スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の【5-0】 ~クラシコ レビュー~

*2010-11-30更新 (アーカイブ記事)


2010-11-30_21-12-32_entry-10722993269_o0385024110890845564.jpg

<衝撃の【5-0】>



寝不足の"同士"の皆様、おそようございます。






「今年のクラシコは接戦になる・・!!」




そんな世界中の予想を裏切っての圧勝劇で幕を閉じた今回のクラシコ。



ウイイレで言うならバルサの選手だけ全員が↑というイカサマ状態発動。




何がバルサに起こったのか―




思えば今季開幕からのバルサはいまひとつピリッとしない戦いが続いていました。



エルクレスに不覚を取り、シャビのいない中盤はパスがつながらず、ビジャは一向にフィットせず・・・。



指揮官のグアルディオラもこの状況を何とか打開しようと色々と試行錯誤を繰り返してきましたが

どれも奏効せず。




「何がいけないのか―」



きっと彼は何度も自問していた事でしょう。




しかし、その答えは意外なようで、最も純粋な部分にありました。









「俺達を熱くしてくれる相手はいないのか」




バルサの選手達は飢えていました。



全身の血が煮えたぎるような試合に



己の限界を超えなければ勝ち得ない強敵に







皮肉な事です。



答えを持っていたのはグアルディオラではなく、モウリーニョだったのですから。





このクラシコを振り返る上で、この最強のレアルが相手だったからこその【5-0】という部分は

前提として踏まえておきたい要素だと今振り返るとそう思います。




<両チーム布陣>



では試合を検証していきましょう。


まずは両チームの布陣です。




2010-11-30_21-12-32_entry-10722993269_o0580032010884186613.jpg



バルサは予想通りのベストメンバー。(左SBはアビダルでしたが)



店長の希望通り、臆する事無くシャビ、ブスケス、イニエスタによる

カンテラ・トライアングルを組んでくれました。




対するマドリーは、腰痛のイグアインに変えてベンゼマの1トップ。


残りはいつもの布陣・・・・・と思いきや、


試合が始まってみるとロナウドとディマリアの位置が逆!




これは店長のプレビューでもあった、この試合の1つのポイント。


【ロナウド対Dアウベス】に対するモウリーニョの答えです。



攻撃でうるさいDアウベスとの直接対決を避け、

DFラインに残るアビダルの対面にロナウドを置く事で、守備の負担を免除。



Dアウベスのケアは働き者のディマリアが担う事に。



モウリーニョの極めて理論的な回答ではありますが、

前日の記者会見で



「明日はクラシコだからと言って特別な事はしない。我々はいつも通り戦う」



と、いけしゃーしゃーと言ってのけるあたり、本当に食えない男です(笑)




試合が始まってすぐ、

この配置を見たグアルディオラはすかさずDアウベスを呼び寄せて指示を授けている姿がTVカメラに抜かれていました。



このモウリーニョの配置換えに対するグアルディオラの回答は



「ディマリアなら なおのこと、ガンガン攻め倒したれアウベス」



後ろにロナウドを残しての攻め上がりはDアウベスでもさすがに後ろ髪を引かれるものがありますが、

きっちり守備についてくるディマリアなら、逆に押し込んでやればいい。



そんなペップの狙いが序盤から明確にピッチに描かれていました。


2010-11-30_21-12-32_entry-10722993269_o0641035610890845565.jpg


ガンガン上がるDアウベスに引っ張られて、ディマリアはDFラインまで後退。


これでは完全にSB状態で、レアルの最終ラインは5バックになっているのが確認出来ます。



そして、本来Dアウベスがいるべき位置にメッシが降りて来て

完全に空いたフリースペースを傍受しているのが分かりますね。






<『メッシ 封鎖できません・・・!』>



そして試合のもう1つのポイントが【メッシを封鎖せよ】でした。



この"メッシ封じ"に関しては昨季、誰あろうモウリーニョが完璧なシステムを構築しています。



このクラシコでもお手のもの・・・・と思いきや、

グアルディオラも手をこまねいている訳ではありません。



バルサからすれば、マドリーの強みであるペペ・カルバーリョの"リーガ最強コンビ"に

フィジカルでメッシが潰されるのだけは避けたい展開。



そこでメッシを完全なフリーマンとして、

いつも以上にポジションを下げて完全に中盤の隠れ1枚として配置。



それでいて両翼のビジャ、ペドロは最前線に張っている為、

ペペとカルバーリョからすればメッシを追ってDFラインを上げる訳にもいかず、

結果として彼ら2人の前には誰もマークする相手がいない放置プレー状態。ww



2010-11-30_21-12-32_entry-10722993269_o0600033510890845566.jpg


それどころか、メッシを中盤の”隠し味”に使った事で、

イニエスタ、シャビとの黄金のトライアングルが中盤で形成。




これにより、この試合最大のポイントに挙げていた【中盤の主導権争い】


「ブスケス、シャビ、イニエスタ 対 アロンソ、ケディラ、エジル」に

完全なる勝敗がついてしまいました。



本来、バルサの中盤の3枚をガップリ四つで抑えなければいけなかった

マドリーの中盤トライアングル(図の水色ライン)が

メッシを加えた黄金のトライアングルの相手をせざるを得なくなり、

結果としてブスケスが常にフリーで浮いてしまいます。




そうです。


これがマドリーが避けたかった【前を向けるブスケス】です。



これで完全に後手に回ってしまったマドリー。



これもやはり店長がプレビューで示唆した通り、

中盤にラサナ・ディアラのような選手が欲しい展開になっていきます。



実際、モウリーニョは後半頭からエジルを下げてラサナ・ディアラを投入し、

4-3-3に変更してきましたが遅きに失した感は否めません。




特にこのバルサとレアルの優秀がハッキリと現れたのがバルサの2点目のシーン。



2010-11-30_21-12-32_entry-10722993269_o0642035810890965629.jpg


ボールを持ったシャビを中心に展開している黄色い丸で囲ったエリアを見て下さい。



この段階で既にバルサは右サイドで短いパスを10本以上つないでいるシーンなのですが、

注目して欲しいのはバルサの選手4枚に対しレアルは8枚で守っています。



その代償として逆サイで1人ポツンと待つビジャは完全にどフリー。



ここにシャビからサイドチェンジのパスが通って、

完全にサイドをえぐったビジャから中への折り返しをペドロが決めました。




この守りに参加していないマドリーの選手、残りの2枚は1トップのベンゼマと守備を免除されたロナウド。



つまりチームの戦術として前に残していた2枚なので、

マドリーの選手達の動きに戦術的なミスはありません。



じゃあ、このビジャをロナウドがマークしてればよかったかというと、

それでは本末転倒なのです。



カウンターの特攻隊長ロナウドを前線に残すからこその、このリトリート守備なのですから。



つまり、たった4枚でマドリー8枚を崩してしまう

その中盤の構成力の差がそのままスコアに現れたと言えるのではないでしょうか。




<「4番」が4枚>




じゃあ、何がこの中盤の差になってしまったのか。


選手個々を比べれば当然【5-0】がアンフェアなスコアなのは誰の目にも明らかだと言うのに…!



まあ、根本的なところを言ってしまえば、

よく言われる”カンテラ時代から培ったあ・うんの呼吸”というのは間違いなくあるでしょう。



1点目の「イニエスタたん・・!!」と店長の絶叫が明け方の空に響いた

あのゴールシーンを見ても、世界でシャビとイニエスタだけが見えるパスコースでした。



しかし、より具体的に掘り下げて言うならば、

このチームの強みは「【バルサの4番】が4枚いる」事からきているように思えます。



ここで言う【バルサの4番】とは、バルサ戦術の要を担う中盤の底の1枚の事を、

その位置に入る選手がつける背番号を指して言う時の意です。



バルサの育成システムでもこの【4番】をつける選手は

特別な選手として手厚く養成している程、大事にされている選手です。



そして、この【バルサの4番】として純粋培養されたのがシャビ、イニエスタ、ブスケスの3人。



歴代のバルサを見ても一つのチームに4番として育てられた選手が3枚も同時に立っている事は稀な出来事。



つまり、世界でも類を見ないタイプとして育てられながら、

お互いの感覚が手に取るように分かり合える3人というのは

相手チームからしたら何をしてくるのか全く予想がつかない・・・・その上、クソ上手めぇwwwな訳です。





・・・・・あれ、さっきお前「4枚いる」って言わなかったけって・・?







いるじゃないですか。



バルサの4番を体現する最高のお手本がベンチに。








僕は思うんです。



この布陣は、自身がバルサの4番として、

そのプレースタイルに絶対の自信を持つグアルディオラだからこそ実現できたチームなのだと。






<Footballの未来予想図>



ここで時計の針を少し戻してみましょう。



一昨年、6冠を達成したバルサはそのポゼッションサッカーで当時、頂点にありました。




しかし、翌年(つまり昨季)、このバルサのサッカーをモウリーニョが至高の守備とカウンターで打ち破ります。



このモウリーニョの衝撃は、その後W杯に及び、

多くのチームが「モウリーニョ・シンドロームにかかった」と評された程です。




そして、そのモウリーニョシンドロームを今度は再びバルセロナが

更に進化させたポゼッションサッカーで打ち破ったのが

このクラシコという試合の位置付けではないでしょうか。




思えば、昨季のCL,グループリーグでバルサと対戦したモウリーニョのインテルは

いいところなく試合を支配されていましたが、年が明けて準決勝で再び顔を合わせると

今度は完全にバルサを封じ込めたものです。




とするならば・・・・・




ただでさえ、”あの男”がこのまま大人しく黙っているはずがありません。




次のベルナベウでのクラシコで更なるFootballの進化が観たいと思うのは贅沢だろうか―




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

soccertentyou

Author:soccertentyou
年間300試合観戦のサッカー馬鹿によるサッカー馬鹿の為の戦術分析ブログ

【メールアドレス】
wowow_2000(あっとまーく)yahoo.co.jp

サッカー店長のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
読んだ記事が面白かったら1クリックをお願いします↓
サッカーブログランキング
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
マイベストサッカー本10選
広告リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。