スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超攻撃的サッカーのススメ ~ロジャーシュミットとは何者か?~

454060176.jpg
<超攻撃的サッカーのススメ ~ロジャー・シュミットとは何者か?~

どうも、ご無沙汰しております(^^;

前回はアギーレJAPANを取り上げましたが、元々このブログの本職は欧州サッカーなのに今季全く取り上げておりませんでした!

・・・で、久々の更新だってのに今が旬のマドリーだのペップだのモウリーニョチェルシーでもなく
かと言ってファンハールのチームをdisるでもなく、敢えてのレバークーゼンネタ!

これでこそ変態ブログって感じでしょう?www


というのも今季、僕が個人的に1番注目しているのがレバークーゼンだからなんですけど。

何故か?と言えば今季からこのチームの指揮をとる事になった1人の男が、僕の変態レーダーにビビビッ!と反応したからですね。
「遂に変態サッカーの頂を目指す道のりに新鋭が現れたか・・」と、そんな感じです。

このブログのヘビー読者の方ならご存知の通り、僕がリスペクトする監督ってのは勝敗を超えたところで「一つの美学」を追求しているタイプの男達。

例を挙げると殿堂入りのビエルサ師匠に始まり、カルチョの世界で異端の攻撃サッカーを貫くゼーマンやドリームチームを築き上げたクライフ、そしてここ最近だとペップあたりがこの道の求道者です。

面子を見ても分かる通り、かなり厳しいハードルを超さないと僕は尊敬を込めて「変態」の称号はあげられないんですが
ここに1人、新たに名前を加えるべきなのが前述のロジャー・シュミットという男です。

184059813_m.jpg

では彼が一体何者なのか?について話を進めていきましょう。

そもそも彼が世界にその名を轟かせたのがちょうど1年前-
当時オーストリアの強豪ザルツブルクを率いていた彼がペップのバイエルンを相手に3-0の快勝を収めた試合です。

この試合、ザルツブルクはバイエルンに全くサッカーをさせないまま、文字通りサンドバックにしたのでした。
僕が今年観た試合の中でも一番の衝撃を憶えた試合でもあります。

試合後、敵将に脱帽のペップがこんなコメントを残しています。

グアルディオラ『この試合が我々の目を覚まし、進むべき正しい道を教えてくれた。
シュミットは常に攻撃的な姿勢を持つ優秀な監督で、ファンにとってもサッカー界にとっても待ち望んでいた人材と言える』


その手腕が認められシュミットを巡っては今季のシーズンオフ、欧州のクラブ同士で獲得合戦が繰り広げられた結果、
ドイツのレバークーゼンの指揮をとる事になりました。
(そう、これでペップ×シュミットがブンデスリーガで観られる事になったのです。)

では果たしてペップをしてここまで言わしめる彼のサッカーとは一体どんなものなのでしょうか?


2158014_w2.jpg
<攻撃、守備という概念を超えたボールとの一体化>

シュミットの手腕は今季、早くもブンデスリーガの開幕戦から遺憾なく発揮されてます。
ドルトムントを相手に持ち前の超攻撃的ハイプレスでキックオフから僅か9秒で決勝点を奪うというブンデスリーガ記録を塗り替えての快勝。
(思えば今季のドルはこれがケチのつき始め(^^;)

そんなシュミットのサッカーを一言で表すなら「ゴールから逆算したボールとの一体化」です。

当たり前ですがサッカーという競技はゴールの数を競い合うものであり、そのゴールはボールを相手ゴールに入れる事でカウントされます。
故にシュミットが目的とするのは「攻撃」とか「守備」ではなく、とにかくボールをゴールに入れる事です。

どういう事か順を追って説明しましょう。

昨今、いわゆる「攻撃」という概念の一つでポゼッションの事を「ボールを握る」なんて表現されますが
その実、手を使えないサッカーでは文字通りボールは握れないのです。

つまり片方のチームがボールを持って「攻撃」しているように見えてもその所有権は安定したものではなく
常にインターセプトとボール所有権の入れ替わりの可能性に晒されているのです。

故にシュミットはその瞬間のボール所有権、つまりどちらが「攻撃」していてどちらが「守備」をしているかという概念に興味はなく、刹那的に今どちらかの足元にある(もしくはイーブンの状況にある)ボールへチーム全員でアタックを仕掛け、それをゴールへ運ぶというサッカーになります。

仮にボールが自分達のチームの誰かの足元にあるのなら、ゴールへ向かう全員の推進力は追い越しやサポートという効果をもたらし、もし相手チームの誰かがボールを持っていたのなら、それはボールを狩る狩猟へと姿を変えます。

つまり、ゾーンを守るとかブロックを作るとかって概念は二の次、三の次で、あくまで標的は「ボール」、そして目的は「ゴール」なんです。

では実際の試合からシュミットのサッカーの一端を検証してみましょう。

【シュミットのボールを標的にゴールを目指すサッカー】
開始1

↑これは今季のレバークーゼンの試合からキックオフの場面を抜き取りました。

2-1-7の並びが意思を感じるキックオフです。(変態乙)


開始2

キックオフされたボールをドリブルして(ファッ!?)サイドへ展開。

ここを発射台にしてゴールへ向かって一直線に走る4トップに向けてパス。

ここでポイントなのは、このパス(ボール)を結果として味方が拾おうが、相手が拾おうがあまり大した問題ではないという事です。

どちらにしろボールに向かって既にスタートを切っていますし、目的は最初からゴールと決まっていますから。

結果としてこのボールは相手チームのCBが拾うのですが・・・


開始3
そんな事、シュミットのチームにとってはどっちでも構いません。

すぐさま全員が標的のボールに向かって狩りを始めます。
(ゴールへの推進力をそのままボールへ向ける)

注目すべきなのはこの画面に7人もの赤いユニフォームが収まっている事であり、
キックオフ3秒後にして初期設定のポジションという概念など、とうの昔に捨て去られているという事です。

それはそうです。あくまで標的は「ボール」なのでお仕着せのポジションとかゾーンとかは邪魔でしかないし、
チーム全体が目指すのは相手ゴールなので常に全体の矢印も前向きです。


開始4
そしてここから一つ展開された相手のパスに対してこのボール狩りです。

よく見ると敵陣のアタッキングサードに赤いユニフォームが8枚ですww
(SBの潔い職場放棄っぷりwww)

つまり自陣には既に2バックしか残ってません(笑)

でも標的はボールなので、これでいいんです。
プレッシングをかけ続けている限り、ボールが勝手に自分達のゴールへ飛ぶ事はありませんから。


開始5

結局パスミスから2秒後にボールを狩り取ってしまいました。
(別に彼らにとっては「パスミス」という概念ですらもはやないのだろうけど)

そしてこの人数と推進力をそのまま相手ゴールへ向けるのです。

一連の流れを従来の概念で考えるとレバークゼンボールで始まったキックオフからパスミスで相手にボールが渡り、そこから再びレバークーゼンがボールを奪い返した・・・となりますが、
彼らのキックオフからの動きを見ればそこに一貫してあるのは「ゴールという目的を目指したボールへのアプローチ」であり、ボールの所有権は一旦行き来しているように見えますがレバークーゼンが終始「アタック」し続けていたというのが現実に近い見方ではないでしょうか?


近年の現代サッカーのトレンドでクロップのGプレスを筆頭としたインテンシティ強化の流れがありますが
シュミットのサッカーの凄いところはこれを「切り替え後の5秒」に限らず、試合を通して終始行うところにあります。

「アグレッシブにボールへ向かうハイプレス」なんて今ではよく聞くワードですが
その実、現代サッカーの遅攻及びビルドアップに対するハイプレスも
自分達の最終ラインで「+1」の数的優位を担保しているので相手のボールの出所に割く人員は常に「-1」の数的不利が基本なんですよ。

一番よくあるのが相手の2CBを1トップで見る形ですね。
2トップのチームでも守備時のオーガナイズでは縦並びにして片方のFWは相手のボランチをケアするのが基本なんで原理的には同じです。

例えばザックJAPANで言えば昨年のオランダ戦でやったのが2トップを縦関係にするこの形↓
【ザックJAPANの対ビルドアップ】
4231-433-2.jpg
オランダの3トップに対し、4バックで「+1」の数的優位(Sデヨング×吉田・今野)を作っているので
逆にオランダの2CBは大迫1人で見る「-1」の数的不利という関係性です。

4231-433.jpg

そしてこれは何もザックJAPANに限った話ではなく現代サッカーではどこのチームも取り入れているやり方ですね。


でもこれは最終ライン(自分達のゴールの一番近いエリア)で保険を担保する考え方で
優先順位が「ボール」と「相手ゴール」にはなっていません。

故にシュミットが相手のビルドアップに対峙する時の並びはこうです↓

【レバークーゼンの対ビルドアップ】
4-2-4-2
4バック相手なら4トップでしょうが!www

この並びでこうやってプレスをかけます↓

424-1.jpg

う~む、潔い変態っぷりだが、あくまでボールを基準(標的)にしてアプローチをかけるならこれが正しい姿勢ですな。

その昔ビエルサのビルバオが伝説のバルサ戦で行ったオールコートマンツーマンに通じるやり方です。
(変態は皆、一つの道へと集約される)

きっとシュミットから言わせれば
「ゾーンディフェンスはゆとり」「数的優位は温さ」「リトリートは負け犬」なんでしょう、きっと(笑)

彼のサッカーの凄さはこの「潔さ」なんですよねー。


では最後にそれが最も端的に現れたザルツブルク時代の対バイエルン戦を検証して締めにしましょう。

「ボールを握る」ポゼッションで現在世界一のチームと言えるペップのバイエルン相手にも果たしてこのやり方を貫けるのでしょうか?

【バイエルンのビルドアップに対するザルツブルクのアプローチ】
zaru1.jpg
局面はGKノイアーから出されたボール(標的)に早速GO!をかけるザルツブルクという構図


zaru2.jpg
1本パスをサイドに展開されたところでもうこの密集っぷり。
逆サイドのSHがここまで絞ってスモールコート形成とボール狩りに参加しているのがミソです。
(ボール!ボール!ボール!)

よく見るとこれ、バイエルンはサイドのエリアで6対4をやらされてるんですね。

通常、敵陣の深いこのエリアで攻めてる側が数的優位を作るって現代サッカーではほとんど見かけないシーンなんですけどもwww


ざる3
たまらずボールをCBのダンテに下げたバックパスに全員でGO!をかけるザルツブルク

これを見ても、もはやボールの所有権から「攻撃」と「守備」を定義するのはナンセンスだ!

(というかおまいら、バイエルン相手にもう少し敬意を払わんかい!(笑) 地元の大学生と試合してるんちゃうぞwwww)

但し、こういった密集でのロンドはペップのチームからすれば「俺達の庭」。
彼らもこのハイプレスを真っ向から受けて立ちます。


ざる4
ダンテがこのプレスを外してボランチへパス。
(っていうか、CBのダンテ相手に3枚行ってますがwwww)

ザルツブルクの方も外されようが標的はボールで続行。
すかさず第二の矢がボールへ急行。


ざる5
で、バイエルンはこの二の矢も外して大外でフリーになっていたSBのラフィーニャへつなげます。

この瞬間がポイント!

普通のチームであれば前プレが外されたこの場面では思考を「ボールを奪う」から「ゴールを守る」に切り替えて
バイエルンの攻撃をディレイさせながら全体を帰陣⇒ブロック形成に至るのがセオリー。

ましてやパスを受けたラフィーニャとザルツブルクのSBとの距離を見てください。
ここに出て行くのはいくらなんでも無謀・・・・


ざる6
ズサーー!!!⊂(゚Д゚⊂⌒`つ

行ったよ・・・オイ。


そう、コレなんです。シュミットサッカーの凄さ。

普通、「あくまで標的はボール」「前が外されたら後ろから出て行け!」って言われても
DFの本能からしたら前プレが外されているこの場面で自分の背後を空けて出て行くってのは恐怖以外のなにものでもないですよ。
(実際この場面でSBの背後でフリーになっているのはミュラーさんです)

チーム戦術だから・・・と言ったって、どこか後ろ髪を引かれながらの中途半端な寄せになってしまい、逆にかわされるという悪循環が普通。

でもシュミットのチームはそこのリミッターというかブレーキが外れちゃってるとしか思えないんですよねwww
(*注:褒めてます)

結果的にこの場面では、躊躇なく飛び込んだ第3の矢で潰して標的のボールを狩るんですけど
もし外されてたら2CBでバイエルンのアタッカー4枚と対峙する場面になってました(笑)

シュミット「ディレイは甘え」

【シュミット流プレス⇒前が外されたら後ろが出て行き、その間に前のプレスバックを同時に行う】


どこぞの代表チームの、ディレイ⇒ディレイで「結局ボール誰がいくの?」のままミドルどぅーん!を見慣れている我々からすると目まいを起こしそうなスリリングなサッカーがそこにはあります。

どこが相手だろうと「引かぬ!媚びぬ!省みぬ!」を貫くシュミットのレバークーゼンから今季は目が離せません!




*「来季のCLでは是非ビエルサ×シュミットの実現を…!!」と思った貴方はクリック!↓

海外サッカー ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久々に更新したと思ったら、シュミットかいw
海外サッカークラスタにとってはもう常識な注目チームですね!

震えがきそうなチームですね!
来年も変態ブログ更新を楽しみにしてます

変態店長~~更新、お疲れさまでした!

まさに、変態による変態のブログって感じでww

残念ながら、カリアリのゼマンは年を越すことなくクビになりましたが、圧巻の横一列キックオフは変態のなせる技でしたね!

来年も適度な更新を宜しくお願いします!

No title

更新お疲れ様ですm(_ _)m
でも、くやしいぃぃぃ。
「うまくいかなかったら……」という恐怖心を捨て去ったチームが大変面白いことは認めますが、個人的にはしっかりブロック固めて、ニヤニヤしながら(妄想)待ち構えているチームが大好きです。
リトリートが負け犬なんて言う(仮定)シュミットとは絶対友達にはなれませぬ!

次回はアジア杯……なんて放っといて、店長さんの変態力でなんとかマルセイユレポートをあげてくださると信じています(笑)

よい御年をm(_ _)m

No title

ロジャー・シュミット、面白いチーム作るなぁと漠然と思ってたんですが、そうか、変態ですか。
大変嬉しいブログの内容なんですが、一箇所だけ気になります
>但し、こういった密集でのロンドはペップのチームからすれば「俺達の庭」。
ザルツブルク対バイエルンは、ペップ就任直後の試合なんで、バイエルンにとってロンドはまだ「他人の庭」状態。
それどころか、「ティキタカやれ、って突然言われても出来ねーよハゲ!」って言いながら手探りで試合したら、ロジャー・シュミットにボコられた、って展開だったかと。
ま、そんな出会いがあって、現在ペップとシュミットが相思相愛なのは面白いですね

No title

>ペップ就任直後の試合なんで
すんません、ココちょっと語弊ありましたね。
ペップ就任半年のあの段階ではロンドが「俺たちの庭」には全然見えなかった時期だな、ってことです。
バイエルン好きの間では「ポゼッションとかウゼエ」ってのが大半の意見って雰囲気だったし、あの頃は

No title

一番後ろに居る事の多いプジョルが唯一ディレイをやるくらいで
ピケやらマスチェやら「おおい、お前ら抜かれたらロナウドとプジョルが1対1やで!!!」とかお構いなしにズサーーーーをしていたバルサのようなサッカーですねw
しかしこの手のサッカーはCBやGKにノイアー神やコンパニ兵長やプジョルみたいなケツ拭きの名人が居ないとなかなか厳しい・・・

日本はボールが自陣にある時は強気に守れても、押し込まれると途端に弱気に
なりますよね・・・間合いを詰めて行ってかわされたらそん時はそん時だろ!!ではなく、突破されないように守ってしまう。不必要に間合いを空けて相手に主導権を握られてコロンビア戦の2失点目みたくなってしまう。

ザッケローニは日本の弱みを誤魔化すためにハイプレス戦術を貫こうとしましたが
やっぱり弱みを誤魔化そうとしてもW杯レベルじゃ通用しないんですよね。
パスを繋ぐサッカーをしようにも尚の事こういうところが根治されないと。
失うのを恐れすぎるとインターセプトされかねないが、通れば大チャンスって
パスを出せない訳ですから。

ドイツがブラジルとやった時の2得点目とかクロースへのパスが危うくフェルナンジーニョにインターセプトされかかったんですが、あのパスが出せるのは
失ったら奪い返しゃいいじゃんっていうメンタルがあってこそだと思いますし

No title

店長、こんばんは。

久しぶりに覗いてみたら、更新されていたので(失礼)、
コメントしました。

2014年最後になるであろう更新がレバークーゼンっていうチョイスもさすが店長ってところでしょうか(笑)

毎年恒例だったベストイレブン企画はやらないのでしょうか?
もし時間があれば、年明けでもいいので教えて欲しいです。

では、よいお年と。

店長としては日本のディフェンス問題にかなり危機感を持っている故に、こうして最先端のディフェンスをPRしたい思いがあるという事ですかね。

しかしその最先端はますます日本のはるか先まで行きそうな感じですね。

初めてコメントさせて頂きます。

今季のレバークーゼンの試合は見ていませんが、店長の解説を読んで所謂「お団子サッカー」を思い出しました。小学生や未経験者にサッカーをさせると、多くの場合ひたすらボールを追い続けるサッカーになりますよね。
勿論シュミットのサッカーとお団子サッカーは全くべつものでしょうが、ある意味サッカーをする上での本能に立ち返ったサッカーなのかな、なんて思いました。

それゆえ弱点や脆さもたくさんありそうだと思いましたがどうなんでしょうかね。

No title

今年のレバークーゼンは違うなというサッカーをしてますよね
CLでは2位になったとはいえ1位のモナコを攻守とも圧倒してたと思います
決定力さえあれば1位通過も出来たでしょう
バイエルンとの親善試合は当時見ましたが確かに衝撃的だったです
決勝トーナメントの相手がアトレチコに決まりましたね
ブンデスを見ない人が、レバークーゼンかよ楽勝だなw、みたいな書き込みを
見ることもありますが決定力がつけばどう転ぶかわからないと思います

こんにちは、お疲れ様です


よく分析の際、静止画を使っていますが、その静止画はどこから取り寄せてるのでしょうか

可能なら教えてください

お久しぶりの更新ですね!

流石の変態店長!
そう言えば、昨年ナンバー紙ではザルツブルクはボール奪ってから8秒でゴールする練習してたとか…
凄まじいですね!

他で気になるのはビエルサマルセイユですね〜
お暇なら是非!!

No title

キックオフ時の2-1-7で惚れました!!

シュミット監督のレバークーゼーンチェックさせていただきます!

No title

 新年明けましておめでとうございます。

 この年末年始、誰もが休むサッカー界において、唯一リーグ戦を中一日という馬鹿日程で繰り広げる某国のように、更新した店長の疲労が心配でなりません(笑)

昨年はチェルシーを軸に度々試合を見てきたのですが(今年もそうなるかと)一試合の中で、例えばこのプレーは良かったのか、悪かったのかという結果に対する視点からは見れるようになったと思うのですが、そのチームの戦略やプレー中に考えていること、あるいは決められていることは何か? といった背景から見ることができないので、こういった「考え方」まで掘り下げて記事にしてくれるのはありがたいです。



コメント御礼

>ryoさん

今年はクラスタ以外にも変態チームを知ってもらいたかったので・・!!ww


>いとうさん

今年もよろしくお願いします!


>青葉のインテリスタさん

Jリーグでどこかゼーマンとか呼んでくれないですかねー笑



>ド素人さん

そういう嫌らしいサッカーも、それはそれの魅力が確かにありますよねー。
ポゼッションとかクソくらえ!みたいなww



>kyさん

確かにあの時期はまだティキタカ路線も固まってなかったですね。
今じゃ実力で周囲を黙らせた感もありますが・・・(^^;




>aceさん

逆説的にはそういう守備をしてるからこそ、プジョルもカシージャスも鍛えられたという側面もあるような・・・www



>F9Tさん

ベストイレブンやりますかねー(ニヤリ)



>タケさん

危機感というか・・・Jも代表もヌルい守備してんじゃねえ!って感じですかね。
エンターテイメントなので守備でも魅せてみろって話です。



>tak さん

勿論弱点もたくさんありますが、普通に戦っても負ける多くのチームはこういう局地戦をしかけないと勝ち目ないですからねー。



> rtさん

CLベスト4までは狙えるポテンシャルあると思いますよ!





>名無しさん

海外の動画サイトですね。
「サッカー 動画 フルマッチ」で検索すると出てくるようなこないような・・・ゴニョゴニョ



>ベル寒風 さん

今季の開幕戦でキッチリ、キックオフから9秒でゴールしてたのはやはり練習してたんですね。




>ハラエスタさん

シュミットのチームはキックオフから目が離せませんよ!



>わさび唐辛子さん

チェルシーも今季は強すぎて、特にツッコミどころがないから取り上げづらい・・・とか言ってみるww

変態さんいらっしゃい

レバークーゼンでそんな事が起きているとは。。

オイラもペップバルサ大好物の変態なので、
Yoチェックしてみます。

記事から見ると、攻撃、守備という概念を超えたサッカーのようですね。
ペップバルサには、時間という軸が戦術に取り込まれたのが、変態チェキでした。
クロップはGプレスで、考える時間を奪いました。
どちらも時間がキーだと思います。

シュミットは時間?そんなの関係ねーばりですかね。
攻撃と守備を分けないとういのは、変態戦術家は常にキーワードに上げますが、
それを実際にやる人は初めてでしょうか。

連休もくるので、じっくり見たいと思います。
でも、この記事の感じからすると、初見では血が沸騰する感じなのでしょうね。。

No title

初めてコメントさせて頂きます。

41歳の会社員で10歳からサッカーをしています。
中学生の時の部活の顧問の言葉で
『サッカーはスポーツじゃない!芸術なんだよ!
だからサッカー番組のBGMはクラシック音楽なんだよ!』
という変態(笑)に覚醒させられました。

店長のブログは有料でも見たいですし、本が出たら間違いなく買います!(笑)

私の近年のベストゲームは、2013年欧州CL決勝のドルトムントVSバイエルンですね。

内容が非常に濃いため、同じものを1ヶ月くらいかけて何回も読んで味わっています。これからもずっと期待して更新を待っています!
所々に挟まれる小ネタもツボです(笑)

コメント御礼②

>おにゅうたいぷさん

CLの決勝T1回戦でアトレチコとの
インテンシティ頂上決戦があるので是非見てみてください!



>ざるそばさん

おお、変態の同士がまた1人(笑)

ドル×バイエルンの決勝は
いまや見る影もなくなったドルのGプレスが凄かったですよねー。

今後も気長に更新をお待ちください

アトレティコ対レヴァークーゼン 2LEG

シュミット見てると、かつてのミラクルキエーボのデルネーリや鬼カウンターのクーペルバレンシアを思い出しますね。ゾクゾクします。

件のCLも120分で149キロ《アトレティコ》と150キロ《レヴァークーゼン》の変態的な走行距離でしたし、《チェルシーですら142キロなのに...》
ある意味でノーガードの打ち合いが最高にスリリングでした(笑)
それでも、レヴァークーゼンのかつての明治大学ラグビー部よろしく「前へ、前へ」の精神と敵バイタルでのソンフンミン、ベララビ、チャラハノール達のワンタッチパス交換はプレスだけのチームではなくて、シュミット的変態性を感じずには入られませんでした。
そして何と言ってもベンダーや途中から入ったロルフェスこの二人には感動すら覚えてしまいました。


この試合解説しないわけにはいかないでしょー?

No title

文体が気持ち悪い

No title

シュミットはラングニックが見出したそうですね。。

戦術的にも瓜二つのような感じです。
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。