スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/13シーズンのセリエAを総括

mm20130512132639_168559565.jpg
<12/13シーズンのセリエAを総括>

さて、今日はシーズンオフの恒例企画、各国リーグの今季を通信簿形式で振り返っていくシリーズ。

まずスタートを飾るのはセリエAから。


優勝は2年連続でユベントスでしたね。

最終的な勝ち点は87で得失点は+47

ちなみに無敗優勝の昨季は最終勝ち点が84で得失点が+48

つまりユーベは昨年の強さをそのまま維持して悠々とレースを進めていた事になります。

ではこのユーベと優勝を争うべき2位以下のライバル達はどうだったか?


昨年の2~4位はこんな感じ↓

【11/12 セリエA順位表】

1位 ユヴェントス 84(勝ち点)
2位 ミラン 80
3位 ウディネーゼ 64
4位 ラツィオ 62


で、今年はこう↓

【12/13 セリエA順位表】

1位 ユヴェントス 87(勝ち点)
2位 ナポリ 78
3位 ミラン 72
4位 フィオレンティーナ 70


ポイントは1位と2位ではなく、2位と3位以下の勝ち点差ですね。

比較するに昨年はミランだけがユーベに食い下がったシーズンで
今年はユーベに食い下がるチームが不在だったものの、セカンドクラスのチーム数が増加し実力が肉薄していたと思われます。

これをユーベからの目線で身も蓋も無い言い方をしてしまえば、
ライバル達が勝手にコケて下界で足の引っ張り合いをしていたシーズン・・・となる訳ですね(爆)

それぐらい優雅に1人先頭をひた走っていた1年でした。


まあ、ユーベ以外に昨季からの補強で確実に戦力を増したと言えるチームがほとんどいなかったのがイタリアサッカーの現状ですからこれも無理はありません。

むしろ他国からの草刈り場となった感のあるセリエAで戦力を現状維持出来ればかなりマシな話で
ミランに至っては開幕前からお通夜ムードが漂っていた始末www


但し、一方で各クラブの戦力が小粒になり格差も小さくなった分、
駒の質ではなく頭を使って(つまり戦術で)他を出し抜こうという知恵比べは益々洗練されたシーズンだったとも言えるでしょう。

「ユーベ封じ」の進化や各クラブそれぞれの戦術カラーも鮮明で、個人的には非常に楽しめた12/13シーズンでした。

無論「ストップ・ザ・ユーベ」は来季以降に持ち越された格好で、今季はその為の助走となるシーズンだったのかなと結論付けたいと思います。


ではいつものように各クラブの通信簿を渡してホームルームを終了としましょう。


<12/13 セリエA クラブ別通信簿>

*評価は「大変よく出来ました」「よく出来ました」「ふつうです」「もう少しがんばりましょう」「もっとがんばりましょう」の5段階評価となります。


footballfan_st075.jpg
【ユベントス (1位)】
[評価:よく出来ました]

昨季からの戦力を落とさないまま補強の成果もまずまずで、最後まで優勝レースを支配。

シーズン前半を監督不在でも乗り切れたのは、既に昨年に確固たるベースがチームに出来ていた証。

唯一の心残りは文字通り「カルチョの代表」として臨んだCLで
カルチョファンの心を打ち砕いた対バイエルンでの完敗劇。

確かにグループリーグではチェルシーと互角以上に渡り合っているし
今季のバイエルンと当たってしまったのは単に「クジ運が無かった」とも言えるが
本気でベスト4以上を目指すのであればもう1つ上の階段を登る必要がある事を痛感したシーズンとなった。

果たしてクラブはコンテに対し来季以降の明確なヴィジョンを示して監督残留に導けるのか…?



napo0529.jpg
【ナポリ (2位)】
[評価:よく出来ました]

トリデンテの一角ラベッシを抜かれながらも2位でフィニッシュ。

自慢のカウンターで長い距離ボールを運べるラベッシ不在の穴は最後まで埋まらず、
その切れ味は昨年と比べると若干落ちた感は否めない。

カバーニへの負担も増し、このエースが得点を取れない時期は全く勝てないというスランプにも陥ったシーズンだった。

それでもこの順位を維持出来たのは速攻以外の部分で安定感を磨き、チーム全体で欠けた穴を補ってきた事によるもの。

来季以降の課題としては遅攻でも崩しきれるゲームメイカーが必要不可欠のように思われる。



footballfan_st076.jpg
【ACミラン (3位)】
[評価:大変よく出来ました]

すまんが今季はもう一つスクデットを作ってこのチームにも上げてやってはくれないだろうか…?(爆)

シーズン開幕前に「ミラン オワタwww」とかdisっていた愚か者は今ここで焼き土下座するように。










_| ̄|○ 「あ・・・じゃあまずは僕からwww」


いやはや・・・全く、監督がラニ○リだったら降格していたかもしれないシーズンでしたが、
どんなブラック企業だろうが立派に努め上げる社畜・・・もとい名将アッレグリの真価が発揮されたシーズンだったのではないでしょうか?

(本来、ガリアーニはアッレグリに足を向けて寝れないはずなんだがww)

イブラ&Tシウバ&ネスタの3人だけで年間勝ち点30は減ってもおかしくない大穴が空いていたはずだったんですがね・・・(^^;

無料で取ってきたモントリーボに中盤の舵取りを任せ、エルシャーラウィの覚醒を促し、
しまいには途中で加入させたムンタリまで総動員させるその活用術。

(なんかムンタリまでやたらいい選手に見えてくるから不思議ww
ベンチでカカを腐らせているチームは猛省するようにww)

又、デシーリオやニアンを使い続けた事による今季の成長はミランの未来を明るく照らすものになるだろう。



img_1289900_37406144_1.jpg
【フィオレンティーナ (4位)】
[評価:大変よく出来ました]

今季、個人的にも楽しませてもらったのがこのチームで、
間違い無く「今、イタリアで最も美しいサッカーをするクラブ」である。

イタリアにはめずらしく「ポゼッションの為のポゼッション」を我慢して続けられる特異なスタイルが他とは一線を画す。
(相手の守備に穴が出来るまで根気よくボールを回し続けられるという意味で)

中盤のピサーロ、Vバレーロ、アクイラーニに加え、0トップに据えた天才ヨベティッチが絡むパス回しは
芸術都市フィレンツェに相応しい美しさ。

来季是が非でもCLの舞台で拝みたいチームである。





romacapoccia-2007-08-27T22-50-24-1.jpg
【ASローマ (6位)】
[評価:普通です]

ま~、もちろんゼーマンを解任してなければそれだけでもう1つ上の評価あげれたのにさ(爆)

まあそれでも一度ゼーマンが植え付けた攻撃マインドとトッティの完全復活という遺産はチームに残っていますけどね。

(反対にゼーマンのスタイルに合わなかったが故にシーズン前半戦を棒に振ったデロッシは過去最悪のシーズンでしたが(^^;)

フロレンツィの成長にラメラ&ピアニッチの大当たりと来季に向けて明るい材料は揃っているので期待していいんですよね・・・?





127214.jpg
【ラツィオ (7位)】
[評価:もう少しがんばりましょう]

よく言えば「手堅い」、悪く言えば「つまらない」サッカーをするチーム。

シーズン前、密かに名将という噂だったペトコビッチ監督だが今のところ普通の監督かな?
(試合中の采配は的確だけどね…。)

4-5-1で手堅く守りを固めて、奪ったボールをクローゼとエルナネス(+成長したカンドレーバ)で攻め切るイメージです。

1トップに入るクローゼのポストプレーと周囲を使えるセンス、そして抜群の得点力あってのサッカーなので
彼を欠いた時期はスランプに入ってしまいましたね。

相手ボールの時はとにかく的確にポジションを取って輝いてるチームなんですが
マイボールになった時の迫力というか娯楽性が・・・(^^;

まあ、あくまで僕の主観混じりのやや厳しい評価なんで、客観的評価ならもう1つ上が打倒だとは思います(爆)




footballfan_st093.jpg
【インテル (9位)】
[評価:もっと頑張りましょう]

どうしてこうなった・・・。 _| ̄|○


…ええ、皆さんの期待通りオチはこのチームが務めてくれますww
(この手の企画はこういうチームが1つはいてくれないと成り立たないんで有難いんですけどねww)


何と言っても日替わりのスタメンとフォーメーションは、
毎週インテルの試合を見続けている物好き熱心なインテリスタでさえ週末の予想スタメンは不可能なほど。

これが今シーズンのインテルを象徴していたかと思います。

試合中の修正では的確な手腕を見せるストラマですが、
1シーズンを通してのチーム構築と展望という点で大きく不満が残るシーズンでした。

来季以降に向けてはとりあえずスナイデルの代役が務まるトップ下(ゲームメイカー)を確保する事。
(グアリンorアルバレスでゲームを作るのは無理!コバチッチではまだ若すぎる!)


でもそれよりも何よりもまずは・・・











メディカルSTAFFの全員解雇が先かな?wwww

(インテル病棟乙であります!)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フィオレンティーナ良いっすよね~。
確かインテルをフルボッコにした試合をたまたま見たんですが、「こんなに美しい4-3-3が地球上にまだ存在してたんだ!」と偉く感動し、一気にファンになっちゃいました。
狂気性すら感じさせるテクニシャン3枚の同時起用や、想像通りなディフェンスの脆さも含めて、ロマン派の心を打つチームだなと。
来季は主力が抜けそうですけど、店長さんによる若き変態監督モンテッラのレポートが見れる事を期待してます。

ミランは本当に頑張りましたね。
バロテッリの獲得と活躍とか、エルシャーラウィの覚醒とか、シーズン前には予想できなかったことがこの順位に繋がりました。

ユーベの独走では、リーグとしてのレベルアップはできないので来シーズンは他のクラブにも頑張ってほしいですね。

店長、こんばんは。

フィオレンティーナの躍進(というか復活)は嬉しいニュースでしたね。しかも魅せるフットボールで。店長があげた4人以外でも得点力のあるリャイッチだったり、長友をチンチンにしたクアドラードだったり、ヨーロッパで戦っても恥ずかしくないメンツですよね。CLに出られないのは本当に惜しいです。

とは言っても、大黒柱のヨベティッチがそもそも来季もいるか分からないんですけどね・・・。もう少し安定感が出ればスクデットを争えるだけの競争力はあると思うんですが。

インテルはマッツァーリ招聘がどう出るか、ですね。コバチッチは今季のインテルでの数少ない明るい希望ですね。彼の適性ポジションはトップ下じゃなくて、インサイドハーフです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: rage30さん

> フィオレンティーナ良いっすよね~。
> 確かインテルをフルボッコにした試合をたまたま見たんですが、「こんなに美しい4-3-3が地球上にまだ存在してたんだ!」と偉く感動し、一気にファンになっちゃいました。
> 狂気性すら感じさせるテクニシャン3枚の同時起用や、想像通りなディフェンスの脆さも含めて、ロマン派の心を打つチームだなと。
> 来季は主力が抜けそうですけど、店長さんによる若き変態監督モンテッラのレポートが見れる事を期待してます。



あれだけのサッカーを披露しながら今ひとつ話題にならないのは何故なんでしょうか・・・。

プレミアのスウォンジーは正当に評価されているのに悲しかとです。

やっぱりリーグのせいですか?(^^;

Re: 住所不定無職さん

> ミランは本当に頑張りましたね。
> バロテッリの獲得と活躍とか、エルシャーラウィの覚醒とか、シーズン前には予想できなかったことがこの順位に繋がりました。
>
> ユーベの独走では、リーグとしてのレベルアップはできないので来シーズンは他のクラブにも頑張ってほしいですね。



バロテッリの獲得は当たりましたね。彼抜きでこの順位は難しかった事でしょう。

来季は競ったタイトルレースを期待します!

Re: F9Tさん

> 店長、こんばんは。
>
> フィオレンティーナの躍進(というか復活)は嬉しいニュースでしたね。しかも魅せるフットボールで。店長があげた4人以外でも得点力のあるリャイッチだったり、長友をチンチンにしたクアドラードだったり、ヨーロッパで戦っても恥ずかしくないメンツですよね。CLに出られないのは本当に惜しいです。
>
> とは言っても、大黒柱のヨベティッチがそもそも来季もいるか分からないんですけどね・・・。もう少し安定感が出ればスクデットを争えるだけの競争力はあると思うんですが。
>
> インテルはマッツァーリ招聘がどう出るか、ですね。コバチッチは今季のインテルでの数少ない明るい希望ですね。彼の適性ポジションはトップ下じゃなくて、インサイドハーフです。


確かに来季のヴイオラはメンバーが何人残るか分からないですねー。
出来ればこのままの面子で欧州を戦って欲しいのですが・・・。

コバチッチはスタンコビッチの同位互換と考えていいんでしょうか?(笑)

Re: Baさん

> モウリーニョがチェルシーに復活しましたねww
>
> 王子復活かもですね笑



むしろ王子放出・・・ry
プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。