

個人的な今年最大のサッカーニュースは店長のブログとの出会いです。
いつも面白くて分かりやすい記事をありがとうございます。
読むたびにサッカーが好きになります。

来年はいよいよW杯!
CLも面白いことになりそうですし、
移籍のホンダとチームヒエラルキー3位?の長友のミラノダービーも始まりますね。
0.5トップを採用したさっしーシステムが総選挙を経てどう進化していくのか見どころです。
来年もまたよろしくお願いいたします!

No title

いつも見させて頂いてます。
来年はW杯イヤー、代表選手のコンディションが気になります。
もしよろしければ、代表選手の技術的な長所、短所を簡単にでもいいので個人別に教えて欲しいです。
あと香川が結果を残せない原因はリーグの性質の差、マンUというチームの戦術的欠陥、香川自身の変化、のいずれですか?
店長の視点でまとめて頂けないでしょうか。
来年も宜しくお願いします!

更新お疲れ様です。僕自身サッカーを見る目をつけたいと思っていたときにこのブログに出会えました。来年も楽しみにしています!
ところでもしよければアメブロ時代のブログも見てみたいのですが教えていただけますか?

No title

ユナイテッドは一時の酷いときと比べるとリーグカップのストーク戦から試合の質は少しずつ変わってるとは思います。ボールを中々前に運べないと我慢できずCBが適当にロングボール蹴ったり、強引に縦突破オンリーのウィング。こういうところは
改善されてきてはいます。ポゼッション率もかなり上がってきているのでは?と思いますね。バレンシアが後ろ見て縦突破無理くさいと見たら一旦後ろに戻すとか、「あのバレンシアがバックパスだと・・・・」って感じです。こんなの(序盤の)ユナイテッドじゃないないやいってゴールはちらほら見えてきています。

そんな中身が改善されてきたユナイテッドでも香川は浮いてる感じがするのは否めません。「香川がフリーだ。出せ。そこだ。」ってところでスルーされますし、基本今乗ってる奴(今で言えばウェルベック)や実績ある奴(ペルシーやルーニー)に優先的にパス出すチームです。欲しいときにもらえず、逆に貰いたくないところでパスが来るって感じです。

相手ゴールに背中向けてパスを貰いがちな香川にも問題はありますね。ボールホルダーの斜め前でパスを受ければ視野を確保しやすいですし、もっと前を向きやすいのにと感じます。

カウンター発動した時の絶妙なポジショニングや正確なスルーパスを見ると(オフサイドにはなりましたがチチャリートの足元にスポッととても
もどかしいんですけどね。。やっぱ移籍しか無いですかね。

No title

僕はダイジェスト派でした^^

選手名鑑が付いてくる時期は、マガジン、ダイジェスト、あとストライカーも買ってました^^
なぜか、ワールドサッカーダイジェストを買ってるやつが嫌いでした。
何、カブレてんだよって感じで(笑)
今は僕もそういう系統の雑誌の方が好きなんですが^^;


それでは来年も楽しみにしてます。

No title

一年間お疲れ様でした。
このブログに出会えただけでも良い一年でした。
これからも硬軟取り混ぜた店長節炸裂の記事を楽しみにしています。
個人的に気になったのは9位のニュースで、ビエルサとゼーマンは正直タイトル何それ美味しいの?美しいフットボールをするんじゃい!なスタンスが店長を筆頭に変たryフットボールファンを熱狂させてやまない訳で、ツンデレはよくないですよ(笑)。まあ信条と心中しちゃう為にスタイルにバランスを加えた退任後の絶好調という悲しい現実がちょいちょい顔を出すわけですが・・・しかし、そう考えると理想のスタイルと結果を両立させているペップってやっぱり化物ですね。ペップも進撃の巨人にいそうです(笑)。
あとは日本代表関連で本大会の成績が店長の逆フラグ発動のために悲しい結果になり炎上しないことを祈るのみです。。。

No title

リーガ派の自分としては中心がブンデスに行ってしまったのが何より寂しいですねー。勿論栄枯盛衰、流れの速いサッカー界では致し方ないのですけども。

やはりクラブ以上の背景を含んだマドリーvsバルサのクラシコこそ最高の一戦であって欲しいです。

今年一年お疲れ様でした。来年も楽しみにしています。

No title

一年お疲れさまでした。
来年も楽しみにしています!

個人的な驚きニュースは
ラームのアンカー起用です。
背丈のハンデもありますし、まさか・・・・でした

コメント御礼

>ナツユキさん

今年もスラダンネタはちょいちょい挟んでいきますよ!




>わさび唐辛子さん

>>ある分野のことを知りたければ好きな人の話を聞くのが遠回りのようで一番近道

完全同意ですね。
アウトプット、言語化の上手い下手はありますが、色々な人の視点を知るのが一番だと思います。

今年もミケルには厳しいブログですがよろしくお願いします。(笑)





> F9Tさん

ゼーマン、ビエルサにとどまらず今年も面白い監督、チームはビシバシ取り上げていいくつもりですのでお楽しみに!





>マンチェスター香川さん

>>「香川真司、プレミア初ハット」

最近のかわいそうな香川があまりに不憫過ぎてすっかり忘れてました・・・(^^;





>ブルーズさん

死ぬまで変態宣言ありがとうございます!(笑)






>G さん

広島は市長からしてアレですからサンフレッチェは大変ですね・・・(^^;






>スパーズ推しさん

>>1.ビラスボアス解任

このネタで近々1回記事をUPしようかな~とボンヤリ考えております。






>zura さん

先日の香川、ルーニーの2ボランチ&香車4トップを見て「このチームはもうあかん・・・」と確信しましたww

移籍がベターだとは思いますが、監督解任も近いような・・・?(爆)






>大雪国のミラニスタ さん

今年の天皇杯決勝は塩試合だったのでナシです!ww

さて、今年は某選手の移籍によって日本に大量のニワカミラニスタと「何このチーム!?」という失望のバッシングが予想されますがお互い頑張りましょう(笑)







>メヒーシャさん

大島優子卒業・・・・OTL

サッカー界がスペインクラシコ⇒ドイツクラシコへ移ったように一つの時代の終わりを痛感しました。






>onelove2pacさん

ストイコビッチは現役の頃から個人的にも大変思い入れの強い選手なので感慨深いです。

次はピクシーJAPANも見てみたいっすねww
W杯で革靴ゴール早よ!





>つばさ さん

>>「ゴール」⇒「ラストパス」⇒「トラップ」まで来たのだと思うと感慨深いものがありませんか?

そーなんですよ、少しづつではあるんですが確実に進歩はしているんですよね。

いまだこの国でサッカーの「守備」に関しての議論は「DF(吉田)のやらかし」がメインという寂しい状況ですがそれもあと20年ぐらいすると変わってくるんでしょう。






>超大型小人さん

大島優子卒業で完全なる0トップ移行なのか次世代CFの誕生なのか気になるところです!







> noname さん

香川に関してはまず世界有数のいプレミアリーグというレベルの舞台で、しかも名門ユナイテッドですから、どんな選手であっても苦労するのは当然です。
(ロナウドもレギュラー定着まで3年近くかかっていますし)

あとはマンUの戦術に自身のプレースタイルをどれだけアジャストしていくか…という部分もまだまだで、実はこの辺に関しては本田、内田らの方が柔軟な部分です。






>なはっしーさん

ありがとうございます。
残念ながらアメブロのURLは消滅してしまっているので、今後過去記事を細々とUPしたいな…とは考えているんですけどね(^^;







>ace さん

若いヤヌザイの方が香川よりプレーの確実性では劣っても勝負のプレーで上手くアピール出来ているし、周囲の評価も高いですよね。

このへんが香川がユナイテッドでポジションを勝ち取るヒントになるかもしれません。
あのクラブで、あの舞台でまず求められている事は何か?
一般の会社員でも求められるそういう自己アピールを今年の彼には期待したいです。






> テツさん

実は僕も昔はダイジェスト派でした(^^;

そこからWSDにかぶれて(笑)、今はほとんど何でも読む感じです。






>アンディさん

ビルサ&ゼーマンネタが書けないので彼らには今年一刻も早い職場復帰を!

W杯本大会期間中はかなり細心の注意を払わないと即炎上でしょうねww
また2ちゃんで晒されたりするんかなー(笑)






>ドドリアさん

まあ、スペインのクラシコも必ず盛り返す事でしょう。

あの試合に関してはトレンドの一言ではくくれない歴史的な背景がありますからねー。




>照り焼きボーイさん

ラームは今、一番伸びているサッカー選手かもしれないですねー。






No title

本田の成功はバランスブレイクの存在がミランに居るかに懸ってると思います。
今シーズンはミランの試合見れてないんで居るのかどうか分からんのですが

本田も屈強な外国人を背後に背負ってボールを何秒もキープできるような選手ではないわけで、日本代表でも香川というバランスブレイカーがマーク剥がして
前を向けるようになってから本田が前向いて生き生きし始めましたよね。

今のミランがリスク背負ってでもポジションチェンジ上等なチームであれば本田の成功は間違いないと思うのですが。。どうなんでしょう店長。

Re: aceさん

正直、今のミランの中盤に気の利いた選手はほとんどいません。

なので恐らく本田、カカ、バロテッリのトリデンテが独力でとってこいのプロビンチャ戦術になるような気はしてますがセリエAではそれも立派な一つの戦法かと・・・(^^;

後ろからそれなりのボールが期待出来るのはかろうじてモントリーボぐらいですかねぇ・・・。



> 本田の成功はバランスブレイクの存在がミランに居るかに懸ってると思います。
> 今シーズンはミランの試合見れてないんで居るのかどうか分からんのですが
>
> 本田も屈強な外国人を背後に背負ってボールを何秒もキープできるような選手ではないわけで、日本代表でも香川というバランスブレイカーがマーク剥がして
> 前を向けるようになってから本田が前向いて生き生きし始めましたよね。
>
> 今のミランがリスク背負ってでもポジションチェンジ上等なチームであれば本田の成功は間違いないと思うのですが。。どうなんでしょう店長。
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。