fc2ブログ

踏み出した一歩 ~日本☓スペイン~

nihonsupain.jpg
<踏み出した一歩 ~日本☓スペイン~


【プロローグ】

日本☓スペインの激闘から遡ること約一ヶ月-


強化合宿の最中、代表監督の森保一は悩んでいた。


森保(くそう…どの新聞を見ても「無能」だ「3敗」だと好き放題書きやがって・・・)

森保(だが実際、スペインは強すぎる・・・。)



森保は前夜、自室で繰り返し見たスペイン代表の残像が頭から離れなかった。

(ていうか…スタメンの中盤3枚がバルサってどういう事よ?もはやそれバルサやん!)


【スペイン代表 スタメン】
barusajyane.jpg
森保の不安通り、スペイン代表の4-3-3で中核を担う中盤3枚はFCバルセロナの選手で占められていた。
ただでさえ上手い選手を揃えていながら連携面でも隙は見当たらない。





森保「いやーバルサ無理!バルサ怖い!」



??「果たしてそうですかね?」




森保「誰だ!?」









kamata1203kyanpu.jpg
鎌田「だって俺・・・バルサ倒した事あるし」



森保「オイオイ・・・マジかよ大地。ちなみにどうやって倒しか教えてくんね?」



鎌田「いやー、だからフランクフルトではこうして、ここでハメて・・・」



森保「ふむふむ・・・」


(*尚、この物語はフィクション・・・のはずです)








kamatabatusa.jpg
<スペイン撃破の下敷きはフランクフルトのコピー>

それではスペイン戦のマッチレビューを始めていきましょう。
ですがその前に、まず鎌田の件に触れないわけにはいきません。


昨季、ヨーロッパリーグの準々決勝で鎌田擁するフランクフルトがバルサを撃破するジャイキリを起こし話題になりました。

この試合でMVP級の活躍をし、バルサ撃破の立役者となったのが何を隠そう鎌田だったのです。

バルサを完封したフランクフルトの戦術は以下の通りとなります。

まずバルサで抑えなくてはいけないのが4-3-3の中盤ブスケス、ペドリ、ガビの3人。
そう、スペイン代表とまるっきり同じ顔ぶれです。


そこでフランクフルトは守備時、5-4-1でブロックを組みます。


フランクフルト1
バルサのCBは放置し、両SHが内側に絞って背中でIHへのパスコースを消して、バルサのパスルートをSBへと誘導させます。
(ちなみに鎌田は左SHとして完璧にこの役割をこなしました)





フランクフルト2
SBに出たらSHが中切りで寄せてパスコースをWGの一択にします。
同時にこの時、バルサのIH(ペドリ、ガビ)はCBが捕まえています。




フランクフル31
バルサのWGに出させたと同時にSHとWBで挟みます。
この挟み込みで奪えればベスト。
もしバルサのSBへパスを戻した場合は・・・






フランクフル4
ハイ!ハマった!!

WBをニ度追いで押し出して、アンカーのブスケスにはVOが、CBへのバックパスは1トップのFWがハメます。
これでバルサには中盤3枚を使わせる事なくサイドのタッチライン際でハメる事が出来るのです







フランクフル5
しかも奪った後はバルサはCB2枚の2バック状態なので、3対2でカウンターが打てるという設計。
このシーンではFWがそのまま切れ込んでシュートを打ち、フランクフルトの得点が生まれています。



【フランクフルトの対バルサ戦術まとめ】

①5-4-1でCBは放置

②SBに誘導して奪うorバックパスをさせる

③バックパスにはWB+ボランチを押し出して、CBには1トップがGO!

④奪ったらバルサは2バック状態ウマー!(゚д゚)


この試合こそが、森保JAPANにおけるスペイン戦のゲームプランの下敷きになった事は間違いありません。
鎌田本人がインタビューに以下のように答えています。


鎌田「試合の2日前の練習では5バックの2トップを試していましたが、相手のCBからハメに行くための形なのに前から行こうとしないから、上手くいかなかった。選手たちも違和感を抱いていたなかで、フランクフルトでバルセロナと対戦した時にハマった3-4-2-1をミーティングで提案しました。」



試合の二日前に選手から提案されたプランがドハマりするという運命の巡り合せ。W杯ではこういう運も必要なのです。

なんせ説得力が違います。だってバルサを倒した事がある張本人が言うのですから。


そういう意味で、日本代表は圧倒的に監督よりも選手の方が世界で戦ってきた場数、ノウハウを持っています。
森保監督はそこで選手と下手に張り合おうとせず、謙虚に選手の意見を取り入れる姿勢が今大会はハマっていると思います。


これ、言うほど簡単な事じゃないんですよ。
海外の監督の中には、選手時代の目立った実績を持っていない監督がスター選手と対立する、なんて日常茶飯事ですから。
とかく監督という人種はプライドが高いのです。


加えて僅か二日でフランクフルトのコピーをスペイン撃破のレベルまで仕上げる早さも日本人が持つ強さの一つではないでしょうか。

「模倣に長けて獨創の才無し」
(*「獨創」・・・独自の発想でつくりだすこと)

文化人類学の方面からも日本人とは「想像よりも模倣が得意である」という声があるように、このコピー戦術は一定の成果を見せました。

ですが、相手は世界の強豪国スペインです。
当然、日本といえどクラブチームのフランクフルトのレベルまで練度を上げる事は難しく、特に前半序盤は一方的に押し込まれてしまいました。

ではこの時間帯の攻防をフランクフルトと森保JAPANの守備を対比させながら解析していきましょう。


【序盤ハマりきらなかった日本の5-4-1】
WBの違い1
スペインがボールを持つと日本は5-4-1のブロックを敷いてCBは放置。ここまではOK。




WBの違い2
SBにパスが渡ったのと同時にSH鎌田がファーストディフェンスで方向を限定。
アプローチのタイミング、身体の面の作り方(背中でガビを消している)、共に完璧です。
この選手はもう完全に欧州(ヨーロッパ)の選手ですね(笑)

ところが、鎌田が限定し、次のパスコースはWGのウィリアムズに絞らているにも関わらず、WB長友の寄せが遠い、遠すぎる…!




WBの違い4
その結果、鎌田がプレスバックして挟む前にウィリアムズに前を向かれてカットインを許してしまっています。

せっかくサイドに追い込んだにも関わらず逆サイドに展開されてしまい、これではハマるはずがありません。

左サイドの問題=WB長友が押し出せない


やはりか…。


この画ですが、実は試合前に想定してました。
日本が3バックで臨んだ場合、WBの押し出しが鍵になること、そして長友だと押し出しきれないであろう事を。





一方、日本の右サイドでは別の問題が起きていました。


WBの違い5

当然右サイドも同様SH久保がスペインのSBに出て方向を限定し、次のパスにWB伊東を押し出します。
このWB(伊東)の押し出すスピードと距離感、これが重要です。





WBの違い6
ボールを受けた時にはスペインのWG(ダニオルモ)が前を向けないこの距離感!
右WBの伊東はこれが出来るので、ダニオルモにカットインを許さず、狙い通りバックパスを出させています。
このバックパスには久保がハメに出ますが、FW前田の立ち位置に注目して下さい。

見て分かる通り、アンカーのブスケスをマークし続けています。
バックパスにはFWを押し出さないと、この後CBに下げられたら一からやり直しで、一生日本のプレスはハマリません。
ブスケスにはボランチの守田を押し出しているので、前田はマンマークを続ける必要は無いんです。



WBの違い7jpg
これでは一生ハマらん!


FWの前田は運動量はあるのですが、マンマークの文化が染み付いてしまっているんですよね…。
ボール状況に応じて、後ろのボランチ(守田、田中)と連動して、ブスケスを背中で消す守備からCBへGO!という守備が出来ないのでフランクフルトのようにせっかくバックパスを出させてもハマらないんです。


右サイドの問題点=FW前田がブスケスをマンマークで見続けている




スペインはCBが常にフリーなので、日本のプレスにハマリそうになったらCBに戻せばいいだけ。それで日本の守備はリセットされるんですから。

スペインはピッチの横幅68Mを目一杯使って、CBを中継点に右から左へ、左から右へとボールを動かし続けます。
日本はその度にひらすらスライドを強いられるのですが、物理的にも人が動くよりボールを動かす方が早いので、押し込まれ続ける展開になるのは自明の理でした。

先制点もその流れから。


スペイン先制1
日本はこの時間帯、ジリジリ押し込まれるので、最後は自陣ゴール前でサイドの1対1に晒されています。
ですが右WB伊東は1対1で対面のダニオルモをスピードで完封。
この場面でも伊東のアプローチの距離とプレッシャーが効いているので、ダニオルモがヘッドダウン(顔が下がっている)しているんですね。これではいかにスペインと言えど中の状況が確認できず良いクロスを上げるのは難しい状況です。(そもそもスピードで伊東が上げさせないが)

つまり右サイドでは最後の最後でダムが決壊しなかったのは伊東の個の力に大きく助けられていたからです。


この場面でもスペインはクロスを上げきれず、ボールは逆サイドへ





スペイン先制2
左サイドでWGのウィリアムズにボールが渡りますが、対峙した長友の距離がここでも遠すぎます。
ボールを持ったウィリアムズの視線に注目して下さい。
顔が上がっているので長友の背中を抜けるガビを自然に視野に捉えています。つまり突破しても良し、パスでガビを使っても良しという大手飛車取り状態。
スペイン代表クラスのアタッカーにこの寄せではなんらプレッシャーになっておらず、何でも出来る距離と言えます。



スペイン先制3
やはりガビを使われて、ペナルティエリアに侵入されてしまいました。
現代サッカーではポケット(ハーフスペース)と言われるこのエリアに侵入されるとデータ的にも失点率が跳ね上がるのですが、何故かというとここをえぐられたら全員が後ろ向きの守備をさせられるからです。

この場面でもSB長友、SH鎌田が自陣に向かって背走するかたちで守備をさせられており、それがこの後に効いてきます。




スペイン先制4
ガビのクロスは跳ね返したものの、日本は前田を含めほぼ全員がペナルティエリアに背走させられているので、セカンドボールがまず拾えません。
更にウィリアムズにSH鎌田が対応するという事は、上がってきたスペインの右SB(アスピリクエタ)を捕まえる人がおらず、完全にフリーになってしまうのです。

アスピリクエタが狙いすましたクロスを上げてスペインが先制。





tanakaaosupein.jpg
<ピッチ上の指揮官が動く>

この状況に最初にアクションを起こしたのはベンチでもテクニカルエリアで立つ森保監督でもなく、ピッチにいた田中碧でした。

失点直後から、CB板倉、FW前田らと積極的にコミュニケーションを取る様子が見られています。

そして前半15分以降、日本の守備が少しづつ修正されていきます。


【田中碧の修正】
田中碧1
前半18分過ぎ、これまで通り日本の右サイドでスペインのSB→ダニオルモのところでハメようというシーンです。

田中碧のアクションに注目して下さい。

田中碧はピッチ上で戦いながら、先述した日本の守備の問題点に気が付いていました。
そこでハメれる可能性があるとしたら左ではなく日本の右サイドだという事を確信したはずです。

これまでであれば、この後前田がブスケスをマンツーマンで付き続けるので、CBへのバックパスがハマらなかったのですが、SBにパスが渡る段階で既に前田に「ブスケスは俺が突くから一列押し出して!」という趣旨のコーチングを出していると思われます。




田中碧2
この試合、初めてブスケスをボランチ(田中碧)が見て、CBにはFW前田を押し出すフランクフルト型の完コピが実行されました





田中碧3
ほら!ハマった!!

前田が横パスのコースを切っているので1枚で2CBを見れるこの形!
ボールサイドに限定をかけているので、後ろのCB板倉も押し出せて、右サイドでは日本の数的優位が作れています。

ボールを持ったCBパウトーレスはパスを出そうにも出せる受け手は全て日本の選手に捕まっている格好。


田中碧4
こうなれば必然的にボールは奪えるんです。相手がスペインだろうと関係ありません。






ただ、日本が初めて意図的にボールを奪うまでに既に18分が経過してしまっています。

このレベルで修正が15分遅れたら手痛い代償を支払うのは当たり前といえるでしょう。
(この問題はドイツ戦、コスタリカ戦でも同様)

日本はスペイン相手に重すぎる先制点を失ってしまいました。


しかも修正がベンチワークではなく選手主導というのもなかな厳しいものがあります。

試合二日前に選手の提案を採用出来るフレキシビリティーと、その裏面としての状況把握の遅さ。
これは森保JAPANが持つ両面といえるのではないでしょうか。



ピッチ上に話を戻しましょう。

ピッチでは田中碧監督が更に日本の守備をもう一段押し上げるべく修正を図っています。



前半30分田中1
前半30分のシーンです。

スペインのボール回しが日本の左サイドに展開されようとしていますが、田中碧は左サイドで日本の守備がハマらない事はもう把握しています。(WBが長友なので)
つまりこの後、左ではハマらず、右にボールが戻ってくるだろうという事も。

田中は3手先の展開を読み、この時点で自分の背中にいるペドリを後ろのCB板倉に受け渡すよう手で指示しています。
何故ならこちらにボールが展開されてきた時、自身がペドリをマークしていたらCBのパウトーレスには前田が1人で追わないといけないからですね。

勿論、それでも前田は二度追いで後ろからプレスを掛け、先程のようにCB板倉でボールは奪えるかもしれませんが、そこから得点に直結するカウンターを繰り出すにはゴールが遠すぎます。
1点ビハインドを追っている状況ではもう一列高い位置でボールを奪いたいので、ボランチの自分を押し出してスペインのCBに2対2の状況を作る、その下準備を既に始めているのです。
(この人多分、将来優秀な監督になると思います。)



前半30分9
はい出た!5-4-1からの4-4-2可変!

CB板倉を一列押し出すこの可変こそ、5-4-1でドン引き一辺倒にならないソリューションなのです。

欧州などトップレベルで5-4-1を採用するチームは、この「いつ4-4-2に可変させて前プレのスイッチを入れるか?」という駆け引きこそが勝負の肝というのはもはや常識になっています。

CBに2対2の数的同数でプレスをかけられたスペインはもう、GKに下げるしかパスコースがありません。



前半30分田中3
GKへは前田がそのまま猛烈プレス。
右CBには左SH鎌田を押し出すので、隣の右SBにはWB長友が連動して後ろから押し出せれば、日本は敵陣でボールを奪える守備になります。



ところが・・・





前半30分田中52
長友・・・押し出せず・・・(無念)

鎌田(ブンデスと勝手が違いすぎる・・・)


では何故、長友は押し出せなかったのか?

それはスペインの巧みな配置に一因があります。



この場面での全体の配置を図で表すと下記の通り↓

nagatomo1203.jpg
長友はスペインの右WGウィリアムズにオフサイドにならないハーフラインギリギリで立たれているので、ここをマンツーマンで付き続けていたが故に、アスピリクエタには押し出せなかったという事になります。

このすぐ後にも似たようなシーンでスペインのGKシモンをNINJYA前田が前プレで追い詰めますが、同じように右SBに蹴られて打開されています。

本田解説委員『信じられへん…!!』

GKシモンは前を見ずに蹴っていますが、これは最悪右SBに蹴っておけばフリーになっているって予め分かっていたからこそ出来たプレーなんですよ。

何故なら日本の左WBは出てこれないから。



ここで強調しておきたいのは、この長友の対応は決して間違いではないという事。

だって、ウィリアムズを放置して前に出た結果、プレスが剥がされて裏に蹴られたら?


吉田麻也と1対1、もしくは吉田のカバーが間に合わずにタテポン1本でGK権田と1対1の可能性すらあります。

格上スペイン相手に、WBはステイして、全体を40M下げる。
こちらの方がむしろ常道でしょう。



それはその通りなんですよ。

それは、そうなんですが・・・




果たしてこれでスペイン相手に2点を取って番狂わせが起こせますかね?



osjimu1203.jpg
『負ける事を恐れるな。リスクを冒せ』


僕は毎回、日本代表がW杯に挑む度に思うんです。

挑戦者である我々に元々失うものはないじゃないか、と。

セオリー通り戦っていて、世界の強豪相手に勝てるのか?と。




mitoma1204.jpg
<日本サッカー史上、"最狂"の布陣>

ハーフタイム、指揮官の森保監督が動きます。


まずは久保に代えて堂安を投入。
久保はドイツ戦に続き、守備面での戦術理解を買われて先発に抜擢されている事がハッキリと分かる交代でした。
「前半は0-1でも我慢でOK」という森保監督のプランにおいて、前半のSHにはなにより守備の理解力が重要だからです。

反面、得点力という点においては堂安の方が買われているという事でしょう。
久保は森保プランにおいてはかなり可哀想な役回りを求められているともいえます。

そして押し出せないWB長友に変わってはアタッカーの三笘を投入。
これは前半の問題点を修正したというより、予め用意していたプランだったと思います。(ドイツ戦、コスタリカ戦と同様のベンチワーク)
前半の修正に関してはピッチで田中監督代行がやってくれていましたので。

ちなみにスペインもハーフタイムに右SBをカルバハルに変えていますが、もしかすると後半の三笘投入は読まれていたのかもしれませんね。


とにかく後半のピッチにはドイツ戦に続き、右WB伊東、左WB三笘という日本サッカー史上「最狂」の布陣が顔を揃えました。

その効果は後半3分、早くもかたちになって実を結びます。


堂安得点1
再び前田の前プレが発動した日本。
スペインのCBに鎌田を押し出し、SBにはWBを押し出せるのか・・・??







berusa.jpg
森保『行け!!三笘!!』






堂安得点2
三笘のアプローチスピード速すぎwwワロタwww

スペインのSBカルバハルがボールを受ける時にはもうこの距離まで寄せています。

カルバハルはたまらず後ろを向いてバックパスをするしかなく、そのままGKまでパスが戻されます。



堂安得点3
GKに返されたボールには前田が三度追い(マジか!)

これではGKシモンに顔を上げる余裕は無い。



シモン(落ち着け…大丈夫だ。日本は右サイドでハメようと左WBをDFラインから押し出してきた。つまり逆サイドのSBに蹴っておけばフリーのはず)



はい、その通り。

この瞬間の全体の配置はこうなってました↓

後半WB1203
日本は最初左サイドでハメようと後ろから押し出してるんで、スペイン陣内に6枚かけてプレスしてるんです。(谷口も入れれば7枚)
で、スペインは左WGのダニオルモがハーフラインギリギリに開いて待ってるので、ここで伊東を押し出したら、剥がされなくても蹴られたらアウト。

つまり、左SBバルデにボールをコントロールされる前に一発必中で死んでも奪わないと終わります。



この状況で普通、行きませんよね?


でもね・・・この時の伊東の立ち位置が強気なんですよまた。
左WBの三笘もそうなんですがスペインのWGの背後からマンマークに付くのではなく、この時点でマークを背中に置いてるんです。
仮に背後に蹴られてもこの距離感ならヨーイドン!で追いつける自信があるから出来るんでしょうね。
自分を前に置いてるのは、いざ押し出すとなった時の距離を少しでも縮めておきたいから。

3バックで守っているチームがボールサイドのWBを押し出て4-4-2に可変させる事はままあります。
でも両WBを同時に押し上げるとなったら話は違います。
実質2バックになっちゃいますからね。





bierusa12032.jpg
森保『伊東!行けー!!』


あれ・・・?もしかして誰か憑依してません?




堂安得点4
本当に行ったよwww

敵陣に8枚の神風特攻プレス!


これだよ!俺が長年W杯で見たかったのは!!
annzaikoreda.jpg


勿論、こんな守備が出来るのも両WBに本職がウイングを置いているという狂気のフォーメーションだからこそ。
この日本サッカー史上「最狂」の布陣にドイツに続き、スペインも全く対応出来ていません。


スペインが混乱に陥る最中、日本の追加点が生まれます。




田中得点1
日本陣内のFKからのリスタートですが、ここでも三笘、伊東の両WBは高い位置を取って日本は5トップ状態。

4バックのスペインは一枚落として守る必要があるのですが、ダニオルモ、お前のその位置取りは少々伊東を舐めすぎだ。



日本はGK権田のキック一発で伊東が背後を取る事に成功。

そこからサポートに入る田中碧にパスが渡る


田中得21
田中碧から堂安にラストパスが出ようという瞬間には、既に逆サイドで三笘がゴールに向かって走り出している。


オシム『日本では、うまい選手ほど少ししか走らない。それは逆だ。技術のある選手が、もっと走ればいいサッカーができる。』





田中得3
三笘がラインギリギリのボールに足を伸ばそうとするその瞬間、ゴール前のスペインの選手達を見てください。

全員足が止まっています。CBのロドリに至ってはオフサイド(?)を主張して手を上げている有様。


その中で一人・・・・、ただ一人田中碧だけが足を止めずにゴール前へ走り出しています。
そしてこの差が日本とスペインの勝敗を分けました。



オシム
『相手より5歩余計に走れば、その5歩がすでに勝利の5歩だ』




これね、普通は一瞬足が止まるもんなんですよ。
その証拠に日本の選手達だって、ラインを割るかどうか一瞬見てしまってますよね?


この瞬間に折り返される事を信じて足を動かせるのは、考えて走っていたんじゃ遅いんです。
思考を越えた反応で走っていないとこの田中碧の走りは説明がつきません。



その理屈を越えた反応の事を日本語でこう言います。










『信頼』と
mitomatanaka4.jpg


田中碧(試合後の談話)
『本当に小さい頃から一緒にサッカーをやってきたので。
最後まで信じて走ったので、それが最終的にはゴールにつながったので、彼を信じて良かったなって思います』



スペインの中盤にバルサの血が流れているならば、日本代表の中盤にはスカイブルーの血が流れていました。



オシムさん、見てくれていますか?


日本の選手達はこんなにも逞しくなりましたよ-





nionnsuoei.jpg
<過去の悲劇が今日の奇跡を作る>

日本が逆転に成功したことで、FW前田はお役御免。浅野と交代になりました。
逆転に必要だった2得点で、前田が影のアシストを担っていた事は忘れるべきではないでしょう。
1点目はGKへの猛烈なプレスが最初のスイッチになっていますし、2点目も三笘と共に最後までゴール前に飛び込む執念を見せていました。

FIFAの公式スタッツでは62分の出場で60回のスプリント(勿論、この試合最多)を記録。
1分に1回スプリントするという驚異的なパフォーマンスで走り切りました。


一方のスペインは日本の狂気のWBを切り崩すためにサイド攻撃を強化。
左SBにレギュラーのジョルディ・アルバを入れて伊東が前に出てくる背後を2枚で突こうという姿勢を見せてきました。

すると返す刀で一分後に日本ベンチが動きます。



moriyasu-nyo2.jpg
森保「冨安、右サイドを封鎖だ」


この交代は完全に用意されていたプランでしたね。
さすがの伊東と言えど、スペインにWGとSB(アルバ)の2枚がかりで攻められたら分が悪いのは明らかです。
鎌田に代えて冨安を入れて、伊東は攻撃に専念出来るよう左のSHへ。
ここからはもう我慢からのカウンター狙いなので、鎌田のキープ力よりも伊東のスピードを残したかったという意図でしょう。

交代で入った冨安はこもミッションを完璧にこなし、Jアルバを完封。
当たり前です。サラーを完封した男なのですから。


以降の日本は5-4-1の10枚ブロックを引いて森保JAPAN得意の塩漬け戦法を開始。
この時間帯は押し込まれてはいますが、今大会最もコンパクトに戦えていました。
プレスバック、スライド、全体が一つの生き物のように連動。
スペインはどこにボールを動かしても全ての局面で日本が数的優位を作れているのでブロックの強度は崩れません。

kimoti_20221204111756e0e.jpg





試合はさながら、スペインリーグでバルサがアトレティコに負ける時のパターンの様相です




shimeone1204.jpg
森保「我慢だ!粘り強く戦え…!!」



ここにきて森保監督が今大会でずっと強調してきた「我慢」と「粘り強さ」の最高峰を見せています。




一方のスペインの指揮官、ルイス・エンリケはこの終盤になって打つ手が無くなっていました。
スペイン代表の選手選考基準は明確です。上手くて賢い奴、それを26人集めました。
「我々が一番良いフットボールをしている」という自負と自信があったはずです。
誰が出ても上手い反面、足元は不器用でもでかくて強いアフロ頭とか、パスワークは苦手でも無骨に仕掛けるドリブラーといったタイプは今回のスペインにはいません。

交代カードを切る度、スタメンの劣化版が出てくるに過ぎないスペインに対して、日本は三笘、冨安、終いにはクローザーとしてブンデスリーガのデュエル王(遠藤)が出てくるなど、交代カードを切るたびにチームが強化されていきました。

ルイス・エンリケ
『森保半端ないって!ベンチから次々とエース級が出てくるもん!そんなんできひんやん、普通(涙目)』




森保JAPANには明確なスタイルもゲームモデルもありません。
だからこそ、上手いやつ、速いやつ、強い奴、何か一芸に秀でていればどんな選手でも選考対象になります。
「全員がレギュラー」と公言してきた森保JAPANは選手構成によってガラリと姿を変え、ドイツやスペインはその変化に全く対応出来ませんでした。
欧州と言わず、今大会世界中を見渡してもこんなチームは他に類を見ないからです。


特筆すべきはロスタイムの7分間、スペインに1本のシュートはおろか、CKさえ与えていない日本の戦い振りでしょう。
それは日本サッカーが積み上げてきた歴史が、ロスタイムの戦い方をピッチ上の選手達にインストールしてきたからです。


doha.jpg
rosutofu1203.jpg

もしかすると観ているファンの脳裏には過去幾多のシーンが浮かんだかもしれません。
しかし昨日までの悲劇が、今日の強さにつながっているのです。



森保監督
「最後の1分くらいのときに、私のドーハの記憶が出てきました。でもちょうどそのときに選手が前向きにボールを奪いに行っていたところで、あ、時代は変わったんだな、と。選手たちが新しい時代のプレーをしてくれているということを思いました」



一方のスペインがロスタイムにした事。
それはCBからのタテポン放り込みでした。万策尽きたスペインは最後の最後に自分達のスタイルを捨てるしか手が無かったのです。

僕にはそれはスペインからの白旗のように見えました。


リスクを恐れずに一歩を踏み出した森保JAPANが日本サッカーに新たな歴史を作ってくれました。




moriyasusuoaein.jpg
<森保JAPANが見せた二面性>


この勝利の要因を分析すると森保JAPANが持つ二面性が見えてきます。


まずはドイツ戦に続いてこのスペイン戦でも森保監督の戦略がビタリとハマった事が最大の勝因になります。
日本がスペイン相手に「神風特攻プレス」をかけるなら15~20分が限界と踏み、それをどの時間帯で繰り出すか?

森保監督が出した答えは前半45分をひたすら我慢(0-1でもOK)して、後半の頭から三笘、堂安という人的リソースを投入し15分で勝負を賭けるというもの。そこでリードを奪えば今度は冨安、遠藤といったカードで試合をクローズさせる。


そしてこの神風戦略を成功に導いているのが日本の選手達が持つ自己犠牲の精神です。
考えても見て下さい。チームで一番ドリブルが上手い三笘と伊東が本番でいきなりWBをさせられて、賢明に守備でも頑張っているからこそこの戦略は成り立っている訳です。

これは南米や欧州の国だったらそう簡単な話ではないですよ。

だってネイマールやムバッペがいきなりWBやらされて、こんなに献身的にプレー出来ると思いますか?


普通は逆です。
今大会でもアルゼンチンやポルトガルの試合を見てみて下さい。GK権田より一試合の走行距離が少ないメッシやロナウドといった選手の負債をチームが肩代わりしている図式です。


これらの例を見ても日本人が持つ特性と森保監督の戦略がビタリとハマっている事は間違いないと思います。



一方で、では具体的にどう前半45分を耐えるのか?
スペインのポゼッションをどのように制限し、どこでボールを奪うのか?

そういった具体的な戦術に関してのベンチワークは今大会ほとんど見られていません。
2日前までは別のシステムでスペインに対峙しようとしていたんですから、それも無理はないでしょう。

現状は選手の「粘り強さ」に一任されている状態です。



だからこそ、強豪相手(ドイツ、スペイン)にビハインドを負い、やる事が明確になった時にこのチームは最大の強さを発揮します。
リアクションの強さと言い換えても良いかもしれません。

一方でドイツ、スペイン相手に快勝したのが森保JAPANの現実なら、コスタリカ相手に何も起こせず敗戦したのもまたこのチームが持つ一面なのです。歴史的勝利でそこから目を背けるべきではないでしょう。

コスタリカのように、相手に日本を研究されて、ボールを持たされて自分達からアクションを起こす時、このチームが持つ武器はあまりに少ないと言わざるを得ません。
過去の日本代表も「自分達のサッカー」と言い出した途端、負けパターンにハマってきた歴史があります。


果たしてベスト8を賭けたクロアチア戦で見られるのはどちらの森保JAPANなのでしょうか?






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

いいですねー

ずっと見てるし本も読ませていただいてますがついにコメントしてみます!
相変わらず真面目な戦術論なのになぜか感動的なストーリー展開も見せてくれてお腹いっぱい。

内容もまったく同感。これはある意味、日本が探してた俺達のサッカーかもしれません。攻撃のキーマンをWBに置くのもそうだし、やっぱり前田。海外組のFWがまずはボランチに張り付くよう言われて、二度追い三度追いさせられて、疲れたらはい次の方って。でも、こんなの受け入れる選手がいくらでも出てくる国。

そしてスペインやドイツにルカクやドログバがいなくてほんとによかった。
またよい記事期待してます。

懐かしい

習合文化ですよね。

多分、日本のみならず中国(台湾も含む)や韓国も当てはまると思います。東アジアは習合文化が得意な民族性なんでしょうね。言葉は悪いですが、もう凄いものは全部パクリまくってやるって気概で成長してきたのが東アジアなのかもしれません(笑)。

それにしても、四年前とは大分環境が変わってW杯での日本の勝利以上に感動があります。

やっぱりこのブログは面白いです。
バルサvsビルバオのマッチレビューから変わらず面白いです。
更新頻度は下がって寂しくはありますけど、四年に一度はブログを更新してくれると嬉しいです。

ところで、店長。
現在の時点でフットボールにどれぐらい余白が残されていると考えていますか?

私は将棋も好きなんですが、今やAIの台頭によって将棋の可能性に不安がありまして、十年後も今と同じ様に楽しめるのだろうか?と心配があるんですよねぇ。

是非、店長にお伺いしたかった質問です。

まあ、ボールを持たされて自分達でアクションを起こすサッカーをするにあたって、武器が少ないのは森保JAPANだけの話じゃないですからね。ボールを持たされても相手を圧倒するのを唯一できていたのはザックJAPANだけ、それもアジア限定だけですしね。その後のアギーレ、ハリルともにザックの遺産を使い潰す無能でしたし。森保はまあこの二人に比べたらマシかな?

お疲れ様です。

スペインにもドイツにもメッシもエムバペもレヴァンドフスキもいなくて幸いでしたね。
逆にそういうチームを相手に無策で玉砕していたら目も当てられないですね。

森保がある意味で日本代表監督に相応しいのは認めます。
欧州で経験を積んだ選手達の戦術眼に助けられた幸運とそれを活かせる柔軟性も認めます。

ありがとうございます。

初めて拝読させて頂きました。
サッカー経験者ではありますが所詮部活レベルで戦術までは落とし込めておらず、選手の出来不出来などで片付けていた観戦に新しい風が吹き込まれました。
本田圭佑さんの解説も凄く面白かったですが今回のこのブログをみてさらに戦術の奥深さを知り、サッカーとは
士気✖️指揮✖️個人のスキル…
色々な要素が合わさって奏でる幾重にも重なる壮大な楽曲だと感じました。

今後も的確な面白い解説よろしくお願いします。
そして気付かせていただきありがとうございます。

何回でも読み返してしまいます!

続投だけは勘弁してくれい!

森保さんは「選手の自主性を重んじる手法」と自認して周囲にも言っているそうです(武田修宏氏が証言)し、それを称賛している清水英斗氏などを見ると頭ワルッって思います。Fランク大学にしか受からないオッサンが、東大を目指す受験生を集めて丸投げする塾を「大金を貰って」やっているようなものですから。

あくまでも最高の現実解を導く能力(のある店長さんのようなスタッフ)と採用する能力を持った上で、その解を選手が自ら会得できるようにうまく仕込んで誘導していく任務と責任を背負う人間のことを、「指揮官」と呼ぶのです。

当然選手からの意見でも優れたものは採用すべきですが、丸投げお任せは間違いです。将軍が無能で「優秀な部下たち」に作戦をお任せしてWW2で敗戦国になった東洋の島国が歴史的に有名ですし、ブラジルW杯でザック監督を突き上げて適切な作戦行動も取れずに散ったケイスケ・ホンダのチームなども記憶に新しいものです。

更新お疲れ様です。

濃厚レビューでしたが
読み応えがあって最高でした。

左サイドがハマってないなと
見ててわかったのですが
それが長友のせいだけではなかったり、
田中が主導で守備の修正したり
等のくだりは見てて
気付けませんでした。
さすが店長!
分析官が分析官たる所以を
見せつけてくれましたね。

以前ザックジャパンの頃の
レビューで
Jスタンダードの廃止。
と書いてましたが
その頃に比べると
海外で活躍する選手が増え、
個で負けない選手が多くなったと
思います。
だからこそ、もう一度
ザックのような
俺たちのサッカー
みたいな監督の元で
見てみたい気持ちもあります。

もちろん
どちらのサッカーにすべき
と二極化するものではないですが
店長は今後
どんな日本代表を望みますか?

No title

マジでスラムダンクよりもスラムダンクしてるだろ今回の代表……
店長ブログを見て泣くよ

あ、もうビエルサ様が指揮とってくれてたんw

連投での更新ありがとうございます。
W杯のおかげでブログが楽しめて嬉しいです。
ちなみに私も十年選手です。

田中選手はオリンピックの時の発言からも頭のいい選手だなあと感じておりましたが、もう監督代行しますか笑
そして長友選手の変わらなさも‥懐かしく感じます。

昔は守備時の相手選手との距離が日本は遠いなぁとか思って見てましたが、インテンシティだぁデュエルだぁ言ってるうちに個のレベルが上がりましたかねえ? 王まで出ましたし。三笘のプレススピードには驚嘆しました。

個の力は上がってるので戦術的レベルアップで次期監督は‥ビエ…
とかなったら楽しいなと妄想を楽しんでます。(揉めて辞めるところまで込みで)

今日のクロアチア戦の更新もお待ちしております。
あ、さすがにスペイン戦なので柴崎で、とはなりませんでしたね笑
岳ちゃんの変態縦パスが見たいです。


やはり面白い

何年も前から読ませていただいておりますが、やはり面白い!
書籍化されるのも納得です。(もちろん買いました)
最近はテレビなどのメディアに取り上げられることも増えた分析官ですが、日本代表にも専属の分析官はいるのでしょうか…?
狭い世界しか知らない私にとっては、分析官=サッカー店長であり、店長のことは日本人で最も戦術を巧みに操る男と認識しております。
そのお力をぜひ日本代表のためにもお役立てください!
日本代表選手に選ばれた際には、このブログのURLと書籍を読ませてやりたいくらいです。

岡田武史監督の大会前のコメント

岡田武史元日本代表監督がカタール大会前に出してるコメントです。※URLにリンク貼ってますので、良かったら見てください。

41分位から日本の問題点と森保監督の目指すチーム作りについて、岡田さんなりに考察してます。

ワールドカップ2大会出場 内一度は初出場 もう一つはベスト16 の現場を知る方の意見ですが、皆様はどうお考えなのでしょうか。

様々なご意見はあると思いますが、仮にも日本のトップリーグで3度優勝した方に対するリスペクトを欠いた批判が見受けられる事、残念に思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

サッカー店長/龍岡歩

Author:サッカー店長/龍岡歩
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【Twitter】
@a_tatsuoka


【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク