スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーゲンプレスは死んだのか? ~ユベントス×ドルトムント~

2214146_w2.jpg
<ゲーゲンプレスは死んだのか? ~ユベントス×ドルトムント~

はい、今回はCLのベスト16からユベントス×ドルトムントのマッチレビューを久々にやりたいと思います。

というのも以前コメント欄で「最近のドルトムントの不調」と「ユーベの4-3-1-2システム」について取り上げて欲しいというリクエストをもらっていたので、この試合やればいっぺんに済むだろう的な発想です(^^;

ちょっと久々すぎてマッチレビューの書き方を思い出しつつ書いていく感じになりそうですが、まずは両チームのスタメンから~。

【ユベントス×ドルトムント】
sutamen0303.jpg

まずは今季欧州クラブシーンにおける最大のサプライズとなったドルトムント。
もはや逆噴射という表現すら生ぬるい沈没船スタートとなった悪夢のシーズンはようやく冬のインターバルを挟み、
年明けから3連勝という復調を感じさせる流れでこの試合に臨んでいます。(その後4連勝まで伸びました)

復調した大きな要因の一つとして言われているのが前線の再編成です。
今季、大エース・レバンドフスキの後継者として加入した陰毛・・・ならぬインモービレが
「セリエA得点王」という経歴査証疑惑まで匂わせる低パフォーマンスに終始。

当初は辛抱強く使い続けていたクロップもついにしびれを切らしたのか
オーバメヤンをCFに置いて2列目にロイス、香川、カンプルを並べた0トップ布陣に踏み切ります。

するとこれがバロテッリを見切って0トップへシフトチェンジしたどこかのチームと同様に大当たり。
前線の流動性が「機動力を活かしたドルトムントサッカー」の一片を取り戻させたと見ます。


続いてユーベ。

今季コンテの常勝チームを引き継いだアッレグリは当初「ミラン時代の4バック」に布陣を変更するだろうと言われていましたが、蓋を開けてみれば昨季と同じ3-5-2システムでシーズンをスタート。
早急な改革に走る事なく、まずは新チームを無難に離陸させる事に成功しました。

国レベルで資金力が低下しているセリエAは今季の移籍市場でもクラブ間の力関係を一変させるような大物移籍は0。
ならば既に完成されている常勝チームを継続する事で大きな波風を立てる事なく開幕ダッシュという、いかにもアッレグリらしい堅実なスタートと言えるでしょう。

今季も第1コーナーで悠々と先頭に立つと、満を持して4バックへのトライに着手。
いよいよアッレグリの代名詞でもある4-3-1-2の登場です。


2214195_w1.jpg
<ユベントスの可変式4-3-1-2>

アッレグリが既に出来上がっている常勝の3-5-2からわざわざ4-3-1-2へのシフトチェンジを試みているにのはいくつか理由があります。

まず一つ目は「このシステムが好きだから」という至極単純な理由ですね。
監督も人間ですから、自分のやり慣れた理想のシステム=過去の成功体験はバカに出来ないもの。
ザックが最後まで代表に3-4-3を植え付けようとトライしていたのも同じ理由からでしょう。

二つ目は追われる立場の宿命である「ユーベ対策」への布石という一手です。
戦術的なバージョンアップと引き出しはどれだけあっても余計という事はないですからね。

そして三つ目は、これが一番大きいと思うのですが、自身のリソースを考えた時の最適化です。
これまで長く「未完の大器」止まりだったポグバがいよいよ本格的にバロンドール候補へ一歩高みに昇り始めました。

これによりチームにはピルロ、ポグバ、ビダル、マルキージオという世界屈指のCHを揃えた陣容になったのは良かったのですが、今度は3-5-2の3センター布陣だとこの内1名をベンチに置かなければならないという贅沢なジレンマが発生。

故に手持ちの駒を最大限活かすのであれば中盤のイスを一つ増やした4-3-1-2という布陣は理にかなっているという事です。


では3-5-2と4-3-1-2では戦術的に何が大きく変わるのでしょうか?

最も大きな違いは守備ブロックの組み方です。
現代サッカーのビルドアップは2CBの間にボランチを降ろした3枚か、もしくは最初から3バックで行うか、
いずれにせよ「3枚で行う」というのが一つのテンプレートになっています。

これに対し3-5-2にしろ4-4-2にしろ前線が2トップで守備の3ラインを作る場合、
相手の3枚ビルドアップに対して前線の数的不利が常態になっています。

【2トップ(4-4-2、3-5-2)で3ラインを組む場合】
4-4-2-0303.jpg

↑これが2トップの場合の3ラインの基本的な組み方ですね。
3-5-2もボールサイドのWBは中盤のラインに位置を取る事が多いので相手ボール時は意外と4-4-2ブロックとあまり変わらなかったりします。

この布陣の利点は中盤とDFラインがバランス良い人員配置でまんべんなく守れる一方、
相手のボールの出所に対するプレッシャーはどうしても緩くなります。(2対3の数的不利なので追いきれない事も)

そこで相手のビルドアップの起点となるこの3枚により強くプレッシャーをかけたいなら前線を3枚にするという考え方も今では主流になってきました。

アッレグリが採用する4-3-1-2も守備時は4-3-3の3ラインを組むのが基本になります。

【3トップ(4-3-3)で3ラインを組む場合】
4-3-3-0303.jpg

これだと前プレはガッツリとハマる分、中盤は3枚で横68Mを守る為、どうしても横スライドを強いられた際に中盤にスペースが空いてしまうというリスクもあります。


ユーベでは「4つめのイス」として新たに設置されたトップ下にビダルを置いていますが、では実際の試合からアッレグリの4-3-1-2システムがどのように機能するのか解析していきましょう。

【アッレグリの4-3-1-2】
juve4-3-3-03012-1.jpg

局面はドルトムントのビルドアップに対応するユベントスの守備から。
ユーベの守備陣形は中盤の3センター+ビダル、テベス、モラタの前線3枚という並び


juve4-3-3-03012-2.jpg

ここから逆サイドにボールが展開されるとユベントスの守備はボールに合わせて横スライドしていく訳ですが
その際、中盤が3枚しかいないのでボールサイドのCH(ポグバ)が出て行った裏に一瞬スペースが生まれます。
(ピルロがカバーの位置まで完全に絞るまでの間)

ところがアッレグリのシステムではこのスペースをトップ下のビダルがカバー


juve4-3-3-03012-3.jpg

相手に中盤までボールを運ばれた際は4-3-3の守備ブロックから4-4-2のブロックへ変形。
これで中盤も隙無く埋められます。

更にここからボールが一度DFラインまで下げられると再びフォーメーションが変化するので
今度は4-4-2ブロックで守っているところからの局面を見てみましょう↓


juve4-3-3-0301【3】-1
局面は既に4-4-2で守備をしているところにドルトムントがDFラインへバックパス


juve4-3-3-0301【3】-2

ボールがDFラインまで下げられる動きに合わせて今度はビダルが一列高いところまで出て行って相手のボランチ(アンカー)をケア


juve4-3-3-0301【3】-3

これで相手のビルドアップには4-3-3の3ラインで守備を行えるアッレグリシステム。
ドルトムントの後ろの3枚に対して前線の3枚をマンツー気味に当てているので前プレもハマります。


つまりアッレグリの4-3-1-2は4-4-2と4-3-3のおいしいところ取りを狙った一挙両得可変式システムと言えるかもしれません。

昨季、アンチェロッティのマドリーがサイドのディマリアを攻撃時はWGに、守備時はSHまで下げる事で可変式の4-3-3を編み出していましたが、ユベントスはトップ下にマルチロールな役割を課す事で同じような効果を実現しています。
(ただマドリーのそれはどちらかというと運動量でロナウドとベンゼマのマイナス分をディマリアが補って収支をトントンに持っていく・・・的な発想だったのに対し、ユベントスのそれはビダルの運動量+戦術理解力で明らかにプラスアルファを狙ったもの)

今後、一つのトレンドとしてこの「可変式システム」は注目ですね。


<可変式システムの弱点>

試合は前半13分にユーベの先制で火蓋が切られる。
今季ドルトムントのアキレス腱になっているカウンターでSB裏のスペースを突かれる形。
(相手のウィークを突くカルチョの真骨頂ですな)

ドルトムントのDF陣ではセリエA最強の2トップ(モラタ&テベス)を止める術がなく、その後も2人の関係だけで度々崩されるハメに。

ところがユーベは先制の5分後にキエッリーニがホームの芝で滑るという一発芸をかまして試合を盛り上げてくれます。

悪い事は続くもので前半の37分には「一番怪我しちゃいけない選手」ことピルロが負傷交代。
代わりに出てきたのがセリエファンじゃなければ思わず「誰や!?お前!」と言いたくなるペレイラ登場。
世界的名手であるピルロの控えがコレか・・・と改めてセリエAの底力を見て他国リーグのファンもガクブルです。

この交代によりマルキージオがピルロの位置に入ってビダルが一列下がり、トップ下の位置にペレイラが収まりました。
問題はビダルの運動量と戦術的インテリジェンスに支えられていたこの可変式システムはどうなるのか?という事です。

実際の試合からユーベの守備がどう変わったのかを検証してみましょう。


pereira0301-1.jpg

局面は攻めるドルトムントがユーベのプレスを受けてバックパスをボールを下げる場面ですが
ペレイラのポジショニングと運動量がイマイチなのでここではモラタが中盤のヘルプに入っています。

このバックパスには当然トップ下のペレイラが出て行かなければいけないのですが・・・


pereira0301-2.jpg
ペレイラ「正直、どこを守っていいのかよく分からん・・・」

可変式システムの弱点は、それを可能にする戦術的キープレイヤーの能力に依拠しているところです。
走れるだけのバカでも、頭がいい地蔵でもこの役割は勤まらんって訳ですね。


pereira0301-3.jpg

重要な役割を担っているペレイラがフリーズしているせいでシャヒンはノープレッシャーで間受けを狙うギュンドアンにタテパス


pereira0301-4.jpg

それまでは鉄壁の3センター+トップ下で自陣のバイタルを完全封鎖していたユーベの守備ブロックに僅かな綻びが生まれるようになりました。




<ゲーゲンプレスは死んだのか?>
b9a46af7353ed7558e9ccbacc2680331.jpg

ユーベの中盤のクオリティが落ちた事で一転してチャンスが回ってきたドルトムント。
しかし今の彼らではその好機を生かせません。
今季、絶不調に陥ったドルトムントの要因を考えてみましょう。

まず、そもそも「今季のドルトムントはそんなにひどかったのか?」という疑問があります。

いや、勿論そんなのは成績を見れば一目瞭然なんですけど、
個々の試合をデータで振り返るとチャンス構築率とシュート数では昨年と同等かそれ以上の数値が出ているのも事実。

ただ、この競技の「決定率」という蜃気楼のようなものは水物ですし、
なんといってもこれまで度々重要なゴールを決めてきたレバンドがいません。

重要なのはそれでも昨年同様、崩すところまではいっているので
今の自分達のやり方を信じきれるかどうか、です。

面白いものでサッカー選手といってもしょせんは人間、
結果が出ないと自分達のサッカーに疑心暗鬼が生まれ、後ろ髪を引かれた中途半端なサッカーへと悪循環が加速⇒
気がついたら元の姿は跡形も無くなっていた・・・的な流れはサッカーではよくある話。

そんな今季のドルトムントを象徴するようなシーンをこの試合から一つピックアップしてみました。


【今季のドルから見るGプレスの現在】
g-puersu0301-1.jpg

局面はドルの攻撃で今、オーバメヤンがシュートを打つ瞬間です。
このシュートはブロックされてこぼれ球がユーベの元へ(攻⇒守)


g-puersu0301-2.jpg
ハイ!ココ!

この攻守の切り替わりの瞬間こそ伝家の宝刀ゲーゲンプレッシング発動の好機であります!


開始5
シュミット(今だっ!狩れ!!)



g-puersu0301-3.jpg
ん・・・????

一人がボールにプレッシャーをかけている間に全員が速やかに帰陣・・・・って、お前らモウリー○ョのチームかよっ!!


g-puersu0301-4.jpg

1枚ぐらいのプレスじゃ今のポグバは捕まりません。

あっさりとかわされてもドルの中盤はステイ!
(あれ・・・?これ本当にクロップのチームか?)


g-puersu0301-5.jpg

プレッシャーがないのでアッサリとサイドチェンジされてしまいました。

(ドル「横パスならOK」って、どっちがカルチョのチームだよっ!!www)


別にこれはこれで、現代サッカーにおいての一つの守り方なので全然間違っちゃいませんよ?

でも、そもそもこのチームが何故、王者バイエルンに噛み付けたのか?を思い出す時、
なんとも寂しい姿に映るのは僕だけでしょうか。


これまで何度も言ってきているように攻撃の流動性が増した現代サッカーでは
攻守の切り替わりの瞬間にとれる守備方法は二つしかありません。

一つはカオス状態のポジションバランスから一刻も早く秩序だったブロックを形成する守り方。
もう一つはそのカオス状態のままボールを奪い取り波状攻撃につなげる守り方というか・・・攻撃の延長でボールを狩る考え方ですね。

前者の代表的なチームがモウリーニョのチェルシーだったりアンチェロッティのマドリーで
後者はペップのバイエルンとかシュミットのレバークーゼンでしょう。

そしてそもそもこの流れを加速させた張本人の一人であったはずのクロップのチームが今やコレ・・・ですからね。OTL


いや、彼らの気持ちもよく分かるんですよ。

あの瞬間、Gプレスを剥がされて食らったカウンターの失点場面とかが脳裏にフラッシュバックしているようなおっかなビックリの守備を見れば。

今や追う立場から追われる立場となった事でドル対策もテンプレ化され、
これまで楽に勝てていたはずの相手に戦術的に攻略された時の無力さ・・・とかね。


でもそこで日和らず、もう一踏みアクセルを踏み込めるか否か?なんですよ、変態道とは(笑)
シュミット「ウチはもうブレーキ取り外したわwww」

「持たざる者」が「全てを持つ者」に勝とうと思ったら同じ土俵で戦っては無理です。
「守るものがない」武器をアドバンテージに戦え・・・と言うには彼らは既に色々勝ち過ぎたのかもしれませんね。

その点、まだ何も勝ち得ていないシュミットのようなチームとか、そもそも監督が目の前の勝敗にあまり興味のない
ペップとかビエルサの方が振り切れるのかもしれません(笑)


ただ、問題の本質は「この守り方でドルトムントが守れるチームなのかどうか」です。

では実際の試合から前半の終了間際に生まれたユベントスの逆転ゴールのシーンを見てみましょう。


【ザルトムントの守備】
goaljuve0301-1.jpg

局面は左から右へと攻めるユベントスのビルドアップから。
ピッチ上には既にピルロはいませんが「ピルロを経由しない攻め」はコンテ時代に散々練習してきた形。

ここでもボヌッチから中盤を飛ばしたクサビを「ポストプレーの鬼」テベスへ


goaljuve0301-2.jpg

ボールをコントロールするテベスの背後にはパパスタソプーロスが寄せますが何とも中途半端な距離感
どうやら大外を上がってくるポグバが気になっている模様


goaljuve0301-3.jpg

あろう事かこの状態からポグバを気にしてテベスから離れるという愚考を冒したパパスタと難なく前を向けるテベス

カルチョファン一同「それアカン・・・!!」


goaljuve0301-4.jpg

普段セリエAを見ているユーベファン以外の人間にならその後の悪夢は充分予測出来たはず。
テベス無双からバイタルに切り込まれて中へ密集させられたところで外のポグバを使われる必勝パターン


goaljuve0301-5(バージョン2)

…で、このポグバからクロスを上げられる場面でドルトムントのDFラインは
お互いの背後をカバー出来るディアゴナーレが出来ていません。

これだとパパスタとフンメルスの背後はカバーが効いておらず、
ラインが逆の方向に斜めになっているのでモラタもオフサイドポジションに置けていません


goaljuve0301-5(バージョン2)2

正しくはこの角度でラインを形成しないとラインが機能しているとは言い難いですよね。

しかも実は1点目の失点シーンでもドルトムントは同じような状況から食らっています。


【ドルトムント 1点目の失点シーン】
goaljuve0301-6.jpg

ここでもやはりフンメルスの背後にカバーが効いていない状況です。

実際はGKのヴァイデンフェラーがこぼしてしまったボールを押し込まれての失点だったんですが、
SBの裏をカウンターで突かれて残りの3枚でディフェンスをする度にこの状況を作られていては失点は免れません。


じゃあ一方ユベントスのクロス対応はと言うと・・・

【ユベントスのクロス対応】
juvedfrain0303.jpg
アッレグリ「誰が監督だと思ってる」

う~む・・・やはりカルチョの伝統っすなー(^^;


ちなみにモウリーニョだとこうなります↓

【モウリーニョのクロス対応】
soto-0830.jpg

PA内に4-4のブロック敷いて、こぼれ球にも万全の体制や!
(まあこのチームの場合、まずカウンター「させない」もんなー(^^;)


話をドルトムントに戻すと、要するに普通のサッカーしてても守れるチームでは無いと思うんですよね。

やっぱり彼らの必勝パターンって先制して相手が前がかりに出てきたところを
伝家の宝刀カウンターから無慈悲なレバンドで加点⇒突き放すってパターンじゃないですか。

勿論、今でもGプレスの残り香みたいなものは時々ありますよ?


でもさー・・・・


君らって・・・


torenai4.jpg
こういう変態プレスとかさ・・・





dorukau0305.jpg
変態カウンターでゾクゾクさせてくてたじゃんか


何を守ってるか知らないけどクロップのチームはいつまでも「挑戦者」でいてもらいたいものですね。







takatou0306.jpg
『お前の良いところは勝ちに貪欲なことだ。変にエリートづらしないところだな。
頂上にいるお前がいちばん勝ちに対してハングリーだ』



ま、逆フラグ発動で目下、国内リーグでは4連勝中だけどねwww




*最近やけにユーベに甘いけど「逆にユベンティーノとしてはガクブルだわ!」と思った貴方はクリック↓

海外サッカー ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大変分かりやすい解説をありがとうございます!ザルトムントの理由がよくわかり、ユーベの可動式フォメも大変勉強になりました。

ドルと復調(変態への再挑戦)とユーベのCL快進撃を期待したいとおもいます☆また更新楽しみにしております。

No title

 自分のやっていることが正しいのかどうか迷うときは本当に厳しい気持ちにさせられるのはよくわかります
 (社会人まがいな生き方をしていますがそれでも仕事をしているとそういう場面にでくわします)

 でもそういう時こそ自分を信じられるかどうかが重要だと思います。(イブラとかモウとかドログバとかはそうやってチャンピオンになりました)

 ところでこの記事と全く関係ないのですがチェルシーDFの、特にここ最近のイバノビッチの得点力が異常なのですが、何かトリックのようなものがあるのでしょうか?
(個人的にはアメフトの戦術にゾーンブリッツというのがあるそうなのですがそれに近い気がしています。 イバノビッチが上がるときは瞬間的にMFの誰かがSBのポジションに入るみたいな感じで)

No title

更新お疲れ様です。楽しく読ませていただきました。

個人的にドルトムントのゲーゲンプレス弱体化にはDFライン(特にフンメルスあたり)とヴァイデンの不調なのか劣化なのかがあるような気がするんですがそうでもないですかね?
バイエルンやドイツ代表が高いラインを保てるのは仙道よろしく「ノイアーなら何とかしてくれる・・・」という信頼があるからだと思います
やらかす恐れがあるぞ・・・と周りがカバーを頭の片隅にでも置いてしまい一歩間に合わなくなる→失点→失点を恐れてあがりきれない→・・・という悪循環に陥っていたと

だからこそ4連勝で自信をつけてきている今後が非常に楽しみです

No title

ウインターブレイク後
インモービレ1トップシステム1分け2敗1得点3失点
ロイスオーバメ2トップ(実質0トップ)4勝0敗13得点4失点

これ見るとやはりロイスがより中央でプレーがチームとして
機能してるんですなあ。
ドルトムントのオフェンスのポイントってやっぱり相手のディフェンスラインにとって不利なディフェンスを強いることにあると思うんですよね。この間のシャルケ戦の1点目も相手のクリアが小さくなってしまったのををムヒタリアンが拾ってショートカウンターって形だったんですが

これロイスがオフサイドにならないようにタイミング良くかつ、最近のウイングの選手らしくダイアゴナルをかけて裏抜けしていくんで、相手のディフェンダーも体の向きが斜めでかつ後退しながらのディフェンスで不利なディフェンスを強いられてたんですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=rWd2M5vYvy0#t=0m36s

ロナウドやサンチェスを見てもウイングの選手が中央に入ってくる形の方が
相手にとって厄介になってきてる訳ですけど
最初から中央にデーンとかまえて電柱やる選手はやはり
消え去っていく運命なんですかね。

感謝感謝の大感謝

店長さん、いや、店長様!
リクエストを聞いて頂いてありがとうございましたm(_ _)m
4312の説明とユーベ×ドルトのマッチレビュー、完全に自分のリクエスト通りです!
なのに「レヴァークゼン×アトレティコと予想します」なんてひねくれたコメントしててスミマセンでしたm(_ _)m

中盤3枚のとこに生じてしまったスペースをカバーするのは以前は2トップの役目でしたよね?なんだか2トップの守備タスクの一部がビダルに移った感じがします。

攻撃中は、たまにアンカーの位置まで下がってきたりして(無視して楔を打ち込まれ)、その後に攻撃にかけ上がっていったり、その後守備に奔走したり
「ビダル過労死しないか?」
と心配しております。


今回はドルトがネタでユーベが終始褒められてたんでウハウハでした。

……逆フラグは、、大丈夫だと信じてます。ローマ戦も乗り切ったし。
なにしろリバプールが被害を最小限にして(無くはなかったけど)シティを倒しましたし。
信じてます!

とても詳しい戦術解説ありがとうございます。マルキージオ、今年は生き生きしてて毎試合見るのが楽しいです。
ビダルが不調のなかピルロまで怪我してしまい胃が痛いです。
ユーベとドルトムントの2ndレグはドルの激しいプレスをアッレグリはどう交わしていくのかという試合が見てみたいですね!

ドルトムントの不調…勉強になりますm(_ _)m

ドルトムントのビビりプレスは車で例えるとドリフトっぽいですね、テール流れた?流したあとアクセルオンできるか?みたいな!
勇気持ってアクセルオンできれば、アクセルコントロールできるし、ビビってオフにすれば逆カウンター食らっちゃう(T_T)

すみません、車に興味無い方には訳わからんと思いますが…

でもバルサといい、ドルトムントといい、我が道を徹底的にやる変態チームが減って来た気がするのは残念です(T_T)

No title

久々のマッチレビューおつかれさまです!

ドルトムントの不調を小耳に挟みながら大学受験を乗り切ってまいりました笑
ルールダービー、久々にサッカーの試合を見たのですが、連勝してるからでしょうか、ドルのサッカーは「これこれ!」といった印象を受けました。
改めて前4枚のプレスの質、取られた後の最初の一歩の速さがいかに大事かに気づかされました。
これからまた沢山サッカーを観て、なまった頭を復旧させていこうと思います。

No title

ユーベの2点目のシーンですが、どうして大外のスペースが
あんなにがら空きなんでしょう。SBのピスチェクはどこに…?

ボヌッチがフリーでボール持ってるのに
あんなに大外のスペース空けてたら
そりゃテベスとポグバに狙われるよね、って感じです

まぁ失点の一番の原因は、テベスから離れて
あっさり前を向かせたパパスタの守備でしょうけど

No title

いつも楽しく見ております。

クロップはモウレアルみたいな所にはボール持たせて引くことはやるけど、ポゼッションが嫌いなだけと言う印象がありますがどうでしょう。

オーバメヤンはサイドに走ってポストと普通にスペースメイクしたりしてビックリしています。

ギュン、シャヒンの格下狩りハイプレスゲームメーカーコンビ流行らないかなぁと密かに思ってます。

可変式は夢ありますよね。
自分とかがやったら絶対あたふたしそうです笑
いい夢見して欲しいですね。

No title

クロップがインモービレを使い続けた結果低迷してオバメのゼロトップ採用したら上手くいったとかいてありますけど
前半戦からすでにオバメヤンのほうがスタメンで出てたと思うんですが

初コメです

ユベントスでの活躍が認められアルゼンチン代表に初召集されたブラジル戦でスタメン出場して以降代表の全試合に出場しているペレイラをもし知らない人がいたらそれはもう海外サッカーファンではないかと(笑)

セリエAは今季の移籍市場でもクラブ間の力関係を一変させるような大物移籍は0。
→これは別にセリエAに限ったことではないのでは?たとえばバルセロナがサンチェスを放出してスアレスを加えましたが別にそれで他クラブとの力関係が変わるわけではないですし、それはイングランドでも別に力関係が一変するような補強はなかったように思います。マンUだって大量補強しましたがファンが求めるレベルには達しているようには見えませんし。
しいて挙げるならヴォルフスブルクはかなりの補強をしましたが、それでもバイエルンの脅威にはなりませんからね。
むしろどこのクラブがそのような補強をしたとお考えなのか店長さんの考えが知りたいです。質問が戦術についてでなくて申し訳ございません。

最後になりましたが戦術解説お疲れ様でした。非常に参考になりました。

No title

マッチレビューお疲れ様でした

コンテの遺産もうまく引き継ぎながらアッレグリの良さも出して細かいところまで緻密に計算されていたユベントス、1年目にしては上出来すぎる!

一方のドルトムントはなんかブンデス前半戦での悪いところが出ちゃった感じでしたね チームの完成度が試合に表れたなあと(レバンドが恋しい!!!)


ドルトにはどんなタイプのCFが必要なんですかね?

インモウ、ラモスのあまりの不調さは想定外だったとしても、レバンドの代わり(もしくはその一部)をしっかりこなせるアタッカーを補強すべきかなあと思ってます

お願いです、ハードワークできてボールがある程度収まるFWを獲ってきてください

なる程、皆の意見はギュン復帰等の中盤のコンディションとマルコオーバメヤンの覚醒って意見が多かったんですが。
0トップの前線の流動性ですか。
ふ~んー…

参考になりました。

No title

陰毛ビレはこのブログイチオシのゼーマンに絶賛された人材なんですけどね
なんとかハマらないかな

No title

ドルトムントを応援してるので、店長さんのレビューは大変参考になりました。
ドルの前半戦(現在もですが)は非常に怪我人が続出し、スカッドの人数も足りなくなるほどだったし、怪我から復帰してもコンディションが上がっておらず、プレスの連動性もイマイチでした。
また攻撃は縦パスの要のギュンアンは長期離脱からやっと復帰したばかりで、試合勘の欠如もあっただろうし、シャヒンも前半戦は怪我で出てません。それでベンダー・ケールのダブルボランチでは縦パスが上手く入らないとともにフンメルスも怪我で抜け気味だったので、香川が下がってパス回してもキツかったです。ロイスも怪我の繰り返しでしたし、勝てない悪循環で個人プレーに走りがちな選手もいたので、クロップも相当手こずっていましたね。

それにインモがCFだとプレスのかけ方がイマイチで、やっとオバメが上手くできるようになりましたけど、レバの質に比べるとまだまだですが、俊足のスプリントがあるので助かる面はありますけどね。

コメント御礼

>ジョジョさん

ドルの復調は近い気もしますけどねー


>わさび唐辛子さん

イバノは元々セットプレーでは得点力高いですよね。
今季はモウが計算で出している可能性もありますが、左SBがややおとなしい分、右のノバノが思い切り出来るというバランス関係もあるやも?



>別府グアルディオラさん

CBとGKは確実に劣化しましたよね。
そろそろあのサッカーするには補強か若返りが必要かもです




> ace さん

個人的には電柱はファンタジスタ同様、絶滅危惧種だと思っています。
MF寄りの選手が前線をしめる時代はもうすぐそこかと




> ド素人さん

「ボールとビダルは疲れない」という格言もイタリアにはあるぐらいですから、大丈夫でしょうww




>マルキージオ推しさん

ピルロ怪我時期にアンカー勤めていた時にも感じたんですが、ピルロの横でプレーし練習する事で、本当にマルキージオは伸びていますよねー。



>ベル寒風 さん

新たな変態が現れるはずなんで大丈夫です!(笑)




> ドルトムント香川さん

このサッカーは前線のプレスが命です。
バロテッリとかいたら崩壊しますww




>サッカー提督さん

ピシチェクも怪我で交代した後なんですよねー。
それでもあのテベスへの温い対応は無いですが(^^;




>もこもこ さん

そうですね、クロップは「チマチマしたポゼサカなんてロックじゃない!」とか言ってるイメージです(笑)




>あさん

あくまで4連勝メンバーとの比較ですね。2列目も含めた




>ノッチェ さん

移籍に関してはスアレスクラスはやはりチームの実力を大きく変動させるものになるかと思います。去年のネイマールのように。

あとはセスクとジエゴコスタが加入したチェルシーは確実に去年と比較してシティとの差をつめて逆転した感もあります。

勿論、エースを抜かれたアトレチコ側は弱体化している訳でこのクラスが動くと国を超えて影響は計り知れないかと




> バルグアイ応援さん

レバンドの代わりは実質出戻りぐらいしか可能性はないでしょうねー。
あのクラスの選手は市場にいないでしょう



> ななし さん

勿論、サッカーの要因でどれか特定の一つだけって事はありませんよ。
いくつかあるウチの一つという意味ですね



>あさん

ポストがイマイチなんですよねー。
持ち味が出せずに完全に迷路に入り込んでる気がします



> yorusakuさん

W杯明けという事もあり、このサッカーは怪我人出ますよね。
ある程度怪我人が出る事を事前に想定して戦術組まないといけない段階にきてると思ったり。








No title

ピルロってこの試合なんかやってましたっけ?完全に消されてたような……。あまりにも何もさせてもらえてなかったのでいきなりスタンドにピルロが座ってたのを見ても”Pirlo is not impressed”の時のピルロみたいに(……ふーん)みたいな反応しかできませんでした。

ピルロが引っ込むまでのユーベってセリエでは見かけないプレスのせいでなんとかパスをつなごうとしてるのにパス成功率6割台ですよ……ピルロ引っ込んでから最終的に盛り返してシュート数もポゼッションも5分5分に戻しましたが。

ただ、どんなに苦しくても最後はきっちり守る。そここそが流石セリエ王者では。

あとドルのプレスが甘かったのは、クロップが「CLはおまけ」っていってるところから察してください。ユーベ戦の3日前のシュトゥットガルト戦や、ユーベ戦から中3日でやったシャルケ戦とインテンシティがまったく違いましたから。こんな危機的状況で馬鹿正直にリーグ戦を犠牲にしてまでCLベスト16なんかで体力を使い切るわけにはいかないんでしょう。

No title

更新おつかれさまです。

今にして思えばミラン時代からアッレグリは
このフォーメーション好きですよねー
トップ下にボアテングおいてましたし!

結果論から言えば
ピルロを放出しなくてもよかったのでは…笑

店長の逆フラグ発動で
ユーベがCLを敗退しないことを願ってます。(心から)

サッカーの戦術

お疲れ様です。

サッカーにおける戦術の進化って螺旋階段だと思うんですよね。

完璧な戦術というものが存在しない以上、対策されはじめたチームはどうしても長所を伸ばすよりも短所を埋めることに意識が向かいがちになるのもある意味で仕方のない部分もあるかと。
(DNAに守備の2文字が刻まれている某我が道を行く国の代表ですら、脱カテナチオを掲げて守備が崩壊!)

この先どんな結果が待っているかはわかりませんが、クロップを代えなかったドルトムントは正しい道を歩んでいるんじゃないかと思います。

後はユーベの名前が店長ノートに書かれてしまったことだけが心配です。

Gプレスは死んだのか

死んでますね。悲しいまでに(T▽T)

レバが!とか上がっていますが、
レバだろうが陰毛だろうが、攻守の切り替えを少なくするのがゲーゲンでしょう。
人に因らずに!。
レバが偉大なのは解りますが、いなくてもヤルですよ。

ゲーゲンプレスの最大の特徴は、最後のスクショだと思います。
(マンガじゃない)
6 対 3 。このシーンこそ、止められないドルの象徴でしょう。
プレスで相手陣内で、DFのパスミスを誘い、ボコスカラッシュ!
それが見れないドルトムントなんてドルトムントじゃないやい!

最後のシーンは間受けとショートパスで中央突破しないバルサに置き換えることも可能ですw

アイデンティティーですまる

アイントラハトフランクフルトの分析がみたいね。

No title

ぜひ今度のリバプール×ユナイテッドを取り上げて下さい。
よろしくお願いします!

No title

今回ドルトムントの失点シーンで指摘したDFの並び方ですが、このようにクロサーがスピードに乗りかつ中央との距離が短くゴロでしかクロスを上げられないような状況ではDFはVの字に並んだ方がいいのではないでしょうか?
後方のカバーリングだけになってしまうとマイナスのクロスに対応できないと思いますが、それをボランチが戻るのに頼るようではダメでしょうし。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。