スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬間 心重ねて 【アジア杯 カタール戦レビュー】

*2011-01-22更新 (アーカイブ記事)




2011-01-22_12-47-42_entry-10776082686_o0383026410998185196.jpg
<奇跡の価値は>


これでこそアジアカップ。


昨夜のカタール戦はサッカーの醍醐味が詰まった なかなかの好ゲームが展開されました。



全国民が待望していた10番 香川の あの展開の あの時間帯でのゴールには


思わずザックと一緒に「よっしゃ!」のガッツポーズが飛び出てしまった人も多いはず。





さりとて、ヨルダン戦「新星現る! 吉田!」 ⇒ シリア戦「本田△!」 ⇒サウジ戦「日本のエース 岡崎!」と来て、


今朝の一面が「やっぱり香川! 持っている!」ではあまりにも・・・なので、

このブログではもうちょい突っ込んで昨夜のカタール戦をレビューしていきましょう。




<今大会 最大の収穫>



昨夜の試合は地元カタールとあって、スタジアムは超満員。



しかも相手はアジアの盟主、宿敵 日本という事もあり、

カタールの選手達のモチベーションは試合開始からMAX状態。



対する日本は、解説・松木さんのエンジンの暖まり具合と比例するように

今ひとつの出足。



どうも今大会の日本代表は松木さんの調子が出てくると同時にエンジンがかかるような気がするのは気のせいか?(笑)


(テレ朝で大会を見続けている人には もはや「松木JAPAN」!?ww)




帰化選手を軸にしたカタールの前線は前を向かせると非常にうるさい存在。


特に吉田は前半からセバスチャン相手に苦境に立たされ、

カタールの先制点の場面では切り返し一発で外されると

その後はファウルで止めるシーンが増えてゆき、

遂に後半開始早々に退場に追い込まれてしまった。



もし、これをもって吉田を戦犯にするような論調が出てきてしまうようだと

それは非常に勿体の無い話。




改めて確認すれば、

彼はトゥーリオの欠場を受けて急遽先発のバトンが回ってきた初代表の若者である。



しかも移籍したオランダでは怪我による長期の離脱もあって、

このようなガチンコの試合は彼にとって初めての経験だったであろう。



そんな中、最終ラインから堂々と攻撃を組み立てるあの姿は衝撃的ですらあった。



もちろん、中澤やトゥーリオらと比べれば まだまだ「相手を止める」という点では及ばない。



だが、フィードのセンスがないCBにプロになってから一流のフィードを求めるのは難しいが、

守備の技術はこれから積む経験次第でいくらでも向上するものだ。



吉田に必要だったのは、まさにこのカタール戦のような経験で、

是非ともこの逸材を今後「4年スパン」という長い目で育ててもらいたい。




もしこの先、日本がこの大会で優勝しようとも

”今大会の最大の収穫は吉田であった" という認識に何ら揺るぎは無い。





<瞬間 心重ねて>



まさかの吉田退場の後のFKによる失点。



完全に追い込まれたかに思われた日本代表だが、

これが逆に勝利への契機となるのだからサッカーは面白い。



ヨルダン戦のロスタイム、シリア戦の10人になってからの展開にも言える事だが

このチームは追い込まれてからが強い。



…とだけ書くと何だかやたらドラマチックに仕立てたがるスポーツ誌の原稿みたくなってしまうのでw

ここでは「追い込まれる前」と「追い込まれた後」で

日本代表選手の何が違ってくるのかを具体的に検証していきたいと思います。




採り上げるのは、もちろん昨夜のヒーロー 香川選手。


(ようやく香川を採り上げられるよ!何だから嬉しいですね!ww)




【前半 香川のプレー】
2011-01-22_12-47-42_entry-10776082686_o0550030910998185195.jpg



前半の香川の象徴的なプレーです。


これは左サイド際でボールを受けるシーンですが、

身体の向きからも分かる通り、中に切れ込んでから

前にいる本田や前田を使っていこうという意図が伺えますね。



確かに中盤の1枚として、こういう「つなぎ」の部分を担うのは一概に悪いとは言えません。



しかしこのシーン、カタールの側に立って考えてみた時、

「守備ブロックの外」で受けて「つなぎ」で終わる香川に果たして怖さを感じるでしょうか?



続いてもう一つ、今度はサイドではなく中で受けるシーンを検証。




【前半 香川のプレー】
2011-01-22_12-47-42_entry-10776082686_o0600033810998415704.jpg


タテパスを中盤で受けて、ポストプレーを落とそうとしているシーンです。


見て分かる通り、 「立ち止まった」状態で「ゴールに背を向けて」受けている為、

カタールのDFが思い切って寄せに行っています。



どちらも中盤で「つなぎ」をこなしているシーンですが、

前半の日本は香川に限らず全ての選手が「つなぎの為のつなぎ」に終始していました。



要するに ちょっと「カッコよく」「綺麗に」崩してやろうと余裕ぶっこいていた訳ですね。



もっとストレートに表現すれば"ただ何となくつないで"いる状態であり、

まさしく前回のブログで取り上げたところの「球蹴り」状態。



あのスペインですら、悪い時はこの状態に陥っての負けパターンは過去にいくつもあるぐらいです。


これで日本がモチベーション満タンのカタールから点が奪えるはずがありません。




しかし後半、退場者を出して追い込まれた後、

ようやく日本の選手達のプレーに変化が生まれてきます。



プレーの一つ一つに「勝ちたい」という意思、

つまり1-2の現状から「得点を奪る」という意思の元、選手全員の意思が”瞬間 心重なって"きました。



では、後半の香川のプレーを見ていきましょう。



【後半 香川のプレー】
2011-01-22_12-47-42_entry-10776082686_o0600033710998415701.jpg



もう中盤で綺麗につないで満足している場合ではありません。



その意識が前半のサイドで受けた場面と比べても明らかに香川のプレーを変えています。



まずボールを受ける位置が「相手SBの手前」ではなく、

一発でカタールのSBを振り切れる 相手からしたら非常に危険な位置に。


(「守備ブロックの外」から「中」へ)



続いて身体の向きを見て下さい。


前半とは打って変わり、ゴールへ向かっています。


そうなると自然と香川の視野もゴールへ向けられるわけですね。





そして次の中で受ける場面が日本の2点目のシーン。


これぞ香川の真骨頂が現れた場面です。



【後半 香川のプレー】

2011-01-22_12-47-42_entry-10776082686_o0568034810998415700.jpg


前半のシーンでは、この本田がボールを持っている位置で香川が受けていましたね。


しかし、この場面では中盤の「つなぎ」を下りてきた本田と日本の中盤2枚で作った3角形に任せ、


(中盤で三角形を作るとそこでボール回しが安定します。

前半は11人いたのに作れていなかった!)


香川自らは裏のスペースへスピードに乗った長いフリーランニング。



ここにタテパスが送られて岡崎ともつれたこぼれ球を拾った香川が

迷い無くシュートを振り抜きました。



この前を向いて スピードに乗った状態でゴール前に走り込んで来る香川



これこそドルトムンドで見せている彼の真骨頂であり、

アジアレベルでこの香川を止められるチームはいません。





<勝利への意思を込めて>



この後半は香川だけでなく、



遠藤のパスからも「展開」ではなく「崩し」の意識が感じられ、


長谷部からは中盤のこぼれ球を全部「自分が拾ってやる」というダイナミズム、


岡崎はゴール裏に抜けるだけでなく 自陣に戻っての守備から、速攻の起点になるなど



各選手が「勝利への意思」を発し始めます。




決勝点を決めた伊野波にしても、キャプテン長谷部をして


「何故あの時 伊野波があそこにいたのか分からないww」


と言わせる程のアグレッシブなポジショニングでしたが、



あれも彼なりにこのまま10人での延長突入は不利と感じての

「勝利を求めた」意思だったと見ます。



守るべきところではしっかり守りつつも、

訪れた一瞬の勝機にはリスクを負って前へ出る。



こういう一瞬の判断こそがサッカーの勝敗を決定付ける分かれ目だという事を

昨夜、我々も日本代表も実感した事でしょう。






「11人の前半」と「10人の後半」



恐らくパスの本数もポゼッション率も後半の方が落ちていると思います。



しかし、カタールがどちらのチームに怖さを感じたか



我々がどちらのチームに想いを託したか



そんな事は今更、ここで僕が書くまでもないでしょう。





次の準決勝では松木さんがキックオフからMAXテンションになるような試合でお願いしますよ…!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。