スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザックは大変なものを盗んでいきましたな』~【日本×アルゼンチン】~

*2010-10-08更新 (アーカイブ記事)


2010-10-08_21-46-44_entry-10671241783_o0265023610790155620.jpg
「ザックは大変なものを盗んでいきましたな」






「それは・・・・日本国民の心です。」










いや~、勝ちましたね、日本。



あの試合を見せられたらこの勢いのままブログを更新するしかない!


っという事で、どこよりも早い「日本×アルゼンチン」戦のレビューをUPしちゃいます。





<国産車 対 スーパーカー>



注目のザックJAPANのスタメンは右に岡崎を使ったところ以外は

ほぼほぼ想定内の布陣でキックオフ。


(その岡崎が決勝点を取るあたり、さっそく持ってるなザック)



キックオフ直後にまずは栗原が

「今日は一瞬たりともTVから目を離すなよ!」という強烈なメッセージを僕らに投げかけて試合開始。



とにかくアルゼンチンのプレスとプレーのテンポが速い。速過ぎる。

W杯で戦った試合と比べてもギアが一段違う感じだ。



日本が国産の軽自動車だとすると、

アルゼンチンは軒並みスーパーカーを揃えたチーム。





しかし、その中にあってもこの男だけは・・・・








2010-10-08_21-46-44_entry-10671241783_o0400045010745509259.jpg

更にギアが3段は違う。



もはやピッチで1人だけF1カーの領域に入っているといっていいほど際立っている。



開始10分で「やべぇ、これ何点取られるよ・・・」と思ったのは店長だけではないはず。





<国産車の逆襲>



ところが前半も15分を過ぎるとスーパーカー達の動きが途端に鈍くなる。



早くも燃料切れだ。





一つ一つ、個々のプレーは確かに豪華で派手なのだか、

スーパーカーのアルゼンチンはとにかく燃費が悪い。



前半も早々に守備時にはメッシ、テベスらの3トップはTV画面にも映らないほどの完全な前残り。


日本がボールを持つとアルゼンチンは7人で守らなければいけないハメになる。



こうなると燃費がよく、小回りが効く国産車の逆襲だ。



長友、内田が活き活きと最後尾から上がってくると、

これについていけるアルゼンチンの選手は皆無。



後半に入る頃には早くもピッチ上で腰に手をやる選手も出てくるアルゼンチンは

やはり長旅とリーグ戦の疲れで完全にガス欠のようだ。



それでもF1カーを待機させているので

一度でもメッシにボールが渡ればチャンスを作れていたのだが、

更なる悲劇をアルゼンチンが襲う。



Dミリートに続きカンビアッソが怪我でピッチを後にした事により

中盤でボールを運ぶ選手がいなくなった上に

バチスタがメッシを最前線に上げるという悪手を打つ。



日本相手に運動量で後手に回らされた上に

中盤でボールを運べる選手が消え、

更に頼みの綱であるメッシを最前線で孤立させるアルゼンチン。




あれ・・・?この光景 



3ケ月くらい前にもどっかで見たような・・・?








完全にW杯のデジャヴである。






<垣間見えたザック戦術>



さて、前回のブログで注目点に上げたザックの守備戦術は果たしてこの試合から見えたのか。


結論から言えば充分垣間見る事が出来たのではないでしょうか。



当初、布陣から予想されたのは4-2-3-1気味(4-3-3)の並びでしたが、

日本の守備時、実際のピッチに描かれた陣形は4-4-1-1。



両翼の香川と岡崎を完全にMFのラインに下げつつも、

中央の本田、森本は縦並びでカウンターに備える並び。



しかもこの4-4の2ライン間を極端に狭くコンパクトにしてきました。


DFラインとMFラインの選手たちがアルゼンチンがパスを回す度に

マスゲームのように規則正しくポジションを修正して、

絶対にバイタルエリアだけは開けないという姿勢。



ベンチのザックから飛ぶ指示も

日本のチャンス時よりも、とにかく「この2ラインをコンパクトに」という指示が飛んでいたところを見ると

まずはこの4-4の超コンパクト2ラインが今後チームのベースとなっていきそうです。





<和製メッシの躍動>
2010-10-08_21-46-44_entry-10671241783_o0640042610790239775.jpg





試合は後半、燃料切れのスーパーカーがピッチでエンストを起こしているのを傍目に

日本のメッシが躍動。



1対1はもちろん1対2だろうが1対3だろうが

アルゼンチン相手に全く怯む事の無い21歳の日本人サッカー選手がかつていたでしょうか。



しまいには、アルゼンチンゴール前でエインセ、デミチェリスを手玉にとって

ドリブルでおちょくり始める始末。



恐ろしいなコイツ・・・ww



あの切り替えしと細かいワンツーにはさすがの店長もシビレたゼ・・・。




この香川に限らず、長友、長谷部、阿部ら

とにかく日本代表選手達のこの堂々としたプレーぶりはどうした事でしょう。




3ケ月前に掴んだ”自信”がピッチから溢れ出んばかりの好試合でした。






<ザックJAPANに抱く期待>



ザッケローニにしてみればデビュー戦の相手がアルゼンチンでの快勝スタートという

これ以上ない船出。



何よりも、今 僕らの胸に湧き上がるこの期待感は一体何と表現すればいいのか―



W杯で世界に見せ付けた"日本の武器"はそのままに継承しつつ、

確実に自分のカラーの片鱗を見せつけた新監督と


大きな自信を元に伸び伸びとしたプレーを見せたW杯戦士、

そして その彼らの座とて安泰ではないと溌剌なプレーでアピールする新戦力達の選手達。




「アルゼンチンに1-0」という結果以上の大きな積荷を載せて

ザックJAPANが今、出航―



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。